winter's scarecrow

横浜中華街 肉まん

この季節になると無性に食べたくなる肉まん。 関西のように豚まんと呼んだ方が響きが美味しそうだ。
以前、紹介した北京飯店の”五目肉まん(天津包)”を買いに年に3、4回横浜中華街に足を運ぶ。
この一年、中華街で買ってきた肉まんを紹介します。

e0158857_14462693.jpg
 華正樓 ”肉まん”

北京料理・華正樓の肉まんがベストという人が多い、人気のある肉まん。
長ねぎ、タケノコのシャキッとした食感、具材がいっぱい詰まった濃い目の味。

高島屋でも購入できます。

シュウマイも肉まんと同じく濃い目の味付けなので何個も食べると飽きてきてしまうかもしれません。




e0158857_14543823.jpg

同發 ”豚肉包”  

広東料理・同發の肉まん、小ぶりな大きさで皮は甘めでタマネギと豚肉のシンプルであっさりとした塩味。

女性はこの肉まんが一番好きと言う人が多いかもしれません。

2個で¥630、あっさりとしているので、2つはぺろりと食べられます。




e0158857_1543647.jpg

 謝甜記 ”肉包子” 

中華粥で有名な謝甜記の肉まん、豚と鶏肉のミックス、長ねぎ、白菜、しいたけ、タケノコ、バランスのとれた肉まんです。

味付けもちょうど良く、ボリュームもあります。
他にも、餃子、シュウマイなどどれもが旨い!

一押しの肉まんです。





e0158857_15145242.jpg

酔仙酒家 ”肉まん”  

広東料理・酔仙酒家、タケノコ、しいたけ、キャベツの具材、謝甜記と同じくバランスがとれている。

コショウのきいた味付けでなかなかイケルが胡麻油がやや強いかもしれません。

パンチのきいた肉まんが好きな人にはお薦めです。





e0158857_1529969.jpg

 耀盛號 ”阿媽肉包”

1946年より中華街で食材を扱ってきた耀盛號のちょっと変わった中華まん。

紅色に見えるのは豆腐を発酵して作った紅南乳というものらしい。 角切りの豚肉に大きめに切ったキクラゲがどんと入っている。

甘みのある不思議な味、初体験の風味でした。




20歳の頃、渋谷西武で維新號の肉まんを売っていた。 アルバイトの時給と同じくらいの金額だったので給料日にだけ買って帰った。今まで肉汁のしたたる肉まんを食べたことがなかったので、ただ感動。

”江戸清”や神楽坂、目黒の”五十番”の肉まんは皮が厚めで甘みのある味付けなので苦手だ。
冷凍庫には関西の551と横浜中華街で買ってきた肉まんが入っている、飽きがこないように代わる代わる食べている。
横浜中華街へ行かれたときは是非、肉まんや他の点心の食べ比べをしてみてくださいね。 謝謝。
by w-scarecrow | 2011-12-28 15:59 | | Comments(0)