winter's scarecrow

クシュン

ヘ、ヘクシュン・・この積年の怒りをどこにぶつけたらいいのか。
こんな植林政策をやってきた代々の林野庁の役人と商売に走った山の地主たちにぶつけたいが、退職金を何度ももらって、きっと松林の美しい海辺の町に住んでいることだろう。
洗濯物も干せない辛さ、天日を浴びたアリエールの甘い香りがほんのりとするTシャツを着たい!
e0158857_22304388.jpg

とんかつを買ってきたときはオーブントースターで温めて、カツ丼にする。 もちろんロースカツ。
この3年間で9kg、体重が減ってしまったので、たまには衣ものを食べるようにしている。
e0158857_17563831.jpg
朝はケツメイシの♪ 涙 ♪を聴きながら、腰に手を当て歌詞の切なさにウルウルしながら野菜ジュースを飲んでいる。
小松菜の自然の甘さが美味い。 おかげで冷蔵庫は小松菜だらけ。

藤田まことさんが亡くなり、TVでは追悼番組を流している。
東映の時代劇やヤクザ映画の名悪役、遠藤太津朗さんや萬田久子が脇を固めていた『京都殺人案内』が好きだった。
藤田まこと演ずる京都府警の音川音次郎警部、新劇出身の役者さんとは一味違った艶気のあるしなやかな演技、普段、京都撮影所で時代劇を撮っていた技術スタッフの現代劇への意気込みも感じられて楽しかった。

TVの連続ドラマは『北の国から』以降、ほとんど観ていない。
主人公の彼女が偶然、主人公と他の女性が楽しそうに歩いているところを見かけたり、偶然の産物ばかりで冷めてしまう。

何十年も寅さんみたいな恋ばかりをしていても、そんな人情沙汰になりそうな場面に遭遇したことはない。
一度だけ昔の彼女と東横のデパ地下で偶然に遇ったことがある、不思議と買い物をしている彼女の生活感溢れる姿を見かけると嫉妬に近い感情が湧いてきた。
お互いに何を喋っていいか判らず、しどろもどろ。
別れ際、
「うちの息子、野球チームに入っているんだ。キャッチャーやってる。雰囲気がWちゃんとなんか似てるの。困ったもんだわ」
彼女の息子の年齢は怖くて訊けなかった。 どうしてそんな後に引く話をするんだろう。
でも「・・似てきた」とは言っていなかった。

オリンピックも終盤になってきたがスピードスケートを観たくらいで、明後日のフィギアが少しばかしの楽しみ。
気がかりなのは結構好きな浅田真央ちゃんの姉・舞ちゃんの化粧が、濃く強めになってきたこと。
名古屋・栄のM本店の化粧品売場のおねえさんみたくなっている。
真央ちゃんの滑りより、お姉ちゃんのメークアップのテクニカルの方が心配だ。
by w-scarecrow | 2010-02-22 19:00 | そのほか | Comments(15)
Commented by tougei-mutsuki at 2010-02-22 20:08
いいですね〜3年で9キロ減・・・。うらやましい!
美味しそうなジュースですね。小松菜のジュースはジューサーで作るんですか?ミキサーじゃちょっと無理でしょうか。

Commented by hayatedani at 2010-02-22 21:10
どうして昔の彼女と会った時には
お互いの子供の話になるんでしょうねぇ
他の話題も無いんで、しょうがないことなのでしょうが

