winter's scarecrow

夏、ひと息

e0158857_17405529.jpg


e0158857_17424567.jpg

忘れられて  
             ― 漁村小景


ひっそりとした村の通りで
ゴムまりは、長いこと
子供の掌と空の間を往復していた

働きに出た親たちは
子供たちを、きれいさっぱり忘れているだろう
病気がちの年寄りのことは忘れないだろう

不幸は、脳裡に
重石のように宿ってしまうが
幸福は、むしろ
軽やかに忘れられるのだ

もちろん
頑健な親たちも
子供たちから、きれいに忘れられて

                 
▲ 吉野弘 詩集 「北入曾」より




e0158857_17453675.jpg

恵比寿ガーデンプレース横のアメリカ橋から目黒のゴミ処理場の煙突が見える。 この景色が結構好きだ。

e0158857_17473564.jpg

代官山へ。 雨の日はこの花の下で雨宿り。

e0158857_17484432.jpg


e0158857_18305685.jpg

流しで洗い物をしながら山田五郎の声が聞こえてきた。
離婚率が上がっていることについて話していた。
「時代的な背景は違うけど、昔の夫婦はお見合いで結婚をしたパーセンテージが高く、決して望んだ結婚ではなかったとしても、この人の良い面はどこなのか、これから一生暮らしてゆく中でこの人を好きになろう、好きでいようという意識が強かった・・・」
曖昧な記憶だが、そんな主旨のことを言っていた。

なにか妙に「この人を好きになろう、好きでいよう」の言葉に感心した。

e0158857_22163271.jpg

台風6号が去った後、東京は湿度は高めだが過ごしやすい日々がつづいている。
銭湯帰りに、横丁の縁台に座り夜風を受けながら花火をしたくなる。
[PR]
by w-scarecrow | 2011-07-27 23:14 | 散歩 | Comments(2)
Commented by 花子 at 2011-07-29 00:27 x
「この人を好きになろう、好きでいよう」、いい言葉ですね。忘れていたこの気持ち、心にメモしておきます。
銭湯も縁台も少なくなって、花火大会も中止。節電もいいけど、少しは心に潤いが欲しいですよね。


Commented by w- scarecrow at 2011-07-30 09:51 x
花子さん、公園でお年寄りの夫婦が手を添えて、手を繋いでいる姿を見ると幸せな気分になります。
どんないきさつで結婚されたかは判りませんが、好きでいようという気持ちをずっと持ってこられたんでしょうね。
淡島温泉という銭湯(温泉)へ自転車で行って、帰り道で汗びっしょり。意味ないっすよね。