winter's scarecrow

十穀米

e0158857_21593491.jpg


e0158857_1511959.jpg
実家に小さな卓袱台を届けに行った。

母はデーブルで食事をすることはなく、座敷で正座をして食事を摂っている。
今まで使っていた卓袱台はあまりに背が低く、皿や鉢を手に取りながら食べている姿がしんどそうだった。

帰り際、十穀米を渡された。
「お前は生活習慣病そのものだから、少しは躰にいいものを食べないと・・・今からじゃ遅いか?!」

亡父は戦中戦後の食糧難の時代のトラウマをずっと引きずってきたせいか、白米以外は食べなかった。
どんなに貧乏でも米だけは旨いものを食べたかったみたいだ。

その時代を生きてきたお年寄りは、小麦粉と塩だけで作ったすいとんやちくわぶ(関東以外の人は馴染みのないおでんの具)を嫌がる人と好んで食べる人とさまざまだ。
亡父は大好きだった。
ただ、戦後の配給でサツマイモやカボチャばかりを食べていたせいかイモ類は好んで食べることはなかった。

昭和26年の映画で成瀬巳喜男監督の『めし』という大好きな映画がある。
原節子と上原謙の夫婦の物語である。 
大阪を舞台にしていて当時のミナミの繁華街や大阪城、阿倍野の住宅が映し出されている。 
くいだおれ人形も出ていた記憶がある。

倦怠期を迎えた夫婦は些細なことで喧嘩を繰り返し、単調な日々の中、徐々に亀裂が生じていく。
タイトル通り、卓袱台で食事をするシーンが多く出てくる。
” 花のいのちは短くて苦しきことのみ多かりき " の林芙美子の原作。
原節子の浮かべる寂しげな表情が強く印象に残っている映画、成瀬巳喜男の淡々としていて情緒のある語り口が好きだ。

梅雨の合間の爽やかな土曜日、イワシのつみれ汁が食べたく、これから笹塚まで食材を買いに行ってきます。
[PR]
by w-scarecrow | 2011-06-04 17:44 | | Comments(4)
Commented by yundes at 2011-06-05 14:20
うちも前は卓袱台でご飯を食べていたのですが、引越しの時にテーブルに替えた。
母は足が悪くなり正座が出来ないのです。
Wさんのお母様は足が丈夫なのですね、きっと。

「めし」という映画、興味があります。
大阪の町はここ数年で大きく変わりました。きっとこの
映画を観ると…大阪城や通天閣くらいしか面影はないかもしれませんね。
Commented by w- scarecrow at 2011-06-05 20:38 x
yundesさん、母は幸いにもまだ舞踊を週一で教えているので足腰は大丈夫なんですが、母より若いお弟子さんが先に亡くなっていくので・・・。
昭和30年代までの映画で当時の大阪の風景を観れるのは「めし」と森繁久弥と淡島千景の「夫婦善哉」くらいかもしれません。船場、法善寺横丁が舞台です。
その後は大島渚の「太陽の墓標」といういい映画があります。
yundesさんの育ってきた時代の大阪の町が観れますよ。
その時代の風景を観るのってほんと愉しいです。
Commented by Kirara at 2011-06-06 00:52 x
ちゃぶ台・・・といえば「巨人の星」ですね^^
星一徹みたいな横暴なとーちゃん イヤだな・・・と思いますが 一度はやってみたい物です 「ちゃぶ台返し」!!

Commented by w- scarecrow at 2011-06-06 09:26 x
kiraraさん、襖の陰で泪を流していた明子姉ちゃん、
あんな姉がほしかったです。
あと卓袱台といえば寺内貫太郎一家ですよね。
樹林お婆ちゃんの「ジュリー~」
kirara家もストレス解消用に是非一台とポスター一枚。