winter's scarecrow

夕日

e0158857_13585080.jpg


年が明け、街を俯きかげんに歩く受験生風の生徒を見ると、(私は真剣に受験勉強をしなかったので)懐かしさは憶えないが、羨ましさを感じる。
食事と風呂の時間以外は殆どの時間を机の前で過ごす、たまにゲームでひと休み。

もし、あの頃に戻れたとしてもそんな修行僧みたいことはできないと確信する。

真剣に今やるべきことに打ちこめる、そんな人々への羨望。 「もう少しで桜色した春がくるぜ!」俯き歩く受験生に声をかける資格もない私。

目黒区駒場の木々に覆われた一等地に独立行政法人・大学入試センターの立派な建物が建っている。
前を通るたびに「職員たちは入試のシーズン以外は毎日、何の仕事をしているんだろう」と不思議な思いで通りすぎる。

先日のセンター試験で”地理・歴史”、”公民”の問題配布でミスが相次ぎ過去最大の4500人の受験生に影響が出たらしい。
そして再試験。
17,8歳の彼らはどんなモチベーションでいたんだろう? この日に標準を合わせ体調管理をし、緊張の中で迎えた本試験。

北海道大学の試験場ではセンター試験の事前説明会の対象となる(監督官の)教職員649人のうち、171人がこの説明会を欠席していたらしい。
言葉が出ない。
センター試験を管理、統括する独立行政法人のリスクヘッジへの意識がいつも問われているのに毎年の繰り返しの失態、全く責任の所在のないバラ色の職場。


「映画やドラマに名子役を立て、涙を誘うストーリーはもう止めてくれ!」と散々、眉間にシワを寄せ怒っていたのに、昨夜は
" ALWAYS 続・三丁目の夕日 " にチャンネルを合わせてしまい、涙、涙、涙で呑んでいた芋焼酎のお湯割りが少し塩辛い味になってしまった。 これでDVDで観た以来、2度目の涙だ。

ただ視聴率欲しさに、売れっ子の子役たちをバラエティー番組に出して、薄っぺらなお笑いタレントの突っ込みの的にするのは
本当にTV局の資質を疑ってしまう。 自分たちで自局の番組を作れなくなった民放の終焉。
[PR]
by w-scarecrow | 2012-01-21 15:05 | そのほか | Comments(12)
Commented by 至福の月 at 2012-01-21 22:26 x
影が長く延びる東京のこの時期の夕方に憧れます。私の住んでる地方ではけっして無理な現象なので… 今年のセンター試験は傍目にみても酷いですね。こんなんで一生なんか決められたくないものです。
Commented by w- scarecrow at 2012-01-21 22:38 x
至福に月さん、ずっと無味乾燥な街で育って、ただ、影だけは長く映るような気がします。
”月に吠える”の自分の影に怯えている情感がピッタシかもしれません。
なんでリスクのシュミレーションをできないんですかね。ほんと彼らの蓄積が、こんないい加減な職務を遂行できない人たちで・・・と思います。
Commented by kurota at 2012-01-22 00:29 x
こんばんは^^
3丁目の夕日64 早速観てきました。
*3D眼鏡が邪魔で涙が拭きにくかったです^^;
子役が大きくなって(もう 高校生!)ビックリです。
考えてみたら 茶川役の吉岡君も子役時代から思えば大きくなったな~って思います(笑)良い俳優さんになられましたね!

ブルーインパルスの五輪を 東京の空の下でリアルタイムで見上げてみたかったです!
オリンピックの感動が甦ってきて とても懐かしい思いでした。
(とりとめもなく すいません^^)
Commented by w- scarecrow at 2012-01-22 00:56 x
kurotaさんBLOG、ずつとコメントできない状態なんですね。
毎年、この時期、BSでキルトフェスティバルが放映されています。
Kurotaさんもその中にいたのかなって想い巡らしています。

子役で泣かせようとした第2作、新作はそんなゲスな手を使っていないことを期待しています。
ゲスな手でも涙が止まりませんでしたが・・・。

1964年、段々オンタイムになってきます。 
CGでろうが、僕らがただただ走り廻っていた東京の街を観てみたいです。
ブルーインパルス、我が家の家の上を飛んでゆきましたよ。
B29よりちっさいとお袋も感動していました。
Commented at 2012-01-22 09:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 花子 at 2012-01-22 14:44 x
3丁目の夕日世代の私にとっては子役に泣かされようが、北の国から風になろうが、ホッする作品ですね。
今の時代も50年先には3丁目の夕日のように懐かしく思うのでしょうか。
今朝テレビで木村伊兵衛さんの撮られた写真を拝見しましたが、
50年経つとあのパリの街並みさえも変ってしまうのですね。
試験に追われる学生生活は変わりませんが。
Commented by w- scarecrow at 2012-01-22 22:06 x
鍵コメさん、了解しました。
今回の旅は時間に追われて色々と見て廻ることは出来ないと想いますが楽しんできてくださいね!
Commented by w- scarecrow at 2012-01-22 22:15 x
花子さん、日曜美術館で放映されていたんですね。
パリの街をカラーで撮った写真の数々だったみたいですね。
木村伊兵衛写真はきっと建造物ではなく、街と道ゆく人々の情景写真ではないかと想像します。
カラーだとどんな画だったんだろう?
「三丁目」を観ながら、東京の街の風景を想い出しながらなぞってゆくのが愉しいです。
涙腺がゆるくなって、映画館で観るのは気恥かしいですね。困ったもんです。
Commented by at 2012-01-23 23:54 x
私も「ALWAYS 三丁目の夕日」さっそく観てきました~~。
ひとつひとつの場面が、なんだかよくて・・・、もう、ず~っと泣いてた感じです(゜-Å) ←こんなに泣いてる人は滅多にいないと思いますが・・・(^-^;)
大好きな映画です。
前売り券買って、楽しみにしていました~!
やっぱり3も期待を裏切ることなく、よかったです~。
話としては、わりと単純なお話なんだけど、
私はこういうわかりやすい映画が好きです(^-^;)
そして子役の須田健太君が私の弟にそっくりで、
もう応援せずにはいられません(^-^;)
大きくなってたけど・・・、やっぱりかわいくて、
あんな子いたら、どんなことしても守ってあげたい~って、思ってしまいます。。。

Commented by w- scarecrow at 2012-01-24 00:35 x
菜さん、東京、福岡のツアー、すごいフットワーク。
愉しさがいっぱい伝わってきましたよ。料理の数々羨ましいです。
弟くん、須田くんくらいの年頃なんですか?
映画で見る昭和30年代の少年が今はもう立派な今風の青年になっているんですね。

映画館で観たら、涙で霞んでしまいそうなので行けません。
菜さんが小雪がやっているような店を開いたら、行かせてもらいます。
20代の頃、中湧別の駅のそばでそんな店がありました。
東京は夜半から雪がシンシンと降っています。
窓を開けては積り具合を確かめ、また窓を閉めしみじみと呑んでいます。

Commented at 2012-01-24 22:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by w- scarecrow at 2012-01-24 22:53 x
鍵コメさん、すぐに駆けつけますよ。
酒を出さないcafe でも。
今年から、もこみちではなく高田純次でいってます。