winter's scarecrow

Kugelhopf クグロフ

e0158857_1725499.jpg

大好きなスコーン、新宿駅から副都心のビル群を抜けて Park Hyatt Tokyo 2F の Pastry Boutique へ。

e0158857_176379.jpg
ホテル仕様のお洒落な世界各地、日本の特産品がずらりと並ぶ 1F フロアー、
無性に誰かにプレゼントをしたくなる品々、オリーブオイルを贈ってもそんな喜ばないか~と悩みながら、その 2F にあるペストリー・ブティクへ。

ホテル内の全てのパンやデザートを手掛けるペストリーシェフが作った焼き菓子やケーキ、ジャム、チョコレートなとが並んでいる。
どれもが美味しそうで、目移りしてしまう。

おまけに店員さんまでもがホテル仕様の息を呑むようなベッピンさんだった。

" クグロフ " というアルザス地方、スイス、ドイツ、オーストリアにまたがる地域で作られている菓子を買ってきた。

『チョコレート・フィグ・ケーキ』、他にも2種類のクグロフがある。
甘さ抑えめで、しっとり感が堪らなく美味しかった。



e0158857_17252020.jpg


e0158857_1727795.jpg
" 秋はもういい匂いだよ
 早く出ておいでよ
 八つ手の花も咲いたよ "


歌人、俵万智が長男を出産する前にこんな歌を詠んだ。


木々は衣を落とし、寒々とした季節に立ち向かう、そんなモラトリアムな季節の緩やかな光りを感じられるひと時。

10代の終わりの頃、副都心の空き地にビルが雨後のタケノコのように三つ四つと芽を出してゆく姿を眺めているのが愉しかった。

そんな建設現場を眺めながら、高校時代から付き合っていた痩せぽっちの彼女から、火を点けた煙草をいつも取り上げられていた。
「タバコはハタチからだよ!」


その頃、片岡義男の小説に夢中になり、いつか小説の中のあの恰好いい!? 台詞を言ってみたかった。
「涙はこらえろよ」 「なぜ?」 「いちいち泣いてなんかいたら、夜空の星がみんな滲んで見えるから・・・」
今から思えば、本当に言わなくってよかった~!

その数年後、いつも私の煙草を取り上げていた彼女は専売公社(日本たばこ産業)の社員と結婚した。

そんなことを想い出しながら西新宿のをビル群を歩き参宮橋の駅まで歩いた。
[PR]
by w-scarecrow | 2011-11-18 23:06 | 食 + うつわ | Comments(6)
Commented by yundes at 2011-11-19 00:21
最近、仕事帰りにデパートのお菓子売り場に足を運んでいます。
甘いものが食べたい~って心境なのかな~?
見て廻り買って買えるのはモンブランやチョコレートケーキです。
秋の季節を味わえるようなお菓子につい手が出ますね。
ご紹介のお菓子たち、めちゃくちゃ美味しそう!
コーヒータイムが嬉しくなりますね!
Commented by at 2011-11-19 07:42 x
うわ~っ、どれもおいしそうなケーキ!
scarecrowさんが撮ると、そのおいしさをさらに引立てているように思います。美しいです。。。(u_u❤ウットリ
片岡義男の小説、私も一時期読んでいた頃があります。あのかっこいい雰囲気に憧れて・・・。
でも、たしかにそのセリフは「言わなくてよかった~!」かもしれませんね^m^
・・・あ、でも、若い頃にかっこいい彼に言われたら、ちょっとキュンとなってたかも・・・。
・・・いや、やっぱり引いちゃいますね・・・・(←当時付き合っていた人に言われたことを想像してみた(^-^;) )
scarecrowさんのブログが、もうなんだか小説を読んでいるような・・・そんな世界に連れて行ってくれます(✿◡‿◡ฺ)♡
Commented by w- scarecrow at 2011-11-19 20:52 x
yundes さん、こんばんわ。
そうなんです、デパ地下は和菓子のコーナーで足を止め、洋菓子は見ないように通り抜け、誘惑のフロアーです。

このクグロフという菓子はやみつきになるかもしれません。
今の季節、紅茶を飲み好きな音楽を聴きながら食べる、至福の時です。
Commented by 至福の月 at 2011-11-19 20:59 x
懐かしいです、片岡義男。「僕はプレスリーが大好き」からはじまる角川文庫はほとんど読んでました。中でもオートバイ小説は今読んでも秀逸ですよね。
Commented by w- scarecrow at 2011-11-19 21:04 x
菜さん、こんばんわ。
今と時代背景は違いますが、片岡義男の小説に出てくる女性たちは、ちょっと風変わりで魅力的でした。
若い頃の浅野温子は、酒焼けしたような声ではなくサーファールックも格好よかったですよ。
ただ、あんな台詞は今となっては絶対言えませんよね。
美味しいスコーンを食べている時と茶碗蒸し(砂糖の入っているのはNG)を食べている時が幸せです。
Commented by w- scarecrow at 2011-11-19 21:09 x
至福の月さん、こんばんわ。
免許を持っていないし、サーフィンも出来ないのですが、オートバイの短編群、格好よかったですよね。
自転車で近所を走っているときも、湘南を走っているような気分でした。
いつ頃からだろう、本屋の書棚からサッとなくなりましもね。