winter's scarecrow

おばんざい

e0158857_935413.jpg

山椒とたけのこ
e0158857_96073.jpg

いわしの紅梅煮
e0158857_98194.jpg

貝柱の旨煮

今日は朝から、いただきものの京のおばんざい。
平日、お洒落なLunchを愉しむという習慣がなく、席に座ってすぐに出てくるものばかりの食事になってしまっている。
躰の原動力は吉牛、CoCo壱、富士そばが私をつくっている。
e0158857_9165391.jpg

ちりめん山椒
e0158857_918549.jpg

出汁まきたまご
e0158857_9194194.jpg

ひのな漬け
e0158857_92187.jpg

中学生の時に長兄のところに大阪八尾から嫁がきた。
男ばかりの味気のない家にパッと明るい日差しが射したようで、片言しか会話の聞こえなかった茶の間に笑い声が響いた。

「夕飯はなに?」
「お芋さん、たいてあるわよ」
母の作る醤油色の芋の煮っころがしとわけが違う。 芋に敬語の「お」と「さん」が付いている。
いつか大人になって結婚するときは絶対、関西の女の人にしよっ。

関西熱は冷めることなく、浪人生の時も夜行列車に乗り京都の街へ何度か行くことに。
早朝、京都駅に着き三条河原町のイノダコーヒーへ。
京大近くにあったBluesの喫茶店へ行きたく、同志社前の市電乗場で大学生らしきお姉さんに行き方を訊いた。
エメロンシャンプーのCMソング♪振り向かないで 京都の人~♪が頭の中で流れ、振り向いた京都の人はトビっきりのべっぴんだった。
京都弁で行き方を教えてくれたのだが、目が点になっていて行き方は全く憶えていなかった。

「大学、京都に行くことに決めた。願書ももらってきたし・・」
「京都の大学?鉄かぶとをかぶって、ゲバ棒を振り回している学生ばかりじゃないの・・」
「それは昔の話」
「京都の女の人は冷たいって聞くよ。そう唐沢さんちのお嫁さんも確か京都、なにか冷たげな・・・」
いつものように話は全く違う方向へ。 末息子が何かを決意して熱く語るとき、カンのよい母は、この熱の原因は"女"であるとすぐに理解しているようだった。

デパートはチョコ商戦真っ只中、自分用に買いたいのだけど「プレゼント用ですか?」と訊かれたり、そっちの方の人だと想われたら・・と、いろんなことがよぎってしまう。
by w-scarecrow | 2010-02-06 09:28 | 食 + うつわ | Comments(10)
Commented by mei at 2010-02-07 02:09 x
お芋さんを炊いた母は、来週もう63になりますが今でも美人さんです。
いまだに東京の地理感はほとんどないみたいです。
この話を聞いたらきっと喜ぶだろうなぁ!
最近彼女は、女性ばかりの童謡コーラスの習い事をはじめました(笑)
「いつか孫に上手に歌ってあげるんだ」と言っていました。(ドキっ)

チョコレート買うときに「領収書ください」とか言うっていうのはどう?
あ、塩分の取りすぎに注意だよっ。
麩まんじゅうも美味しそう・・・♪
Commented by yundes at 2010-02-07 17:52
うちの食卓を見てるようです。
70代の母は煮物、焼き物、おひたしを繰り返し
作っています。毎日、この中のいずれかがおかずとして
登場してるのです。白い温かいごはんにはピッタリ!
京都のおばんざいは薄味ですが、うちは母が九州の出身のせいか薄味ではないですけどね。
京都のお漬物は大好きです。ひのな漬け食べたくなりました。
Commented by Kirara at 2010-02-07 19:40 x
東男と京女・・・って言うぐらいだから 相性良いと思いますけどね^^
この時期のチョコレート売り場は楽しいですよね。。。
私も自分チョコ探しにいってみよ~っと♪
Commented by w-scarecrow at 2010-02-07 20:42 x
meiのお母さんの20代は(今も)キレイだったよ。
一緒に歩くのが照れくさかったも。
童謡専門のコーラスなんてあるんだ?
今日はお祖母ちゃんにあんみつを届けに行ってきたよ。
立田野じゃなきゃイヤなんだって。バレンタインのチョコは買った?ハートマークはダメだよ。割って食べるんだから。
Commented by w-scarecrow at 2010-02-07 20:52 x
yundesさん、こんばんわ。
お母さん、手間のかかる料理をちゃんと作られているんですね。
納豆を食べてからおばんざいを食べると全部納豆の風味になってしまいダメです。
九州出身の方だから少し甘い味付けになるんですね。
関東も甘濃いですよ。出汁のきいた薄味がいいですね。
漬物も食べた~!
Commented by w-scarecrow at 2010-02-07 20:59 x
kiraraさん、こんばんわ。
和菓子売り場でほうじ茶のチョコがあったんです。
食べてみたいですよね!
ただ今の時期、女の子ばっかのところでなかなか買う勇気がないですね。でも2/14が過ぎてほうじ茶チョコがなくなったら悔しいです。
kiraraさんは本命チョコは買いました?焼酎ボンボンはないですかね。なにか名古屋には変わったチョコがありそう。
Commented by チューリップ at 2010-02-08 11:11 x
どれも身体に優しくおいしそうですね。
京都出身の祖母の料理を思い出します。
なかでも大好きだった祖母の散らしすしは基本レンコン・おじゃこ・高野豆腐が入るのですが、どれも薄味で、白っぽい色に仕上げるため、酢飯と見分けつかないのが特徴でした。
見分けがつくのは、田舎すしだ!・・・と主張してましたが・・・それが京料理の本髄なのか?祖母のみのこだわりだったのか分りません(^^;)

私も短大時代、京都まで通っていました。
しかし、あの頃は欲がなく、京都を見て歩く感性がなかった・・・もったいなかったですね。
今になって月一度くらいお友達と京都に出向くようになりました。

バレンタインに焼こうと思っていたハート型のシフォンケーキも穴があいていて、ハートマークが壊れるからやはりだめでしょうか(^0^;)
Commented by w-scarecrow at 2010-02-08 20:13 x
チューリップさんのお祖母さんが作られたちらし寿司が目に浮かびます。
こんな綺麗な色合いのちらし、箸をつけるのがもったいないと思ってしまうのでしょうね。
京野菜をつかって色のアクセント、代々受け継がれてきた食のセンスなのかもしれません。
京都の大学も郊外へと移転しているのかもしれないですが、市電と学生街の雰囲気が大好きでした。
ハートは割ってはいけません。
Commented by 花子 at 2010-02-11 17:02 x
卵さんが綺麗ですね~。ちりめんさんも優しげです。
「さん」をつけただけで、自分も優しい気持ちになりますね。
義理チョコの売れ行きが悪いらしいです、今は自分のためにチョコを買う女性が多いとか。
義理でも男性は嬉しいものなのでしょうか?
Commented by w-scarecrow at 2010-02-11 19:05 x
花子さん、こんばにゅあ。
まだTVで「てなもんや三度笠」とみやこ蝶々さんの番組でしか関西弁を聞くことのなかった時代、食べ物に「さん」を付けるのには驚きました。
今年はバレンタインは日曜ですもね。義理でもチョコ好きには嬉しいです。
昔のパラソルのチョコやウイスキーボンボンだったらなお嬉しいです。
花子さんも同じ部署の人たちには渡すんですか?大変ですよね。