winter's scarecrow

I am a fruite

土曜日、雨の渋谷。
e0158857_10504922.jpg

すっかり秋めいて、白から蒼の世界へと移り変わってきた。

e0158857_10564141.jpg
渋谷、生まれ育った街。

ハチ公の交差点を渡りセンター街へ入ったところに渋谷食堂があった。
小さい頃の食のパラダイス。
お子様ランチにスパゲティー、ワンタン麺に天ぷら、何でも揃っていた。

センター街は当時、人足はまばらで道玄坂の方が栄ていた。

国道246での機動隊と学生たちの乱闘をいつも歩道橋の上から眺めていた。

生まれて初めて塾に行こうと思い、代々木ゼミから申込書をもらってきた帰り道、X'masのイルミネーションがまばらに光るハチ公前交差点を渡るとき、街頭スピーカーからツェッペリンの♪天国への階段♪が大音量で流れていた。
横を見るとトレンチコートを着た渥美清さんが足早に歩いて行った。

百軒店の美味しいラーメン屋"喜楽"のもやしソバ、インド料理"ムルギー"のカレー、ロック喫茶"BYG"、"Black Hawk"、jazz喫茶"ジニアス"、"音楽館"、今やビックになったミュージシャンたちがこの街を闊歩していた。

高校から大学までのアルバイトは全て渋谷。
公園通りの喫茶店"時間割"の前にあった"ジロー"で、東急フードショップの魚屋でのバイト。
本屋さん、楽器屋、jazz喫茶。

そんな当時の風景が浮かんでこないほど、渋谷の街の変貌は速かった。

e0158857_1134979.jpg
宮崎放送の報道部が1年をかけて追っているバンド、SPIRIT + NOISE(clickするとHPから演奏が聴けます)。
宮崎のイントネーションが全く抜けない相馬あいちゃん。
いつもアイスクリームを食べているガンバリ屋さん。 酒はいけます。


e0158857_11445633.jpg

フト見ると、マツコデラックスにも似ている湯上輝彦さん。

外人の客室乗務員に「食事はどちらになさいますか?」と英語で訊かれ、「I am フルーツ」と答えてしまった楽しく豪快なキャラ。

e0158857_1241618.jpg
そんな彼らのLIVEがあります。

SPIRIT + NOISE
King Beat GIG Vol.7

10月19日(火) 19:30~

at UNDER DEER ROUNGE
渋谷区神南1-3-4 神南ビルB1
TEL: 03-5728-2655


洗練された滴のような音の集積、放たれた音の数々が芯に響くsoundを奏でてくれます
[PR]
by w-scarecrow | 2010-10-11 10:48 | music | Comments(4)
Commented by nob at 2010-10-11 22:16 x
そうそう、土曜日は雨でしたね。今日が運動会だったら良かったのに。
ところで、雨の日の渋谷へは徒歩ですか? ハチ公バスもぜひ(笑)
それにしても、「時間割」は懐かしい~
パルコができたばかりの頃の静かな公園通りが好きでした。
東急フードショップでもちょくちょく買ってましたよ~
お会いしてるかも(笑)
  
SPIRIT + NOISEの演奏を聴いてみました。
なかなかユニークな雰囲気ですね。和風ロックなんでしょうか?
Commented by hayatedani at 2010-10-11 22:30
w-scarecrow さんが撮ると
雨の景色もカラフルに見えるのは何故なんでしょう
路上のタイルもモザイクとパラソルのモザイク模様が
素敵にマッチしていて、とても綺麗です
渋谷は雑踏と若者の街というイメージで
なかなか足が向きませんが、w-scarecrow にとっては
素敵な思い出の街なんですね
Commented by w-scarecrow at 2010-10-11 23:16 x
nobさん、あの頃は♪時間割り♪でしたよね。NHKまで行く道が暗かった。
ハチ公前の交差点を渡る時、その前まではサイモン&ガーファンクルでした。
自分はどこに行けばいいのか? 
そんなことばっかり、身に詰まって考えていました。
今も♪whare has flowers gone?♪です。
Commented by w-scarecrow at 2010-10-11 23:32 x
hayatedaniさん、映画「シュルブールの雨傘」のような画を撮りたかったのですが、引き画の取れる場所がないんで、こんな画になってしまいました。傘、傘、傘であってほしかったんですが。
引き画、20代の頃はいつもclose upの感覚なんですが、今はどう引いた画を撮るかが、難しいです。