winter's scarecrow

グッバイ・マイ・ラブ ♪

e0158857_17405344.jpg

                         菜の花や月は東に日は西に  与謝蕪村

理解力がないせいか短歌はすんなりと入っていけるが俳句は立ち止まってしまう。17文字の表現の難しさ。
蕪村の有名な句も、菜の花やあなたは右にわたしは左に 冬野案山子(♪ 振り向いたら負けよ)似て非なるものだがこれでは成立しないのかな。

春めいた土曜日、笹塚の八百屋さんに"四万十川のなばな"と書かれた、きれいに束ねられた菜の花があった。
冷蔵庫に椒房庵の明太子があるので、バターと生クリーム、白醤油を少したらして明太子パスタを作り、菜の花と和えた。

e0158857_1805347.jpg

うちにはトングがない。
Lawson の割箸でパスタを盛ったら、どうしても高く渦を巻いた格好いい形に盛れない。 トングを買ってこようっ。

菜の花の仄かな苦みを生クリームが和らげてくれて美味しかった。

残った菜の花は" レバニラ" のニラの代わりにして作ってみた。

e0158857_1881650.jpg

オイスターソースをやや多めに、野菜室に隠れていた野菜たちを炒め、茹でた菜の花を最後に中華鍋に投入した。
春を満喫した一日。

カメラ小僧そこのけそこのけエリカが通る

「春になったら新しいアイシャドウを買わないと・・・」という声が聞こえた。

これは男たちの経験値にはない、男は季節が変わろうが服装以外は変わらない。
女性は季節、温度や湿度、草花、バーゲンの日程、記念日を敏感に察して生きている。

私の老母も女子会があるときは、前の日にちゃんと美容院へ行く。
男が仲間と呑むとき、前の日に床屋へは行かない。 母の世代のそれは、たしなみなのだと思うが男にはアイシャドウを変える愉しみも、髪をワンレンにする愉しみもない。
男は季節の移ろいや、たしなみに鈍感な生きものなのかもしれない。

そんなことを考えながら飯を作っている。 トングを買ってこよう。

今週は亡父の命日なので巣鴨へ墓参りへ行ってくる。  花を供えるのではなくワンカップ大関を2本持って。
地蔵通り商店街では炭を掴む炭バサミは売っていても洒落たトングはないかもしれない。
[PR]
by w-scarecrow | 2011-02-28 18:49 | 食 + うつわ | Comments(6)
Commented by bellavista777 at 2011-02-28 19:19
春らしい色合いでとても美味しそうです♪
菜の花が手に入ったら作ってみます(^ー^)

それにしてもいつもなんてリズミカルな文章なんでしょう。面白くて大好きです。

おかあ様、女子会に行かれてるのですね、いいことですー!

我が家には、炭バサミはあるけどトング無いです。私も欲しい。安藤さんの皿もフルセット欲しい。

Commented by w- scarecrow at 2011-02-28 21:56 x
bellavistaさん、菜の花を中華で食べたら旨いですね。
ふきのとうにしても、ちょっとした苦みが春を感じるこの時期、季節の変わり目。
お袋は年に2回、踊りのお弟子さんたちとの食事会をしています。
そういう場所ではいつも和服なんですが、紬にしても明治、大正のものだったり、当時の織物を見ているだけでも興味が湧きます。
安藤さんの皿に焼きそばを盛っても格好いいです。
Commented by Kirara at 2011-03-01 00:42 x
私は子どもの頃冒頭の与謝蕪村の句そっくりの風景を
観たことがあるんです。
春の夕方一面の菜の花畑を父に連れられ歩いていると
西に太陽が沈み 振りかえると大きな月が東から
登っていきました。今でも忘れられない原風景です^^

女性の身だしなみは同性の目を意識していることが
意外と多いんじゃないかな。
女性は 女性に厳しいですから・・・^^;
トング便利ですよ!
どんなデザインのにされたのか
またブログでご紹介くださいね^^
Commented by w- scarecrow at 2011-03-01 10:08 x
kiraraさん、おはようございます。
短歌は作者の心情を感じとりやすのですが、俳句は端的過ぎて難しいですね。
童謡って暗い情景のものが多いですが♪菜の花畠に入り日薄れ・・♪は
明るい気分にさせてくれます。
メイクやバックや靴、流行にも少しは敏感でいなければいけないので女性は大変。同姓からの目なんですね。
トング、フッ素樹脂加工のフライパンをやめて鉄に戻したのでトングを選ぶ選択肢が増えました。
買ってきま~す。
Commented by 花子 at 2011-03-06 21:50 x
俳句は無駄を省いた文学ですから、17文字だとなかなか相手に理解してもらえません。
でも凝縮されるからこそ、中身が濃いと思いませんか。
そんな句が詠めたらいいですね。
幾つになってもお洒落なお母様、素敵ですね。
毎春になると花をもっと綺麗に撮りたいので、新しいデジカメが欲しくなります。
Commented by w- scarecrow at 2011-03-06 23:11 x
花子さん、俳句は難しいです。詠む側も読む側も。
男の行間を読むのは簡単ですが、女性の行間は簡単なような、とびっきり難関なような・・。
母は面白いです。Blogで母親の面白噺だけて半年はつづけられます。
花子さんの川柳、今度やってください。飛行機に乗り遅れたら上司でも・・。