winter's scarecrow

冬のカンダ

e0158857_112017100.jpg


           喫煙族はタバコの販売機の前で一服。 肩身が狭い。


e0158857_11282977.jpge0158857_11292714.jpg
























古本屋とカレーの街、神保町。1890年代後半、千人を超える中国人留学生たちが神田界隈に居住し、彼らが通った中国料理店が建ち並んでいたという日本初の中華街だった街。
孫文も周恩来もこの地に青春の一片を残した。

神保町から神田駅、JRのガード下を秋葉原、御徒町、上野まで歩いた。

e0158857_11442927.jpg



e0158857_11452734.jpg
 

      神田駅界隈、おじさんたちのパラダイス。 昼過ぎから居酒屋でホッピーを呑んでるエビスさんみたいな顔、顔。

e0158857_11515988.jpg



e0158857_11561153.jpg



e0158857_19164815.jpg



e0158857_1159926.jpg


                           おばちゃんがマッサージ、少々荒っぽい肘わざ。

e0158857_1205119.jpg



e0158857_19214712.jpg


       御徒町からアメ横へ入る。 新年を迎えるまでまだ10日もあるのに買い出しの人で賑わっていた。


e0158857_1264761.jpg



e0158857_1275792.jpg



e0158857_12858100.jpg



e0158857_12101520.jpg



e0158857_12111541.jpg



e0158857_1212185.jpg



e0158857_12132348.jpg



e0158857_1214413.jpg



e0158857_12182258.jpg
e0158857_1219283.jpg
散歩へ出る前の腹ごしらえ、懐かしの神保町 " 天ぷら いもや " へ。10代の頃から中古レコード屋や古本を探しに来たとき、 " いもや " は欠かせなかった。

天ぷら定食は¥650、野菜物の追加は¥100、あなごは¥200、揚げたてを腹いっぱいに食べられる。





12月21日は地球滅亡の日、4時間の散歩の後、冬至のゆず湯に浸るため銭湯へ行って身を清めてきた。

大きな湯槽にゆずがポワンポワンと浮かんでいた。
ここに三つ葉を入れればお吸い物みたいだと考えながら最期の湯に満足。

家に帰ってもゆずの香りが残っていた。 ひとりで愉しむのはもったいないので飲み屋へ直行した。
by w-scarecrow | 2012-12-22 10:36 | 散歩 | Comments(2)
Commented by hayatedani at 2012-12-22 20:56
師走ですねぇ w-scarecrowさん
最近年を重ねてくると 何でもない日常が妙に愛おしく感じます
アメ横の魚屋のおじちゃんのように 
日常の生活を 一生懸命に生きている姿に魅かれます
w-scarecrowさんは年賀状なんか書くのかな?
我家は明日 なんとか完成させる予定です
Commented by w- scarecrow at 2012-12-23 20:34 x
hayatedaniさん、こんばんは。
小さい頃、親爺が年末になると私を連れてアメ横へ。
酢ダコにカズノコ、荒巻鮭を買出しに行っていたので手をつないだ父子の姿を見るとタイムスリップしてしまいました。
せわしないごった煮の師走の町が好きだったのでしょうね。
町往く人ものんびりとではなく足早に買い物をしていました。
年賀状、郷里に帰った学生時代の友人にはちゃんと書いています。
普段、顔を会わせる機会がある人とは暗黙の了解で無しになっています。
hayatedaniさんは仕事関係が大変でしょうね。