winter's scarecrow

旗を振る少年

e0158857_13425572.jpg

父の日の昨日、埼京線十条駅で降り、東十条にある黒松本舗・草月へ。
e0158857_13464220.jpg

岸朝子さんの著書『東京五つ星の手みやげ』の表紙にもなっているどら焼き『黒松』。
黒糖の皮生地でつぶ餡を包んだどら焼き。
ホカホカの生地に黒糖の深い甘み、黒糖というよりメープルの風味を感じてしまう。
年に3度くらい、この黒松を求め十条まで足をのばす。 いつもの行列。

  黒松本舗草月
  北区東十条2-15-16 定休日・火曜日

e0158857_1358293.jpg

e0158857_13585721.jpg

黒松へ行くには長~いアーケードの十条銀座商店街とは線路を挟んで反対側の下町情緒溢れる小さな商店街を抜けてゆく。
映画『ALWAYS 三丁目の夕日』のたばこ屋のおばさん、もたいまさこみたいな人がいっぱい歩いていた。
小雪のやっている昭和の匂い漂う飲み屋もあった。
e0158857_14121253.jpg

e0158857_14131847.jpg

十条篠原演芸場、建物の脇の日陰にはおばちゃんたちの列、みんな何かを食べながらの話の環。

東京は気温30度、午前中でも蒸し暑くリュックを背負っている背中から汗がしたたる。
作家・宮本輝の初期作品、関西の下町を舞台にした小説が多かった。
この十条の界隈を歩いていると、『星々の悲しみ』という短編集を想い起こす。
表題作の短編はある喫茶店に飾ってあった"星々の悲しみ"という20歳で夭折した画家志望の青年が描いた絵を、3人の浪人生が盗みだす。
その絵から見えてくる人の生死、希望、さまざまなインスピレーションを受ける。
瑞々しい10代後半の彼らの感性、スポンジのような感受性を楽しく儚く描いていた。

その短編集のなかに『小旗』という小品があった。
青年は父の危篤の知らせを受けつつ、パチンコ台から離れられなかった。街を歩きおでん屋で酒を呑み始める。
彼の父は放埓な男、父としても夫としての資格もない男。 愛人には追い出され事業には失敗し、家には寄り付いたことがない。
生まれてから父親の負債を抱えての母との生活、一般的な家庭の団欒など夢にも出てきたことがない。
病院にいる母親から父の訃報を聞く、母親から「なぜ来れなかったの?」の言葉に「・・うん」としか言えなかった。
病院へ向かうバス、道が細くなり工事中の為の一時停車、青年の目には交通整理をやっている、さほど年の違わない少年が映った。
手に持った赤い旗を何度も降り、車を誘導している。 
空に翻る赤い小旗、誘導している少年の真剣な眼差し。 バスのなかで少年を見つめている目から涙が止めどなくこぼれてきた。

