winter's scarecrow

I'm still here

この街の地面にまつわりつくような湿気が嫌いだった。
音の氾濫した夜の街、奇声や歓声、ゴールデン街や思い出横丁の小さな酒場に集まり斜に構えながら酒を呑む人々。
他人とは関係ない振りをして、人との係わりを待っている。 議論して喧嘩して、そんな人の侘びしさがたまらなく厭だった。
e0158857_2049175.jpg

新宿アルタ前の西口へ抜けるトンネルの横で、愛娘がソフトクリームを食べ終わるまでジッと待っている父親の姿があった。
お父さんと日曜日のお出かけ。 抜けるような青空。
街を歩いているといつも「父と子」に目がいってしまう。

小さい頃、父から買ってもらった『シナの五人兄弟』という絵本を擦り切れるまで捲っては、また初めから読み返していた。
シナ服を着た五人の兄弟の絵が大好きだった。
「もう一回、読んで!」と何度も母にせがんでいた気がする。
子供は好奇心の塊り、外へ出れば知らないこととの出会いばかり・・・、
いつもと同じ毛布やタオルやぬいぐるみ、それがなければ眠れない子もいる。
知っているお話を繰り返し聞く安心感、いつも横にある毛布やタオルに触れる安心感、そんな安心感
があるから未知の世界へ向かっていけるのかもしれない。
e0158857_2061957.jpg

e0158857_2053382.jpg

e0158857_18583311.jpg

変わってしまった新宿駅西口の風景。 でも、なぜか空が広い。
e0158857_1932249.jpg

沖縄の"琉堂・紅いも生どら"という鮮やかな紅芋のどら焼き、紫色の焼き芋も売っていた。
e0158857_197864.jpg

"さんるーむスイーツ"のクリーム・シフォン、マンゴーとクスミン茶。
なんか懐かしいスポンジの味がした。

家に帰り、買ってきた泡盛を呑みながらTom Waitsを聴いた。泡盛にぴったりのしゃがれ声。
"I'm still here"
[PR]
by w-scarecrow | 2010-05-17 20:17 | 散歩 | Comments(11)
Commented by Kirara at 2010-05-17 20:36 x
紅芋のどら焼き!!意表をつく紫色ですね@@
ビックリです!!
以前新宿駅で人と待ち合わせして なかなか目的の場所に行けなくて情けない思いをしました。
おまけに荷物を預けたコインロッカーの場所も分からなくなって。。。
田舎者丸出しでした~~(笑)
Commented at 2010-05-17 20:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by oko1225 at 2010-05-18 08:06
お早うございます!!
我が家の子育て本は「母を訪ねて三千里」でした。
母が繰り返し繰り返し私と弟に読んでくれた
わら半紙の本。
難しい理屈や小手先の技術より
幼い頃に必要なのは「悲しみ、喜び、慈しみ」
そんな感情を抱くこと...でした。
私にも子供がいたらきっと読んでいたと思います。
Commented by w-scarecrow at 2010-05-18 09:32 x
kiraraさん、紅芋の紫すごいですよね。
焼き芋までもこれでもか!の紫でした。
新宿は地下道を把握すれば便利な街、でもそれ以外は難しいかもしれませんね。
今、渋谷の東急で「名古屋の物産展」をやっているのですが目新しいものがないんです。
銀座でやっているんですね。タイミングがあえば覗いてみます。
立派な職人になっていくんですね。

Commented by w-scarecrow at 2010-05-18 09:41 x
okoさん、おはようございます。
お母さんが「母を訪ねて三千里」を数ある子供向けの本
から選ばれたのは、ちゃんとした訳があったんでしょうね。
okoさんの言われるように慈愛や想いやり、勇気、誇りのようなものを伝えたかったのでしょうね。
東京は初夏の朝の風が気持ちがいいですよ。
そろそろ、美容院でさっぱりの時期ですね。
Commented by Nob at 2010-05-18 11:20 x
こんにちわ~
新宿西口方面は毎日通っているので詳しいです。
もしや、このどら焼きは、あのデパートの物産展でお買い求めですね(笑)
ちなみに、東口、歌舞伎町方面はあまり行きません。
エネルギッシュ過ぎて少々疲れる・・・
ところで、代々木上原にも沖縄料理の「roomz」という店があって以前から気になっています。
行かれた事はありますか?
Commented by w-scarecrow at 2010-05-18 20:58 x
Nobさん、Blog見させてもらっています。
僕もBlogを始めるときはjazz,rock,blues,アヴャン・ギャルド(現代音楽、民俗音楽)、カテゴリーには分類できないものをupしていこうと想ったのですが、こんな感じになってしまいました。
夜は「roomz」近辺のBarでも呑んでいて、昼間、チャリで前を通るときも気になっていました。
沖縄そば(ソーキ)だけの店だと想っていました。
沖縄料理の店なんですね。
いつか行ってみますね。
Commented by レセナ at 2010-05-20 17:19 x
先程はありがとうございました。
早速のコメントです(笑)
我が家の思い出の絵本は「パパだいすきママだいすき」です。
2歳だった長女が覚えてしまって「天才!?」と勘違いしていました(笑)
今24歳の次女は6月まで研修で東京におります。
私もひとりで東京の器のお店巡りをさせていただいたことがありますがやっぱり天下の東京ですね。
これからも器・食・東京満載の素敵なブログ楽しみに拝読します♪
Commented by w-scarecrow at 2010-05-20 20:32 x
レセナさん、今まで大阪のLadiesを変な呼び方にしたり、着ている衣装までも変な言い方をしてまして申し訳ありませんでした。天王寺動物園だとか・・。
レセナなさんの「素敵な大阪Ladies(?)を目指して」という言葉、Osaka TradからKansai Modernへと受け止めています。
娘さんの研修期間が終わって大阪へ帰って、「・・さあ」「・・じゃん」という言葉を遣っていたらやですね。
東京の器屋さん、やっぱり多いんですか?名古屋、大阪の方がCoreな店が多いような気がします。
また寄ってください!
Commented by 花子 at 2010-05-22 15:56 x
「シナの五人兄弟」は子供向けにしてはシンプルでモダンな絵だと思います。
中国人はみんなこんなヘアスタイルだとずっと思ってました。
新宿西口もこんな風に見ると土臭いところが一杯ありますね。
だから銀座より新宿の方が好きなのかもしれません。
Commented by w-scarecrow at 2010-05-23 10:37 x
花子さん、「シナの五人兄弟」の絵は洗練された感じでしたよね。
作者が西洋人だったって初めて知りました。
亡父の出征で大陸へ行った時の写真を見るとやはり、
シナ服(帽子も)着た人が多かったような気がしました。
銀座、池袋よりも新宿の方がホッとしますね。