幸せそうに子供の話をしている姿を見て
昔 別れた時の負い目みたいなものが
少し帳消しになったような気がするのは
男の虫の良い話なんでしょうね








Commented by thank you at 2010-02-22 22:19 x
花粉症ですか?私もです。この時期なんだか鬱になります。まだまだ寒いせいもあるのかな~。元気の源は息子です(笑)。
さて3年に9kg、私はこの8年で5kg太りました(汗)。でもまだ洋服はなんとか着れています。これ以上ふとらないようトンカツは大好きだけど、最近食べていません。
Commented by w-scarecrow at 2010-02-22 22:26 x
mutsukiさん、ミルサーというIWATANIのひとり分用、ミルとジューサー併用のものを使っています。洗うのが簡単で優れ物です。
昼ご飯をガツンと食べて夜は軽く食べたり、全くたべなかったりで自然と体重が減ってきました。
豆腐が好きなので夜は湯豆腐、厚揚げとがんもの煮付けたもの、そんな大豆生活です。
川口江里さんの個展、東中野でやっているんですね。
うちの棚にはmutsukiさんの皿と川口さんの貫入の皿が並んで置いてあります。
Commented by w-scarecrow at 2010-02-22 22:45 x
疾風谷さん、そんな経験は一度だけなのですが、会った瞬間、時間の流れを互いに確認して、時計を戻さないように、戻さないようにと努力して、「じゃあ」と別れた途端に色々なものが甦ってきて・・。
子供がいない(と想う)ので、もしいたらおそらく子供の話をしていたのでしょうね。
疾風谷さん、「ZAKKA 土の記憶」といううつわ屋さんのHPで増田勉さんの2羽の鳥を描いた鉄絵小皿がupされているのですが疾風谷さんも好きだと想います。よかったら見てみてください。
Commented by 花子 at 2010-02-22 22:48 x
パーフェクトの滑りをという真央ちゃんが心配、見ている人が幸せになるような滑りをという明子ちゃんにホットします。
メダルも大切だけれど、自分の滑りを楽しんでほしいですね。
美好のお団子は安くて美味しいので、ぜひ買いにいらしてくださいね。
小松菜で痩せるのですか・・・メモメモ。
Commented by w-scarecrow at 2010-02-22 22:58 x
thank youさん、お久しぶりです。息子くんの野球の話を読みながら「がんばれ!ハムの選手になってくれ」と想っています。
花粉症、洗濯物はどうされていますか?天日で干したい!それが願いです。
週刊ベースボールでプロ野球選手名鑑が発売されています。7,8才の頃から今まで寝る前に頁をめくるのが習慣になってしまいました。息子くんにも見てくれるといいんですが・・。
ご両親は中華を食べに東京へ来られていないんですか。また記事を楽しみにしています。
Commented by w-scarecrow at 2010-02-22 23:14 x
花子さん、明子ちゃん満面の笑顔で頑張ってほしいですね。表現力すごいですもね。
花子さんの弓友からのコメントでも、写真でもなんもダイエットなんて要らないじゃないですか。
美好と以前行ったシュークリームの美味しい小さなケーキ屋さんと花子Blogに何度も登場する蕎麦屋さんに桜の頃、行ってみます。
烏山、見どころ食べどころいっぱいで楽しいですね。
また情報をくださいね。
Commented by hayatedani at 2010-02-22 23:21
HP見ました
Wさん さすがに良く解ってらっしゃる
大好きです ハイ
増田勉さんの鉄絵の器は「千鳥 UTSUWA」のHPでも
見たことがあります。
このさりげない鳥の描き方に魅かれます
こんな描きかたが出来たらなぁ~
Commented by w-scarecrow at 2010-02-22 23:32 x
疾風谷さん、見てくれてありがとうございます。千鳥でも刷毛目と鳥の鉄絵が出てましたね。
さりげない2羽の鳥と唐津っぽい風合いがいいですよね。
3羽以上いると「金妻」になってしまうので2羽です。
+小鳥。
Commented by yundes at 2010-02-23 23:17
花粉症、お大事に。
それにしても・・・カツ丼、めちゃくちゃ美味しそう!
どうしても食べ物に目が行ってしまう・・・(^^;
藤田まことさん、突然の死に驚きました。
小さい頃からTVで見ていた人が次々と亡くなっていく。
わたしの世代はちょうど、そんな時期なのかもしれませんね・・・実は5才の姪っ子が必殺シリーズが好きで
必殺のテーマ曲のCDも持っているしTVも毎週欠かさず見てるのです。
小さい子供までとりこにする藤田まことさんは凄い!
Commented by w-scarecrow at 2010-02-23 23:34 x
yundesさん、「京都殺人案内」は京都撮影所の時代劇ばかりを撮っていたスタッフの現代劇の素敵な作品です。
全編、キャストも京都(関西)弁でやっていてはまりました。
関西弁のドラマは東京ではon airされていなく、その行間がなんともいえず魅力的でした。
格好良かったですよね。それだけではなく男の切なさをこれだけ持っている役者さんいないですも。
Commented by w-scarecrow at 2010-02-24 00:07 x
yundesさん追伸;撮影の京都撮影所にだけ目がいってしまって済みません。
15才の時に初めて京都で食べた親子丼、東京の醤油色した丼ではなく驚嘆しました。半熟の親子丼。
そんな異食文化、やっぱ関西の食文化に圧倒されます。
Commented by Kirara at 2010-02-24 08:02 x
息子たちが小さかった頃 せがまれて戦隊ヒーローのショーを観に行ったら すぐ横に 子どもを肩車したパパが居て
ふと見たら 以前わたしにしつこく言い寄ってきた男でした(爆)


藤田まことさんの舞台「その男ゾルバ」を一度だけ見たことがありますが 芸の幅が広くて なんて素敵な人なんだろうって思いました。
必殺シリーズの中村主人はまり役でしたね。。。
Commented by w-scarecrow at 2010-02-24 09:37 x
kiraraさん、女性は立ち止まることはないんでしょうね。
肩車をしていたパパは昔のヒーローだったkiraraさんを見てドキマギしたでしょうね。
藤田まことさん、ほんと中村主水はそのまんまでした。
芝居をしない役者さんで緩急を持っていてすごかったです。