winter's scarecrow

あれは春だったね

e0158857_17162935.jpg

e0158857_17174484.jpg

X'masの昨夜、街は意外と整然としていた。
とんがり帽子をかぶってヘベレケに酔っぱらっているオジさんたちの姿は遠い昔のこと。
e0158857_1722930.jpg

デパ地下だけはごったがえしていた。
新宿のしょんべん横丁は30代のカップルやグループが多く、結構、賑わっていた。
もちろん草食系カップルはいない。
e0158857_17301882.jpg

e0158857_1731394.jpg

e0158857_17325237.jpg

下北沢に来ても普段の夜と変わらず、若者カップルはファーストフード店やCafeへ。
オジさんたちが見当たらない。
e0158857_17374545.jpg

e0158857_1935218.jpg

e0158857_17391410.jpg

子供たちもマックやケンタッキーへ。

和食屋さんへ行った。
ここでは50代、60代の夫婦づれが何組か食事をしていた。
「六本木ヒルズあたりは若い人たちですごかったわよ」とオバちゃんは生カキをつっつきながら話していた。

私の学生時代のX'mas、男女10人くらいで渋谷の無国籍料理屋でワイワイやっていたことがある。
この日ばかりはとワインやHeineken Beerを呑んでスペアリブやカタツムリを食べて、普段呑み慣れないものや食べ物を食べたので変な酔い方になって、悪酔いして・・・。

「もうすぐ、アパートだから我慢しろ・・」
「もう、無理。ここで寝る、大地と寝る・・」
「折角のコートが台無しだぞ。泥だらけになっちゃう・・いいから起きな、車も来るし」
「大地になる・・オエッ・・」
「その水は飲んじゃダメ! 猫よけのペットボトルだぞ!いいから立って」
「わたしは水になるっ・・オエッ」
そんな夜明け前のよくあった光景。 

若者たちのこんなおバカな光景は街では見れなくなってきたのかもしれない。 

奥田英朗の小説『東京物語』は名古屋から出てきた大学生の80年代の青春が描かれていた。
Eric ClaptonもTom Waitzも素通りしてしまう退屈な街を捨て、憧れの東京へ。
ジョン・レノンの射殺、キャンディーズの解散コンサート、先輩への恋、失恋、酔っぱらいオヤジとの絶妙な会話。
ケイタイのない時代の人との出逢い、係わり、いろいろなものに影響を受け、つまづき、名も知らぬ人の言葉に救われる。 
誰もが通ってきた時代を風のように綴っていた。
e0158857_18294282.jpg
 
ケイタイが心を通わせるツールになった時代に育った彼らの青春。
覗いてみたい気もする。

それにしてもオジさんたちはこの惑星のどこにいるんだろ? 街に出ようぜ。
by w-scarecrow | 2009-12-26 18:46 | 散歩 | Comments(6)
Commented by hayatedani at 2009-12-26 21:40
オジサンたちは山に芝刈りにいっておりました
w-scarecrow さんの写真を見ると、都会の美しさ
再認識してしまいます
個別の建物はけっして美しいものではないのでしょうが
建物や明りや広告や人波などが複合した、そんな美しさ・面白さって
ありますよね
w-scarecrow さんの写真を見ていると、オジサンも都会に出ようって思いました。
Commented by kirara at 2009-12-27 08:07 x
どこか 遠い外国の風景のようにも見えますね。
地方に住む人間から見るとやはり東京は異空間で眩しい限りです^^

おばちゃん達はどこにでも出没していますが
そういえばおじさん達はいずこに???
かつて都会に住んでいたおじさん達はもしかして田舎に移動しちゃったのかな(笑)
Commented by w-scarecrow at 2009-12-27 09:16 x
疾風谷さん、平凡な画を記録として撮っているような感じです。
ときたま偶然でこんな色をしていたんだというときがあります。
これからも人々と街を撮っていきたいと思っています。
でも人の場合、Blogに載せることが難しいですよね。
オジさんたち、街に出ましょう!
Commented by w-scarecrow at 2009-12-27 09:29 x
kiraraさん、おはようございます。
下北沢、三軒茶屋などは都会というよりどこにでもある下町の風情を残した街です。
30代~50代のオジさんたちは夜の街から消えました。
寄り道をせず真っすぐ家に帰っているのでしょうね。
これから正月にかけて東京の街は嘘のように人がいなくなります。
Commented by 花子 at 2009-12-29 01:02 x
内緒ですが、お酒大好きのまりえさんには今までよく無事だったと思うほど数々の逸話があります。
そこまで飲めない私にはそれが羨ましくもあり、逸話のひとつも残してみたかった。
三茶のおもちゃ屋さん、なくなってしまったのですね。
欠けた風景が寂しいから、オジサンたちは街から消えてしまったのかもしれません。オジサン、ガンバ!
Commented by w-scarecrow at 2009-12-29 02:11 x
花子さん、内緒にしておきますがMarieさんのラテンのパワーをMarie Blogを見たときに感じました。
食べ物でも一品だげ、そそとお皿の上にのっている写真がなかったですも。
先日のMarieさんと行かれたスペイン料理と白ビールのヒュウガルデン、結構マッチしているなと想いました。
花子さんは酔ったら、ネコ、ヒツジ、トラ、杉田かおる、どれになるんだろ?
三茶の三角地帯のおもちゃ屋ですか?
お酒は情緒を肴に呑むので、淋しいですね。 
たまに浜田屋のパンが食べたくなってきますね。