そんな宮本輝の小品を想い出す。 私が初めて映画の仕事をしたのも宮本輝原作の作品だった。
e0158857_16123635.jpg

e0158857_14521934.jpg

十条から目白へ。
雑司ヶ谷の鬼子母神で手作り市が催されている。
先日、鍋つかみを買おうと思い検索をしていて「そうだabebeさんのBlogに彼女の作った鍋つかみがあったはず・・」
私のblogにもcommentを残してくれるabebeさん、手作り市に出店をしている。
写真にある鍋つかみを手に入れた。
他にも素敵なバックや小物入れの数々が並んでいた。
¥800、そんなに安くてよかったのかな・・。
大事に使おう。
by w-scarecrow | 2010-06-21 17:49 | 散歩 | Comments(18)
Commented by yundes at 2010-06-21 23:56
下町の風景は本当に何故だかホッとします。大阪で言えば
恵比寿町あたりの裏通りに似てるかも~
最近、会社がある阿部野橋という所に私好みの裏通りを見つけたのです。
そこには小さいスナックや飲み屋さんがあって昼から夕方に通ると
ひっそりとしていて何故だか好きなんです。
手作り市、面白そうですね!鍋つかみ、購入できてよかったですね!
Commented by abebe_039 at 2010-06-22 07:21
突然、来て頂けるとは!驚きました。
しかしながら、お客さんが見ていた跡、商品の陳列はされておらず、ぐだぐだの状態。あぁ〜恥ずかしい。。
そうそう、差し入れに頂いたどら焼き、黒糖が利いていて美味しかったですよ。御馳走様。
それから、鍋つかみの調子、いかがですが。
可愛がって頂けると嬉しいです。
Commented by w-scarecrow at 2010-06-22 22:15 x
yundesさん、東京でいえばオリンピック、関西では万博が岐点ですよね。
「万博の時いくつやった?」そんな会話が多いのではないでしょうか。
東京と一緒で下町は職人たちの町、串揚げを食べながら聞く大阪弁は心地いいです。
恵比寿町、阿部野橋、行ってみたいな、食べ物美味しそう。
Commented by w-scarecrow at 2010-06-22 22:22 x
abebeさん、素敵な鍋つかみありがとうございました。
今朝から早速、活躍してますよ。
並べられた作品の上に鍋つかみを出してもらって、バチバチと撮ってしまって、なんか申し訳なかったです。
でも雨が降らなくてなによりだったですね。
また、素敵な作品のup楽しみにしています。
Commented by ama7869 at 2010-06-23 17:54
こんにちは(^^)
このどら焼き、いつか食べてみたいと思っていました!
なんて美味しそうな皮・・・

いつも、すてきな写真と文章を読みながら、小説を読むような映画を見るような気持ちでいたのですが、w-scarecrowさんは、映画関係のお仕事をされている方だったのですね。ぐいぐい一気に読んでしまう魅力的なブログ、本当に素敵です。
もたいまさこさん、好きです。3丁目の感じも好きですが、カモメ食堂でのマリメッコの衣装が最高でした。
Commented by w-scarecrow at 2010-06-23 21:02 x
amaさん、こんばんわ。
もたいさんは役作りをしなくてすむ名脇役ですよね。
存在感で映画に色をつけてくれる役者さん。
日本映画のシナリオって独特でト書に心情描写を描けないんです。
映像に出来ないト書は書いてはいけないという不文律。
その癖があって、目に映るものは文章で書けるのですが心情的なものは苦手です。
独りよがりの文章なってしまうんです。
ちゃんと伝えられればといつも不安です。
Commented by Nob at 2010-06-23 21:31 x
こんばんわ。
何と、先日、必要に迫られて100均で妙な鍋つかみを買ったばかり(笑)
私もこういうセンスのが欲しかったです~
ところで、あれれ、お仕事は映画関係なんですね。
実は私の父も長い間、映画、テレビの仕事に関ってました。
もちろん世代がかなり違うので、ご一緒してはいないと思いますが。
Commented by w-scarecrow at 2010-06-24 10:09 x
Nobさん、結構シンプルな鍋つかみってないんです。
abebeさんは来週、吉祥寺に出店するみたいです。
映画界だけでいうとすご~い狭い世界なので、お父さんとどこかで繋がりがあるかもしれません。
現場は10代から80代の技師さんまでいるので、ご一緒している可能性もありますよ。
下北沢に住んでおられるんですか・・。
Commented by ama7869 at 2010-06-24 10:13
そんな不文律があるのですかー。
うーん・・・まったく未知の世界です。興味深い。

