winter's scarecrow

Art Ensemble of Chicago

e0158857_9191368.jpg

小学生のときにダニー・ケイの『五つの銅貨』を日曜洋画劇場で観て感激した。
レッド・ニコルズというコルネット奏者をモデルにした映画だった。
その後、『ベニー・グッドマン物語』『グレン・ミラー物語』を観てスイングジャズにシビレた。

初めて買ったレコードが『オバケのQ太郎のテーマソング』、次に買ったのがビージーズ『マサチューセッツ』、その後にJazzのLP『Dexter Gordon / Go!』というアルバムをお年玉で買った。
中学へ通う頃、毎朝『Go!』を聴いてから登校した。 ませた中学生だったかもしれません。

高校へ入って野球部を辞めてからはJazz喫茶通いの日々。
Bop,Hard-Bop,それにも飽き足らず前衛的なJazzに惹かれていった。

Ornette Coleman、Don Cherry,イギリスのTHE TRIO,そしてシカゴの前衛?グループ。
中でもArt Ensemble of Chicago。

e0158857_9394935.jpge0158857_1631450.jpg















前衛という曖昧なジャンルには入れたくない彼らのroots music, ニュー・オールリンズ、ブルース、R&B、デューク・エリントン、セロニアス・モンク。
彼らに沁み込んだ先人たちから流れる血、遠いいにしえからコダマする民族音楽的な響き、どれもが新鮮な響きとして揺り動かされた。
『People in Sorrow』1969年に録音されたA・B面合わせて1曲40分の演奏。 ビリー・ホリデーの♪奇妙な果実♪を聴いているようだった。
『The Spiritual』同じく1969年の録音。 彼らが'80代に来日した時にもらったサインが書かれている。

Lester Bowie(tp), Roscoe Mitchell(reeds), Joseph Jarman(reeds), Malachi Favors(b)の4人のメンバーからなるArt Ensemble of Chicago。 後にDon Moye(perc)が加わる。 
レスター・ボウイ、マラカイ・フェイバースが亡くなり、心震わせられるサウンドはもう聴くことができなくなったが、Jazzの歴史の中で、私の生きてきた中で強烈な足跡を残してくれたunitである。

久しぶりの晴天、自転車散歩日和。 これから千駄ヶ谷の『SHIZEN』~神宮外苑~赤坂~乃木坂~新国立美術館~西麻布~実家のルートで走ってきます。
[PR]
by w-scarecrow | 2010-07-10 10:18 | music | Comments(6)
Commented by nob at 2010-07-10 12:41 x
むむ!
前衛=難解のイメージがあって、なかなか近寄らないジャンルかも(汗)
シカゴといえば、ロックのシカゴがビッグバンドジャズをカバーしたアルバム「Night & Day」が大好きです(笑)
それにしても、今日の自転車コースは私もちょくちょくお散歩するコースだわ。
暑いので気をつけてくださいね~
私も夜は赤坂で宴会なので、久々に歩いて行こうかな♪
行き倒れたりして(汗)
Commented by Kirara at 2010-07-10 19:36 x
自転車散歩気持ちいいでしょうね~^^

ジャズはなんだか敷居が高くて なかなか親しむ機会がありませんでしたが 唯一The Manhattan TransferのLP版アルバム持っています。卓越したヴォーカル!!圧巻でした。
あと数年前にひょんな間違いでベントファブリックっていうデンマークのジャズピアニストのCDを手に入れて以来気に入っています。凄いおじいちゃんなんですけどご機嫌な演奏で よく車の中で聞いています。
Commented by hayatedani at 2010-07-10 22:30
私も小学生の時に「五つの銅貨」をTVで見て感激しました。
(そうですか、あれは日曜洋画劇場だったのですね。)
劇中の歌「THE FIVE PENNIES」もおぼろげながら覚えています。
でも最初に買ったEPが いしだあゆみのブルーライトヨコハマだったところが、かかしさんとの文化度の違い。
そして今があるのです。
Commented by w-scarecrow at 2010-07-11 22:36 x
nobさん、シカゴのNight&Day,♪Sophiscated Lady♪が
ソウルフルでいいですよね。
こんな切り口もあるんだなって楽しいアルバムですよね。
Art Ensemble of Chicagoは前衛的というより、民族音楽的なJazzなので心の底に響いてくるようなサウンドです。
夜はRoland Hanna、昼はトマトの砂糖がけを食べながらこのunitを聴くと元気がでますよ。
Commented by w-scarecrow at 2010-07-11 22:43 x
kiraraさん、やっぱりこの時期の自転車散歩は汗ダクダクできついですね。
Manhattan Transferは心地よいですよね。
焼酎ではなく、ウイスキーかカクテル。
オーソドックスなJazzに飽きてくると現代音楽やタンゴや民族音楽、Bluesを聴いています。
ベン・ファブリック知りませんでした。聴いてみますね。
話が変わりますが、kirara家はきしめんはどこのメーカーのものを食べているんですか? いつか教えてくださいね。
Commented by w-scarecrow at 2010-07-11 22:54 x
hayatedaniさん、ブルーライト・ヨコハマはわが横浜
Baystarsの勝利した時にスタジアムに流れる曲なので
初めて買ったレコードと聞くと嬉しいです。
Five Pennies、ダニー・ケイが子供とデュエットするんです。
X'masの頃はよくTVで放映されていたんですが、いつも
ウルウルしてしまいます。
hayatedaniさんが2番目に買ったレコードは何だったんだろ?
♪あなたーを待つのテニスコート♪だったんでしょうか。