winter's scarecrow

2時間ばかりの帰省

e0158857_18174289.jpg
涼しげなきんぎょ。
冷え冷えの水まんじゅう、あんず羊羹の爽やかな甘み。


お盆の時期の東京の道は交通量が少なく、自転車で走るのには心地よい。
旧山手通りも駒沢通りも、信号待ちのネコがゆっくりと歩いて横断できるくらいだった。

朝8時過ぎ、実家に着くと老母が植木に水をやっていた。
「見て、ほらキレイに咲いているでしょ、朝顔。M(孫) が持ってきてくれて・・・紫のも、ほらこっちエンジの花も。彼氏が車で待っていたみたいで届けたらすぐに帰っちゃったけど・・お茶でも飲んでいけばよかったのにネ」
毎朝、花開いた朝顔を見るのが愉しみみたいだ。


実家でTV を観ていたら五輪のアーチェリー団体で銅メダルを取った女性3人が出ていた。
日本チームのユニフォームを着ていなかったら、”道の駅”で、わさびのソフトクリームや静岡名物黒はんぺんを売っているお姉さんたちみたいだ。
とても70m先の小さな黄色い10点の的を射抜く闘う女には見えなかった。
女性は見かけで判断してはいけない。



最後の1秒で逆転をしたフェンシング男子団体。「わっ、赤いランプが点いた」と手に力が入ったがルールがさっぱり解らない。
後で聞いて納得、「すげぇ~」。
そのフェンシングチームはチームとしての絆を深めるため、皆で黒沢明の『七人の侍』を観たという。
それを提案したのはウクライナ人のコーチ、オレグ・マツェイチュク(松井宿と読むとgood )、もちろん20代の選手は初めて観る映画。
低迷した柔道もこの際、外国人のコーチを就けるのもいいのかもしれない。 武道の「道」、もしから彼ら外国人から見た「道」も捨てたものではないかもしれない。

実家からの帰り道、広尾1丁目から横道へ入り中学時代の通学路だった路を走った。
中学はさほど変わっていないが校庭はガラーンとして誰もいない。部活も夏休みはやっていなかった。
どこを走っても人が少なく、人恋しくなって南青山から表参道へ出た。
人、人、人、家族連れが陰を探して休んでいた。

「お茶受けに梅干しをつまんで、甘いものも少しは口に入れて、水分もしっかりと摂りなよ」と母に言ったら、「人の心配しないで・・・そう、お前(息子4人は皆、お前と呼ぶ)は水分を摂り過ぎなのかもね・・・お酒の入っていない物もちゃんと飲みなさいよ!」と言っていた。
by w-scarecrow | 2012-08-16 19:27 | そのほか | Comments(4)
Commented by 花子 at 2012-08-17 23:43 x
幾つになっても子供は子供、お酒の入っていないモノも美味しいですよね。
ラムネやサイダーのシュワっと感、大人の味だと思ってました。
日本人の感性ってホントに素敵ですよね、和菓子に金魚を泳がせるなんて。
コツコツと積み重ねることが得意な日本人、金魚と金メダル、似てませんか。
Commented by mei at 2012-08-18 00:35 x
喜んでくれてたんだね!
本当に嬉しいよ。

でも、彼が車で・・・なんて素敵な状況ではなかったけどね。笑
ちょっと用事の前に時間ができたから、今だ!って入谷に行って→帰ってしただけだよ。

また近いうちに、遊びにいってくるね♪

Commented by w- scarecrow at 2012-08-18 19:02 x
花子さんの言われる通り!
二日酔いの朝飲むアイスティーや麦茶の旨いこと。
駄菓子屋の縁台でラムネを飲んでいた子供の頃が懐かしい。
和菓子の中の金魚、清々しいですよね。 季節がいっぱい詰まっている。
日本人の美に対する意識、感性はすごい。
金魚と金メダルで川柳が一句できそうですね。
Commented by w- scarecrow at 2012-08-18 19:13 x
Mei 元気ですか?
おばあちゃん、喜んでいたよ、毎朝、花開くのが愉しみみたい。
なんだ、彼氏の車で来たんじゃないんだ。
おばあちゃん、誰の話とミックスになったんだろう?
また、遊びに行ってね、大好きなあんみつでも買っていってあげて。
立田野のあんみつ以外だと曇った表情になっちゃうんだ。