winter's scarecrow

雑記帖

e0158857_10393313.jpg
自転車で20分、実家へ顔を出すと
老母はムートンブーツみたいなボアで包まれたルームシューズを履きテーブルでノートに何かを書き込んでいる姿を見ることが多い。

教えている舞踊の振りを示した画、健康に良い食物や調理法、バレーボールや野球、サッカーの選手の名前が書き込まれたノート。
” 物理 ” と書かれた私の高校時代のノートもまだ使っている。

” 自分史 " という自分がどう生きてきたかを綴った自費出版の本を作る年配の人が増えているらしい。

戦時中、母は銀座伊東屋に勤めていた。
「もちろん、和服で働いていたんでしょ」 「家から銀座までは省線(JR)で通ったの?市電?」
「昼ご飯はお弁当を持っていったの?おにぎり?」

なかなか60数年前の記憶が甦らず「う~ん、和服だけど昼ご飯はどうだったかな?」
ただ着物や草履、小物入れ、櫛や髪留めなどの身に付けるものは柄までもちゃんと憶えている。

5人の子供たちを育てた時期は家事に追われこまごまとしたことの記憶は薄いと言う。

母の子供時代、私が生れる前に亡くなった祖父母のこと、多感な10代、亡父との出逢い、戦争、戦後の東京の街の風景、長男が産まれたときのこと、初めて冷蔵庫や洗濯機、テレビが我が家に登場したときのこと、母がその時々にどう感じてきたか、そんなことを想い起こし、書き残してほしいと常々思っている。

何かを成した人間ではなく、ただ誠実に日常を生きてきた母の雑記。

e0158857_11322152.jpg

静岡に住むSくんが送ってきてくれた大粒のイチゴ、春をありがとう!

歯の詰め物がポンと取れてしまって、今日は歯医者に行く日、朝から憂鬱。あの唾液を吸いこむチューブみたいなのが大嫌いだ。
by w-scarecrow | 2012-02-17 08:21 | そのほか | Comments(6)
Commented by yundes at 2012-02-18 04:35
実はわたしも同じく詰め物が取れて歯医者へ通っています。
本当にあの唾液を吸い取るチューブ苦手です。

お着物の柄、落ち着いた色でステキですね。
ウチの母もわたしが幼い頃は何かの行事があると着物でした。
たぶん…今は横綱並みに太っているので、着れないだろうな…(笑)
Commented by w- scarecrow at 2012-02-18 23:15 x
yundesさん、歯医者で詰め物をするのに2週間で出来ないのかと思うのですが、週に一回で4,5回通ってくださいとのこと。
その後は歯垢除去で・・・。
歯科助手が美人さんなんで「しょうがないか・・」と思うのですが行きたくない場所No1ですよね。
帯の写真がボケているのですが昭和初期のものみたいで、抜けた感じがすごくいいです。
ずっと受け継がれていってほしいですね。
東京は明朝はマイナス1度の予報が出ています。
大阪も今年は雪の日が多かったですよね。
Commented by at 2012-02-19 19:06 x
Wさんのお母さま、書き物をする方なんですね~。
Wさんの文才はお母さま譲りでしょうか・・。
今日母から電話が来て、話すこと1時間・・・。孫にひな人形を買ったとか、楽しそうにいろんな話をしていました(^-^)
親が元気でいてくれることが、何よりいうれしいですね。
いちごを見ると、春が近いのかな~って思います♪
広川絵麻さんの器に似てますが、違いますか~?
Commented by w- scarecrow at 2012-02-20 09:14 x
菜さん、母親をイメージするときは着物姿です。
今も週に一度は着物を着ています。
姪っ子さんの雛祭りなんですね。うちの母も孫から元気をもらってますよ。
でも母娘でなんで長電話を出来るのだろうと、いつも不思議に思っています。
何を話しているんだろう・・・。
でもほんと元気な声を聞くだけで安心しますね。
そうですよ広川さんの器です。色んな表情があって映える器たちです。
東京は朝は氷点下ですが日差しが少しづつ春めいてきました。
Commented by 花子 at 2012-02-22 22:35 x
お母様が書き残すのではなく、かかしさんが聞きながら書き残したほうが、素敵な自伝になりそうですね。
かかしさんの感想なんか入れたらもっと素敵。
うちの母は家計簿の空欄に毎日数行その日の出来事を書いてますが、
亡くなったら読まないで燃やしてほしいと言ってます。
たぶん、そうすると思います。
Commented by w- scarecrow at 2012-02-22 23:33 x
花子さん、男4人の末っ子の私には昔から母の想い出話しをしてくれて、色々なエピソードや愉しかったことなどを憶えています。
末っ子は両親といる年月が短いからいっぱい話してくれるのでしょうね。
母が自分でその時の画を想い描き書き留めて欲しいなって思います。
花子さんのお母さんも端々に書き留めているんですね。
うちの母も線ではなく点のような気がします。