winter's scarecrow

砂の奏でる音

e0158857_14493958.jpg

海風に当たりたく芝公園から東京湾に出た。

先週、心温まるニュースが一つだけあった。
野田聖子議員が第三者の卵子で妊娠をしたとのニュース。法的な実子、養子の問題などさまざまことがあるだろうが、子供を持ちたいという強い意志を持ちつづけたことに敬服する。

東京湾の風景を眺めていて母なる海、すべての生きものの源である海というものを感じることはできない。
160年前に黒船が浦賀や横浜に入港をしたことや65年前に東京湾上の戦艦ミズーリで日本の降伏文書の調印式が行われたことなどイメージすら湧かない。
小学生の頃、父に連れられ竹芝桟橋から小さなポンポン船に乗って、晴海にできた大きな展示場で中華人民共和国展を観に行ったのが、私のなかでの一番遠い東京湾の風景。

海を眺めていて想う、
"海"は、
波の打ち寄せる砂浜がないと、波と砂のぶつかり合う音がきこえないと・・。
さらさらと鳴る砂の音、土と違ってどれだけ小さくなっても混ざり合わない砂。
一つ一つが意思を持っているようで、潮の満ち引きがあっても行き場所さえ自分で決めているような砂。
さびしい気持ちが熔け合わないように、意思と意思が積み重なって音を奏でているような気がする。

そんな砂の囁きをききに行きたい。
by w-scarecrow | 2010-08-30 19:17 | そのほか | Comments(9)
Commented by yundes at 2010-08-31 00:10
ここ最近は海も川も湖も見てないな~と思った。
噴水のある風景も水があるだけで和むものです!
サザンや山下達郎の曲の中に響く波音みたいな海を見たいな!
野田聖子議員のニュースは私も「頑張りはったんやな~」と思った!
虐待死のニュースが多いけど、一方では子供が欲しいと切実に願うが叶わない人がいる。
どちらも哀しく切ない想いがします。
Commented by Kirara at 2010-08-31 00:14 x
私はあのニュースで Wさんとは別の思いを抱きました。
そこまでやってしまって良いのだろうか・・・って違和感を抱いてしまうんですよね。
出産も子育ても ものすごい消耗を強いられるし母体へのリスクは計り知れないと思うんですが。
そこまでしないと「実子」と認められない法律も惨いな・・・って思います。

でもご本人も言っておられますが 授かった命。
大切に育んでいただきたいと願っています。

東京は今日も暑かったみたいですね。
今週末から常滑沖(!)でキルト展です^^
Commented by w-scarecrow at 2010-08-31 00:33 x
yundesさん、不妊治療をされている人たちがいっぱいいるのでblogで安易な言葉を使えないのですが、野田さんの件、僕には明るいニュースです。
大阪に住んでいるyundesさん、もしかしたら僕より海や砂浜を見ているのかもしれないと想うのですが・・。
貝を拾って耳に当てて、いっぱい潮騒を聴いているのではと・・。
東京湾と一緒で泉州の海も変わってきているのでしょうね。
泉州の水ナス、漬物が得意でない僕でも旨いと思います。
Commented by w-scarecrow at 2010-08-31 01:29 x
kiraraさん、野田さんのケースは法的なものと、今まで子供を育てられた人たちには年齢的な体力の部分と、「そこまでして」と思う方も多いのではと想います。
男の自分は無責任に頑張れ!と思うのですが、感じ方はいっぱいあると思います。
どう語っていいんだろう?曖昧な言葉ですみません。
kiraraさん、常滑=急須、水野陽景さんの素晴らしい急須が「とこなべ」というお店に置いてあります。
一生ものの急須です。
Commented at 2010-08-31 08:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nob at 2010-09-01 21:14 x
こんばんわ~
そういえば、昨年は横浜や鎌倉に行く機会があったのですが、今年は海を見ていないです。
そもそも泳げないので海水浴には縁がないんですが、眺めるのは結構好きなんですよ。
もう少し涼しくなったら、私も行ってみようかな。
写真のビル群はどのあたりの風景なんですか?

そうそう、野田さんのニュースは私もビックリでした。
子供の持ち方(?)も多様化してきた昨今、確かにいろんな意見があるでしょうね。
何せ、そのあたりはパスした身なので(汗)よくわかりませんが、いずれにしても預かった命は大切にして戴きたいと思います。
Commented by w-scarecrow at 2010-09-01 22:05 x
nobさん、こんばんわ。
写真は芝浦の倉庫街からの風景です。
浅草まで行く遊覧船に乗ればもっと海を感じることができたのですが・・。
夕方だったらもっと光と反射が面白かったと想います。
由比ヶ浜だとか材木座まで足を伸ばして写真を撮ってきたいですね。
秋になって人が少なくなってきたら日没のマジックアワーに行って街道沿いの屋台でサザエの壷焼きを肴に一杯やりたいです。
nobさんのblogの古い新宿の写真集、もっとupしてくれればいいのに!と思っています。
Commented by ama7869 at 2010-09-03 20:02
お写真を見て、「東京砂漠」が頭の中を駆け巡りました(^^;)
海が砂に見えて・・・
太平洋が見たいです!!(笑)
Commented by w-scarecrow at 2010-09-03 21:23 x
amaさん、クールファイブですね。
♪あなたがいれば ああうつむかないで 歩いて行ける東京砂漠♪
今夏の東京はドバイの砂漠みたいです。自転車ではなくてラクダで移動をしたいくらいです。
でも海風に当たるとちょっとだけ気が休まります。
amaさんはあまりパンは食べないんですか?
金沢の美味しいパンupしてくださいね。
ああ~日本海の風に当たりたい。