winter's scarecrow

♪ 小春おばさん

e0158857_147176.jpg

3月4日、巣鴨。 こんな老夫婦の姿が好きだ。

花粉が舞う染井霊園へ行ってきた。 亡父の命日。 
大好きな母とひとり娘の姉に看取られて逝ってから23年が過ぎた。 

のんべえでも昼間は全く呑むことがない。 今日は父のお墓のすぐそばにある高村光太郎の墓に「親父がお世話になっています」と掌を合わせてから、父の墓前でワンカップの日本酒を供え一緒に呑んだ。

e0158857_17263087.jpg

とげ抜き地蔵のある高岩寺。
今日は4の付く日の縁日で地蔵道り商店街はたくさんの露店が並んでいた。

e0158857_172754.jpg

目刺しを焼いているお婆さん。 こんな寒い日でも手際よく働いている。
ずっと働きつづけてきたお婆ちゃんの手。

知っている人は少ないかもしれないが井上陽水の♪ 小春おばさん ♪という曲が好きだ。

e0158857_2255525.jpg

♪ 風は北風 冬風
誰をさそいに来たのか
子供は風車 
まわしまわされ
遠くの空へ消えてゆく

小春おばさんの家は
北風が通り過ぎた
小さな田舎町

僕の大好きな 
貸本屋のある田舎町

小春おばさん逢いに行くよ
明日必ず逢いに行くよ ♪





e0158857_17274544.jpg

高校生の時に、ひとり旅をした。 上野駅から羽越線の夜行列車に乗り、夜が明けた冬の日本海を見ながら北上した。
そのときにトランジスタラジオから流れてきた♪ 小春おばさん ♪
行き先の解らない16歳。 

お婆ちゃんたちのシャンデリゼ、地蔵通り商店街、みんな団子や大福を食べながら陽だまりに集っていた。
岸恵子が78歳、吉永小百合が66歳、それを考えていはいけないけど、この町のお婆ちゃんたちも生き生きとして元気だ。
by w-scarecrow | 2011-03-04 23:16 | 散歩 | Comments(8)
Commented by hayatedani at 2011-03-04 23:39
最近 老化してきたせいか、見かけの豊かさや華燭に満ちた生き方に興味が無くなってきました。
反対に、真面目にコツコツ、自分の生き方を貫いてきた、こんなお婆ちゃんの姿に
「素敵だなぁ」って素直に感動してしまいます。
同世代のw-scarecrow さん
私が都立高校に通っていたときに、一人旅 していたんですね
かっちょいぃ~
Commented by yundes at 2011-03-05 00:36
関西で言えば四天王寺さんがお婆ちゃん、お爺さんの集う場所なので似てるかなって思いつつ読んでました。
以前、巣鴨に1度だけ行ったことがあります。
塩大福が売っていて、おばちゃん向けの洋品店や食べ物屋さんがあり
何だか空気がゆっくりと流れてる感じでした。
働くお年寄りは元気でシワの数だけ人生経験豊富ですね。
Commented by w- scarecrow at 2011-03-05 10:58 x
hayadedaniさん、老化するにはまだ早すぎますよ。
やっと折り返し地点。まだまだ。
ずっと働きづづけてきたお婆ちゃん、一段落して飲むお茶はほんと美味しいんだろうなって想います。
出羽三山が見たくて羽越本線に乗って鶴岡まで行きました。
民宿でお年寄りの昔話を聞いたり、関西へ行ってユースホステルに泊り年上の大学生と仲良くなったり、詰まったときは夜汽車のガタンガタンという線路音がよかったのかもしれません。
hayatedaniさんは高校のときはこっちに戻っていたんですね。
Commented by w- scarecrow at 2011-03-05 11:09 x
yundesさん、通天閣は四天王寺界隈なんですか?
TVでよく見るジャンジャン横丁、串揚げにどて焼き。
大阪風ファストフードが手軽に安い値段で食べられて、大阪はいいな。
染井吉野発祥の地なので緑も多く、下町情緒が満喫できる街です。
大福や煎餅、のり巻き、あられ、お年寄りたちの嘗てのファストフードを境内で広げて美味しそうに食べていました。みんな愉しそうでしたよ。
Commented by 花子 at 2011-03-06 21:29 x
以前に母のお供で何度も行っているので、小春おばさん準備は万端です。
毎日が縁日みたいでお供で行くのが楽しかったですが、最近は母も足腰が弱ってしまい、遠のいています。
駅前にキャベツのたっぷり入った肉まん屋さんがあったのですが、今も健在でしょうか?
年を取れば取るほどしがらみから開放されるのか、元気になりますね。
Commented by w- scarecrow at 2011-03-06 22:27 x
花子さん、肉まん情報もっと早く言ってくれれば・・。
全然、気がつきませんでした。
わぁ、もう一回行ってこようかな・・。
露天が並んだ人混みの中を歩いているお年寄りたちは、前を向いて歩いていなので何度もぶつかってきました。
巣鴨より駒込界隈へ行くともっと趣があるのでしょうね。
お母さんと花子タウンの美好でお団子やすあまを食べていてもシャンデリゼ気分を味わえますよ。
花子さん、大会の時は地蔵通りの赤づくめ、勝負にはいいかもしれません。
Commented by Kirara at 2011-03-07 18:46 x
小春おばさん・・・人生が二度あれば・・・
大好きで陽水の「氷の世界」する切れるほど聴きました。
あの頃は何だか自分が歳を取った姿とか
想像もつかず 漠然と悲しい気分になりましたが
「そんなに悲惨な事じゃない。楽しくやってるよ^^」って言ってやりたいですね。
16歳の私に!(笑)

Commented by w- scarecrow at 2011-03-07 22:16 x
kiraraさん、当時、拓郎がラジオのDJで「30を過ぎた奴らのいうことを信じるな」と言っていました。
みんな異口同音のことを言うということだと思いました。
それもそうかもしれませんね。物差しが皆、同じcmの尺度ですも。
「氷の世界」今でも聴くことがあります。♪踏切の向こうに君がいて・・・遮断機が上がると振り向いた君はもう大人の顔をしているだろう♪
大人になりたいんだか、なりたくないんだか解らない16歳でした。