winter's scarecrow

町の自転車屋さん

e0158857_227978.jpg

今週に入って2度目のパンク。
月曜の夜は酔っ払い運転で、横にコケて大きくスライド。 打撲箇所、擦り傷多々。 タイヤもパンクしていた。
2度目は今日の午後、♪ 六本木心中 ♪を歌いながら渋谷の街を颯爽と走っていたら、スゥーと後輪が縮みパタパタになってしまった。

e0158857_18454237.jpg

アン・ルイスがまずかったのかも。 自転車を押して20分、おじさんの自転車屋へ。
ここの自転車屋さんとは20数年の付き合い、おじさんの野球チームとも試合をしていた。

e0158857_1011404.jpg

普通パンクを修理するには長くても15分で済むが、おじさんとこへくるときは40~50分の修理の時間を要す。
今の若者たちみたく『・・しながら』の『ながら族』ではない。
喋りながら修理ができないタイプのおじさん、ちゃんと手をとめて話す。

もう80歳を越えているが、記憶は鮮明。 戦中は芝浦高専で野球をやっていた。
フォークボールの神様、杉下茂や関根潤三の話から始まり、戦中、戦後のアマチュア野球の歴史を熱く語ってくれる。

だいたい長嶋茂雄が巨人に入団するころには40分が経過している。
中学時代の日本史の授業と同じで高度成長期の始まりあたりで終わり、春休みに入る。

私も野球の話をしているときが一番幸せな時間。つっけんどんな東京弁で喋れるのが嬉しい。 
「また、話においで」と帰り際に言う。
おじさん、まだまだ頑張って! 
次は長嶋入団以降の話をしようね。 毎回、前編で終わってしまうから、今度は巻き戻さないで再生ボタンを押しましょうね。
by w-scarecrow | 2011-02-24 19:11 | そのほか | Comments(4)
Commented by hayatedani at 2011-02-24 20:58
おじさんの使い慣れた工具が、良い味だしてますね
体の一部になったようなボックスレンチやスパナ
きっと、おじさんの手にピタッと張り付くように動くんでしょうね
自転車屋さんの匂いまで感じられるような写真です
Commented by yundes at 2011-02-24 23:33
あらら…大丈夫ですか~?お怪我…
お陰で?おじさんの楽しい野球昔話を聞く事が出来ましたね。
たまに父も同じように野球選手の名前を思い出したかのように語っています。
その当時は野球少年の憧れの方々だったのでしょう。
たまに戦中、戦後の白黒の古い映像がTVで流れると、まず
思うのはユニフォームの形。昔はズボンがダボダボだったのですね~
Commented by w- scarecrow at 2011-02-25 19:23 x
hayatedaniさんはバイクですもね。
春は花粉症でなければ自転車もいいですよ。
油だらけの床面、道具箱にはねじやキャップやボンド。
おじさんから教わって、自分でパンク直しをやってみたくなります。
町の職人さん、いいですね。
Commented by w- scarecrow at 2011-02-25 19:33 x
yundesさん、お父さんはトラファンですもね。
自家製のたこ焼きでもつまみながら村山実が入団する以前の阪神をお父さんに聞いてみたいです。
村山と吉田義男のマスコミを二分する確執、それから'85年の優勝まで阪神の暗黒時代がつづきました。
野球の話をすると長くなるのでストップ。
でもユニフォームは昔ながらのストッキングが見えるやつがいいですね。
あと一ヶ月で開幕です。怪我はしょっちゅうしているので、これくらいは大丈夫です。