winter's scarecrow

鮭の焼き漬

e0158857_1853373.jpg


あと2週間もすれば年が明ける。

除夜の鐘を聞きながら「あ~今年も終わりか・・」と思う人と、「さーて、新しい年が始まる・・」と考える人がいる。

やることを少しづつこなしながらも噛み過ぎたチューインガムのように、日めくりカレンダーを捲っては屑カゴへ入れるような日々。

「あ~今年も終わりか・・」


e0158857_18544411.jpg



越後の郷土料理 " 鮭の焼き漬 " を作った。


白焼きをした生鮭を焼いてすぐに醤油ベースの出し汁に漬け、1,2日寝かせておき、食べるときにまた火を通す。



出し汁(昆布出汁) 500ml、みりん 400ml、酒 300ml、

醤油 200ml、塩 大さじ1、酢 少々の割合で火にかけ、冷ます。








e0158857_18475581.jpg


松崎しげるみたいな醤油色した鮭、これがご飯のおかずにぴったし。

味噌漬けでも焼き漬でも鮭の旨みが倍増する。


e0158857_1849844.jpg


ハマグリとふぐの切り身の茶碗蒸しも作ってみた。 軽くあんをかけた。
小田急ハルクで大き目のハマグリ10個が¥580で売っていた。 安い!
残りはお吸い物に。

回転寿司で多く食べるネタの1位はサーモン、2位はハマチ、ブリ、3位はマグロ赤身、4位はマグロ中トロらしい。

寄生虫の心配がなく生で食べれる養殖サーモン、世代的な相違なのか注文したことがない。
ハマチは以っての他、ブリは油が強いので照り焼きが一番・・・なんて思うのは年をとってきたのかな。

寿司屋のカウウターに座り、「とりあえず、中トロから・・」という子はオイオイと引いてしまう。
「とりあえず、カッパ巻から」という健気な子がいい。

もうすぐ X'mas、今年は回転しない寿司でも食べに行こうかな。 ハマチはヤダ、かんぴょう巻からいってみよう。
[PR]
by w-scarecrow | 2012-12-15 18:58 | 食 + うつわ | Comments(2)
Commented by at 2012-12-15 19:24 x
鮭の漬け焼き!
初めて聞きました~!
こんな食べ方もあるのですね~♪
旨みが増すんですね~!美味しそう~!!
ふぐとハマグリの茶碗蒸しなんて、贅沢な感じですね~(^-^)
ふぐをお料理に使えるなんて、すごいな~。
サーモンって、最近の若者に人気がありますよね~。
わ~っ、カッパ巻き!ですか~(^▽^笑)
一度でいいから、お寿司屋さんのカウンターに座って、(とりあえず・・・とは言わないから)「中トロ!」って言ってみたいです~(= '艸')ムププ 
ポチ☆
Commented by w- scarecrow at 2012-12-16 21:06 x
菜さん、こんばんは。
鮭といったら北海道、新潟、菜さんのとこでも新鮮な生鮭が手に
入りますもね。
生鮭のチャンチャン焼きを食べたいのですが半身の鮭となると
何人か集まったときでないとできません、食べたいスね。
味噌漬けでも旨いです。
男飯はやはり、美味しい新米とご飯の友となってしまいます。
南半球の養殖のサーモン、ちょいと抵抗があります。
そうですよ、菜さんがごちそうになるときは、とりあえずカッパ巻
から入って、最後の方でウニや大トロにしてくださいね。
福岡も海鮮が美味しい所なので、満喫されましたか?有田まで
脚をのばせる時間があるとよかったですよね。