winter's scarecrow

五ヶ瀬 釜炒り茶

e0158857_19472816.jpg

中国の時代がかった錫の大きな茶筒。 番茶を入れている。 以前は鰹節や海苔入れだった。


e0158857_1957573.jpge0158857_19584235.jpg























新潟の玉川堂の銅の茶筒、武骨な風合いが好きだ。 左が100g の煎茶用、右は高さ14cm で釜炒り茶を入れてある。
紅茶の茶缶も含め缶カラが大好き。 小さい頃、近所に住んでいた米軍軍属の家でトマトやビーンズの空き缶を貰って以来の缶カラ好き。
母が泉屋のクッキーの缶や山本山の缶をずっと仕舞って置くのと一緒で、実家も私のところも缶カラだらけ。

e0158857_201351100.jpg

京都・開花堂の真鍮の茶筒、銅製のものはすぐに変色し使い古した味が出るのだが、4年間使っている真鍮のものはまだ時間がかかりそう。
早く古い百貨店の階段の手すりみたいな味合いになってほしい。

e0158857_20441157.jpg


宮崎県の北西部、高千穂と隣接する五ヶ瀬の釜炒り茶。
標高600m の山間高冷の土地で育んだお茶です。

蒸し茶が95%のシェアーを占めているので、茶葉を蒸すことなく鉄の釜で炒り、手で揉みながら乾燥をさせる手法の釜炒り茶は貴重なのかもしれません。

中国茶の緑茶も釜炒りの製法。
九州の高千穂近辺と嬉野や八女で生産されている古来の製法のお茶。

くるくると丸まった茶葉が中国茶とそっくり。
黄金色したお茶はどこか懐かしい味がする。

デパ地下を歩いていると、季節を感じる。
和菓子屋さんのショーケースには、栗の菓子が並び、洋菓子屋さんの前ではモンブランや栗のロールケーキに目を奪われてしまう。

栗のおこわもいいかもしれない。





e0158857_2112690.jpg

薩摩錫器の茶筒。 小さいのに重量感があり、これぞ薩摩!!の存在感。

イタリアレストランの勝手口に大きな大きな食材の空き缶が転がっている。 パッケージのデザインが格好いいので、植木鉢にしてバジルやルッコラを植えてみたくなる。
でも家中、缶カラだらけになってしまうので自重している、
[PR]
by w-scarecrow | 2011-09-28 21:07 | tea | Comments(6)
Commented by hayatedani at 2011-09-29 00:16
茶筒も器も使っているうちに、育ってくる楽しみがありますよね
鉄瓶などもそうなのですが、使う人の日々の生活の営みが
道具に染みついてくるのでしょう
銅の茶筒、良い風合いですね
こんな茶筒にいれたお茶
ぜひ一服頂戴したい思いです
Commented by w- scarecrow at 2011-09-29 08:10 x
hayatedaniさん、おはようございます。
木の器とは違った生活の経年を目で感じて愉しいですね。
古い建物にあった真鍮の少し緑がかった鈍い光が堪りません。
最近、鉄瓶は買われていないんですか?
鉄瓶で淹れたお茶、なぜか織部の湯呑がしっくりときます。
ブリキのおもちゃにしろ、金属物も想いが行ってしまいますね。
Commented by oko at 2011-09-29 14:12 x
長いこと母は煎茶を飲むことも
ままならなかったので
やっと今、朝晩大好きだった煎茶を
供えています。。。。
最後まで < これぞ薩摩の女!!の存在感。
だった母・・・
私も負けじとこれに続きます~

Commented by w- scarecrow at 2011-09-30 09:52 x
okoさん、大丈夫れっきとした薩摩おごじょですよ。
宮崎高鍋に広がる茶畑の中にある専売所で飲んだ日向茶が甘くて美味しかった!
高千穂の山々の茶畑で作る釜炒り茶もなかなかですよ。
お母さんにも供えてくださいね。
久しぶりの奈良はすっかり秋になっていますか?
秋の奈良をupしてくださいね。
Commented by del at 2011-10-06 17:16 x
こんにちは

御徒町にいらしてたのですね。仕事場が割に近くなのですが
まるで見知らぬ風景です。 いいものですね

この間土瓶蒸しのお話をしたのを覚えていらっしゃいますか?
帰国後早々 仕事上の会食で 土瓶蒸しを頂く僥倖(大仰ですね)にめぐりあいました。食事のしめに土鍋で炊いたさんまご飯も頂き、ふくふくした気持ちで帰途につきました。

茶筒ではありませんが 玉川堂さんの湯沸かしを使っています。
日本茶は玉川堂さん、珈琲や紅茶はポーランドの中古琺瑯ポットで・・・と味の違いがわかるわけではないんですが 気分だけでも変えて、と思いまして 

ではまたお邪魔させて下さいね。
Commented by w- scarecrow at 2011-10-07 17:25 x
del さん、カサブランカから帰国されたんですね。
御徒町界隈は昔ながらの食堂があるから嬉しいですね。昼飯は安く上がりますね。
サンマが旬の時にあえて一夜干しにしたり、炊きこみご飯にしたり、手を加えて食べる文化、いいですよね。
del さんは銅瓶を使われているんですね、まろやかになりそう。
新潟の玉川堂、京都とは違って武骨で素敵です。機能的にも開化堂よりいいかもしれません。
琺瑯も味がありますね。映画「八月の鯨」のお婆ちゃんの姿が浮かんできます。