読む人それぞれの想いを重ねることが出来て、心がポッとなるような感じがして素敵です。
Commented by Nob at 2010-06-24 14:11 x
うちの父は最初は映画会社で映画の方だったんですが、その後フリーになってからはずっとテレビだったんです。
ちなみにカメラマン(撮影監督というのかな?)
そういえば、数ヶ月前に木村威夫美術監督、西河克己監督が亡くなられましたが、先日はそちらの追悼の会にも行ったみたい。 そんな世代です。
今は、代々木上原で私と住んでますが、その前は祖師谷にいました。 
Commented by w-scarecrow at 2010-06-24 21:09 x
amaさん、日本独特の映画シナリオ文学みたいなものがあります。
その後、アメリカ、フランス、香港の映画の仕事をした時の海外の脚本のとの違い。
ト書きは心情描写ばかりで・・、役者さんはやりにくかったと想います。演技の制約が台本で決められていて。
海外の仕事のときは現場と脚色の両方だったので、難しかったですけど面白かったですよ。 
Commented by w-scarecrow at 2010-06-24 21:23 x
Nobさん、西河さんは日活出の青春ものの巨匠、その後東宝で百恵ちゃんのシリーズも撮られています。
お父さんに訊いて頂けると解るとと想うのですが、日活の姫田真佐久、安藤庄平さん系列のカメラマンとの仕事が僕は多かったんです。
木村さんは映画会社を問わず、名作の陰に木村さんありの巨匠でした。
祖師谷に住まわれていたので東宝の街、お父さんは東宝の技師さんだったんでしょうね。
日本映画の黄金期を作ってきた活動屋さんたちの話を聞いているのが、今でもほんと愉しいですよ。
Commented by Nob at 2010-06-24 21:59 x
いんや、実は日活だったのです。
なので、そのカメラマンお二方のお名前もちょくちょく聞いてました(笑)
何か、最初は代々木上原繋がりのハズだったのに、こんなところにも接点があろうとはビックリ(汗)
そうそう、先日の西河監督を偲ぶ会では日活時代の多くの懐かしい仲間に再会できたそうです。
Commented by w-scarecrow at 2010-06-24 23:18 x
Nobさん、お父さんは横浜放映学院(日本映画学校)で教えていらしたことはありませんでしたか?
僕も30代の初めに学生たちの実習を受けもっていました。
日活のカメラマンのすごさを実感しています。
モノクロの撮影(フィルム)照明をできる最後の世代です。
代々木上原は今村昌平監督のお膝元、役者さんも映画屋さんも多いですね。


Commented by Nob  at 2010-06-25 00:10 x
テレビの仕事に移ってからはそちらにドップリだったようなので、残念ながらそういう機会はなかったです。
それにここだけの話、あまりそういうタイプじゃないし(笑)
でもって、その後は番組編集の会社に参加してしまったので、撮影の仕事からも遠ざかってしまいました。
代々木上原には私が先に引越したんです。
かれこれ20年以上前かな。
そういえば、その頃はよく今村監督をお見かけしました。
Commented by w-scarecrow at 2010-06-25 23:48 x
Nobさん、こんばんわ。
僕も以前は今村昌平監督の家か100mくらいの所に住んでいたので晩年の監督の姿が焼きついています。
その前は小沢昭一邸の傍でした。
坂が多くていい町ですよね。
お父さんはご近所に呑みに行ったりされるのですか。
上原はBarはいっぱいあるけど居酒屋は少ないですよね。
それが唯一の弱点です。
Commented by Nob at 2010-06-27 11:51 x
あれれ、すみません。
書いたはずのコメントが入ってませんでした(汗)
うちの父は結構な年なので、最近はもっぱら家飲みなんです。
ま、その方が私も安心かな。
私も上原での住まいは今が2軒目。
以前はコスモス通りの近くで、今はもう少し駅寄りです。変わり映えしてません(笑)
Commented by w-scarecrow at 2010-06-27 15:36 x
Nobさん、中通り近辺。
コスモス通りのパン屋さんの先に西光亭というお店が移ってきたんですね。
覗いたら美味しそうなプリンやゼリーものが並んでいました。
Nobさん、中通りと井の頭通りの交差点の駅寄りに小さなケーキ屋さんがありますよね。 2軒ともちょっと気になっています。