winter's scarecrow

いつもの黄昏

e0158857_1651879.jpg


e0158857_1652072.jpg


e0158857_1657968.jpg


e0158857_16582439.jpg


下北沢南口にあるキャッシュ・オン・デリバリーの飲み屋、店で買った100円チケットでも払える。
若者たちで賑わう表通りから、少し外れると30代以上のオジサンたちが心休める飲み屋が何軒かある。

e0158857_176946.jpg


e0158857_1774049.jpg


陽が長くなったせいか6時過ぎてもた黄昏ず、少しばかりの後ろめたさでビールを呑んでいる。
1930~40年代の Big Band Jazz が店内に流れ、後ろ向きな気分に浸る心地良さ。

暖簾の向こうに黒、黒、黒の就活ルックに身を包んだ新入社員の塊が通り過ぎてゆく。
彼女たちには全く非はないが、同じ服を着た集団を見ると文革時代の中国や平壌の巨大競技場に集まった人々の姿と重なってしまう。
”洋服の青山 ” 現象。 人民服みたいだ。

e0158857_1726485.jpg


e0158857_17264814.jpg


e0158857_17282955.jpg


こんな空き地にもCafe がある。 貨物車両の中で呑むのかな・・?

e0158857_17304487.jpg
いつもの和風な飲み屋へ。
70歳になる親爺さんは東京弁そのままの喧嘩口調の喋り方だが顔に似合わず心優しい。

テーブル席から30代後半のサラーリーマンの会話が聞こえてくる。

テーマはパンダの妊娠。
想い浮かべた脚本どおりの会話が聞こえる。

「パンダの発情は年にたった3日しかないんだってよ」
「一年中、発情しているお前がパンダに生まれ変ったらどうなるんだろう?中国の何とか省の山の中にキャバクラもないしな」

多分、日本中のオジサンたちの300万人くらいは、飲み屋でパンダの話をしていると想う。


地井さんが死んだ。 俳優座養成所華の15期生の原田芳雄、太地喜和子、戦中生まれの骨太の役者さんたちが去っていく。
[PR]
by w-scarecrow | 2012-06-30 20:48 | 散歩 | Comments(4)
Commented by 至福の月 at 2012-07-01 17:07 x
いいなぁ、昼間からオジサンたちが心休める飲み屋。私の住んでいる所にはそうゆうオシャレなお店が無いので憧れます。でも昼から呑むお酒って何であんなに美味しいんでしょうね?

地井さん、昔空港でお見かけした際、柔和な表情で会話されてた記憶があります。原田さん同様まだ鬼籍に入るには早過ぎる気がします。

Commented by w- scarecrow at 2012-07-02 08:40 x
至福の月さん、おはようございます。
街の至るところに Cafe があり、食べる呑むには不自由はないのですが、居心地の良い店は限られてしまいます。
呑んべえでも昼間は全く呑まず夕方の5時になると「飲んでいいよ」と鐘が鳴ります。
夏の日暮れ前の酒は旨いですね!
70歳、今の時代早すぎますよね。なんかすごく寂しいですね。
Commented by 花子 at 2012-07-04 22:16 x
太地喜和子さん、生きていらっしゃれば69歳ですか。
可愛いくて色っぽくて儚げで、白い巨塔の太地さんが好きでした。
今は本当に可愛い、と思える女優さんがいなくなりました。
おじさんでなくても民主党の分裂よりパンダの妊娠のほうが気になりますね。
Commented by w- scarecrow at 2012-07-05 09:04 x
花子さん、おはようございます。
太地さん、亡くなるのが早すぎましたよね。
戦中生まれの人たちの持つ洋々さ、懐の広さ、狭間な時代を生きた人たちに哀愁を感じます。
太地さんもそうですよね。
フットワーク抜群の花子さんの記事に動物園はなかったですよね。
リフォームがほぼ終わって一段落ですね。