winter's scarecrow

和三盆のバウムクーヘン

e0158857_20173100.jpg


またまた美味しいバウムクーヘンを食べた。
香川県高松市にあるレストラン・カフェ Shika ( シカ )の和三盆を使ったしっとりとした大人の味、バーム・ブリュレ・和三盆

和三盆蜜、砂糖をまぶした表面をガスバーナーで焼き焦がしたカラメルがサクサクとしている。
上品な甘さの生地とカラメルがいい具合にマッチしている。

e0158857_20295772.jpg


e0158857_20305312.jpg
そんなにバウムクーヘンを試している訳ではありませんが、自分の中では以前紹介した神戸・東灘区の Maltin Martin のシンプルなバウムクーヘンの次に入るくらいの満足感。

先週、たまには浅草へ出て、みつ豆でも食べ、駒形辺りでどぜうでも食べて、不摂生ばかりしている躰に活力でも入れて来ようと想ったが吉日、どぜうと金魚発言でちょっと行きにくくなってしまった。

TV の街頭インタビューで国民不在の元首選びだとか、誰がなっても同じだとかの声を多く聞くが、なんのなんの我々が投票権を持たない代表選びも見ていて楽しい。
有象無象の思惑や私利私欲、出せば切りない四文字熟語の政戦、有名キャスターたちのどの口からそんなキレイごとが出てくるんだ!と耳を疑う言葉より、政治家たちの戦いの方が泥臭くて、言葉の背景を探りながらの人間観察が面白かった。

ゆっくりと台風が近づいてきている。
地元の秋祭りが今週の土日にある。 去年同様、火事で自宅を半焼したK さんと屋台のイカ焼きを食べながら一杯やりたのだが・・・台風のスピード次第。

K さんは今は狭いアパートで仮住まいをしている。 マンションの物件を物色中だという。
「いくらくらいの物件を探しているの?この辺だと高いでしょう?」
「そうなんだよ、華道家の假屋崎いるだろ、奴の御屋敷の玄関にあるシャンデリアの一台分より、ちょっと安いぐらいかな」
「そうかK さんもマンション暮らしか?」
「wくん、マンションってのはジョン・レノンが住んでいたような、入口に制服を着たサッチモみたいな守衛さんが立っている所がマンションっていうんだろう。俺の探しているのはちんまりとした鉄筋コンクリートのアパート!」
K さんは甲州街道沿いのバブルの頃に建った7階建てのワンルームマンションが、假屋崎家のシャンデリアより安い金額で買えそうだと決めているみたいだった。
by w-scarecrow | 2011-08-31 21:25 | | Comments(0)