winter's scarecrow

ことば

e0158857_19185115.jpg

♪ 愛することに疲れたみたい
 嫌いになったわけじゃない
 部屋の灯はつけてゆくわ
 カギはいつものゲタ箱の中
 きっと貴方はいつものことと
 笑いとばすにちがいない
 だけど今度は本気みたい
 貴方の顔もちらつかないわ

 男はいつも待たせるだけで
 女はいつも待ちくたびれて
 それでもいいとなぐさめていた
 それでも 恋は恋

 多分貴方はいつもの店で
 酒を飲んでくだをまいて
 洗濯物は机の上に
 短い手紙そえておくわ
 今度 生まれてくるとしたなら
 やっぱり女で生まれてみたい
 だけど二度とヘマはしない
 貴方になんかつまづかないわ ♪

        「恋」 作詞:松山千春



「(あなたを)嫌いになったわけじゃない」
よく言われた言葉。

男女間に限らず、その時は気がついていなくて、あとになってあの言い方、あの言葉は失礼だったよな、と思うことがよくあります。
でも相手はそれ以上に傷ついていたのかもしれない。
取りかえすことのできない言葉。

空が紅く染まってきて、気分はもう松山千春になっています。
昨日は斉藤和義の♪ずっと好きだったんだぜ・・♪を一日中、口ずさんでいた。

そろそろ、いつもの店に行ってくだをまいてきます!
あ~あっ。

写真の陶器の人形はカラダの固いヒロ君の「もうムリ!」シリーズの1作(gallery寛・作)。
[PR]
by w-scarecrow | 2010-05-08 17:27 | music | Comments(2)
Commented by yundes at 2010-05-08 23:42
私が今日、口ずさんでいたのは♪
「これでいいのだ~これでいいのだ~♪」そうバカボンの唄です(^^)
今頃、くだまいてる頃かしら~?
数ある恋を唄った曲があるけど私は「大阪で生まれた女」を聴くと
絶対に泣いてしまう・・・名曲です。
Commented by w-scarecrow at 2010-05-09 07:52 x
「うまくいかないときや、つらいことがやってきた時、『これでいいのだ』と、赤塚不二夫さんの言葉をつぶやいてごらん」
というACのCMがあります。
いいコピーですよね。
河島英五、BORO泣けますよね。
♪踊り疲れたディスコの帰り♪ yundesさんはディスコへ
行くときは扇子を持って行きました?!