winter's scarecrow

♪ Seven Daffodils  七つの水仙

連休初日の土曜日、開苑間もない時間に新宿御苑へ行った。
e0158857_15192397.jpg

e0158857_1120262.jpg








ペーパーホワイトがいたるところに咲いていた。


ニホンズイセンは数が少なかった。










e0158857_1123226.jpg



フォークソングが流行っていた頃、兄たちが聴いていたブラザース・フォーの♪七つの水仙♪という美しい曲が今でも心に残っている。

歌詞を要訳すると、

♪ 僕には立派な家も土地もない
 けれど遥かに広がる いくつもの丘に降りそそぐ朝を
  君に見せてあげることができる
  そして口づけと 七つの水仙を君に贈る ♪

今の時代、こんなことを女の子に言ったら「ウザイことを言わないでよ!」と一蹴される。
七つの水仙の美しいメロディーを皆が口づさんでいた、他人(ひと)のつたなさを想いやれる時代があったのかもしれない。





e0158857_11393854.jpg

e0158857_11401314.jpg

e0158857_11415811.jpg




土曜日だというのに人出が少ない。

桜咲く頃は開苑と同時にカメラを持ったお年寄りで溢れていたのに。

新宿御苑は新宿駅南口から歩いて10分くらいで行ける距離なので便利。

伊勢丹も高島屋も近いので、バーゲン会場で死闘を繰りひろげた後の女性たちのクールダウンの場にはちょうどいい。

江戸時代は信州高遠藩内藤家の敷地。
開苑は明治39年。 

新宿門の近くは内藤新宿と呼ばれ、若山牧水もすぐ傍に下宿をしていた。





e0158857_1633324.jpg








オオツワブキ
四国、九州地方に多く生育し、大きな葉っぱは漬物にするという。













e0158857_1754322.jpg

十月桜がまだ咲いていた。
花の名前で自信を持って言えるのはヒマワリとチューリップだけなので、間違っていたら教えてください。


e0158857_1291198.jpg





子福桜と表示してあった。

十月桜と支那実桜との雑種で、春と秋の年2回花を咲かせるらしい。


1つの花から2つ以上の実をつけることから、子宝を願う人には一見の価値があるかもしない。









e0158857_196610.jpg

ひぼけの紅い花が気持を明るくさせてくれる。

2時間、ゆっくりと苑内をまわった。 陽が高くなり一月の陽ざしが心地よくなってきた。
帰りは千駄ヶ谷の"SHIZEN"に立ち寄り、東郷神社で掌を合わせ、NHK裏のトラックを走るランナーを眺めながらサンドイッチを食べた。
また、温かい紅茶を淹れた水筒を持ってこなかったことを後悔した。
by w-scarecrow | 2011-01-09 09:35 | 散歩 | Comments(6)
Commented at 2011-01-09 23:07
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by w- scarecrow at 2011-01-09 23:27 x
鍵コメさん、本年もよろしくお願いいたします。
いつもBlogを見させてもらっています。
引いた画のなんともいえない空間が好きなんです。
部屋で撮影する場合、うちでは寄りの画しか撮れず
ワンパターンで苦痛になってきます。
大好きな急須、宝瓶、片口の注器や湯呑をこれからもupしていくつもりです。
店舗の方も大変でしょうがまた、素敵な空気感を伝えてくださいね。
福島の亀田大介さんも東京では手に入りにくいんです。好きな質感なんです。
Commented by yundes at 2011-01-09 23:38
真冬に咲く花ってけっこうあるのだな~と最近、思います。
初詣の神社で見たたくさんの椿や道端でまだ咲いてたコスモスや色とりどりの菊など。
写真と撮るようになってから、花をよく見るようになった!
観光地へ行っても花を見つけたら撮ってしまいます。
わたしも、花の名前はあまり知らなくて…
単純に咲いてるのを見て綺麗だと思うばかりです(笑)
Commented by w- scarecrow at 2011-01-10 00:00 x
yundesさん、僕は樹や花に付いている表示がない限り全く解りません。椿も牡丹も。
yundesさんも「あまり花の名前を知らない仲間」に入れては失礼なのですが、男でもすごい詳しい人がいて、唯々すごい!と感心してしまいます。
写真を撮る時、花に直射日光が当たっていると画がトンデしまうので朝から公園に行くことにしています。
白い花、器を撮るのは難しいですね。 
まだコツが掴めません。
Commented by Kirara at 2011-01-11 10:14 x
バーゲン会場で死闘を繰り広げた後は間違いなく
戦利品を抱えて豪華ランチか ケーキバイキングでしょうね!!(笑)
こんな清々しい場所に清く咲くスイセンを見て
日頃の自分のがさつな生活を反省・・・です!
Commented by w- scarecrow at 2011-01-11 19:56 x
kiraraさん、こんばんわ。
神戸に行かれていたんですね。南京街行きたいな~。
バーゲンの死闘はTVでしか見たことないのですが、家の玄関を出る時に、旦那さんが火打石でシャンシャンとやってもらってから闘いの場へと行きそうな感じですもね。
水仙の白い世界を歩いていると、やはりブラフォーの♪七つの水仙♪が出てきます。
冬の陽ざしに凛とした立ち姿、いいですね。