winter's scarecrow

わかっちゃいるけどやめられない

e0158857_11185310.jpg

花粉で痒い目を掻き、ネピアで鼻をかみかみ、グミを銅の皿の上にのせ遊んでいる。歯医者へ行くまでの憂鬱な朝の時間。
高田純次が言っていた「俺の行く歯医者はツバを吸引器で吸うんじゃなくて、ちゃんと口で吸ってくれるんだよ」

以前、同じ球形のイクラをupにして写真を撮ってみたらゾクッとする画になってしまった。
「俺はカズノコとスジコと一人っ子は嫌いなんだ、なんか寂しいから」(高田)


e0158857_11313100.jpg
昨晩は ♪ ちょいと一杯のつもりで呑んで いつの間にやらはしご酒~♪ 、 元祖 『 無責任男 』 植木等の ♪ スーダラ節 ♪ を口づさみ神田から新お茶の水駅へ。
地下鉄の中、珍しく隣りに美人が座った。 
正面の硝子窓に映る顔は少しZARD(坂井泉水)に似ている。
彼女の目が次第に薄目になりコックリし始めた。
私も眠たかったが、ここは男として眠ってはいけない。
コックリが大きくなり、私の方にばしっと傾く。 飴ちゃんをしゃぶっているオバちゃんだったら、タイミングを合わせサッと身を引くのだが、ZARD 風の女性なのでここはしっかりと受け止めた。

「” わたし、元タカラ・ジェンヌだったんです” と言うのを聞いて  " わたし元タカダ・ジュンジだったんです " と聞き間違えちゃう」
「人間はギャップが大事!俺は60を過ぎているけど身体の方はまだ中学生とか・・・」
そんな高田ギャグを想い浮かべながら、終点が代々木上原ではなく小田急線乗り入れだったらな~と。
彼女の手に握られているスマホに、どうやったら私のメルアドを赤外線で送れるかをずっと考えていた。

元祖・無責任男、植木等は僧侶の息子。 父親は社会運動にも熱心で治安維持法に引っ掛かり投獄、その間植木少年は父親に代わり、僧衣を着て壇家を廻っていたという。

小学生の頃、2番目に好きな女の子のスカートを捲っては「wくん、最低!」と言われ、「♪ わかっちゃいるけどやめられない ♪ 」と言ってたことを想い出す。

「最近、物忘れが激しくなって、トイレに入って何しに来たんだか忘れちゃうことがあるんだよ」
平成のイイカゲン男、65歳ハジケテますよね。 こんな大人になりたい。
by w-scarecrow | 2012-03-14 08:14 | そのほか | Comments(6)
Commented by ama7869 at 2012-03-14 12:25
くくくっ。もー、最高!
Commented by 至福の月 at 2012-03-14 13:02 x
高田純次と植木等さん、よく比較されますがまったく違う気がします。
高田純次は信用ならんけど、植木さんは"なんかまかせても大丈夫!"ってカンジがします。
Commented by oko at 2012-03-14 23:12 x
相変わらず歯医者嫌いの子供のようなWさんですネ!
電車の中で隣に座った女性一人とこれほど無言の会話を楽しめるのはWさん位です。
天才、万歳・・・・
Commented by w- scarecrow at 2012-03-15 00:09 x
amaさん、餃子大好きのama家の餃子、ニラは必須、夏場はキャベツ、たまに冬には白菜もいいですよね。
懐かしき下北沢、家賃が高過ぎて素敵な店は撤退、廃業やなむなしの状態ですよ。堪りませんこの街の行く末は。
Commented by w- scarecrow at 2012-03-15 09:41 x
至福の月さんの言われる通りだと思います。
高田さんは嘘95%で喋って、それが楽しくて、植木さんは戦後のミュージシャンたちの粋な洒落で・・。
当時の青島幸男、永六輔たちの時代を読む、作る感性はすごかったと思います。
Commented by w- scarecrow at 2012-03-15 09:47 x
okoさん、植木等さんは大正天皇が崩御した日の大正15年12月25日生まれなんです。
お母さんと1年違いかもしれません。
電車で横に座った人との間で短編ドラマが出きる・・・いつものことなんですよ。
それで声をかけられたらいいんですが・・。
若杉作品、芦屋に結構あるんですね。こっちは皆無です。