winter's scarecrow

いちょうとオカンと、ときどき・・

「とめてくれるな、おっかさん、背中の銀杏が泣いている、男東大どこへ行く」
'60代後半の学生運動の嵐のなか、東大生であった橋本治が詠った有名なコピー。
e0158857_1505190.jpg

断酒をして3週間、あまりにも胃腸の調子が良く、目覚めもすっきり。
朝、8時近くトコトコと東大駒場キャンパスへの散歩。 空はエーゲ海のような真っ青な日本晴れ。
日曜日の朝なのに結構、学生の姿があった。
黒っぽい上着に、髪の毛がメガネをかくすくらいにセットして45度下を向いて歩いている、いかにも東大の男子学生。
どう見ても「希望」という二文字が似合わない。
そんなことを考えながら歩いていると、ブーツのコトコトという足音が複数、迫ってくる。
どう見ても東大生に見えないお姉ちゃんたち5人がガムを噛みながら追いこしていった。 全員ブーツ。
テニスコートの前で東大の中ではそこそこイケてる男たちがテニスウェアーでブーツ軍団を迎えていた。
イケてる男たちは将来結婚するとき、全く別なタイプの女の子を選ぶんだろうな~。
と、ブーツのお姉ちゃんたちに、ちょこっとシンパシーを感じながらの帰宅。
e0158857_1523581.jpg

                                              【器・松村英治(常滑)焼〆8寸皿】

朝食はアジの塩焼きに大根と揚げの味噌汁。 肝臓には大根が良いと聞き、最近は大根ばっか。
ぎんなんが良いと聞いたら、きっと毎日拾いに行っている。

宮澤賢治の童話に"いちょうの実"という作品がある。

        その明け方の空の下、ひるの鳥でも行かない高い所を鋭い霜のかけらが風に流されて、
        サラサラ南の方へ飛んで行きました。
        実にその微かな音が丘の上の一本のいちょうの木に聞こえるくらい、澄み切った明け方です。
        いちょうの実はみんな一度に目をさましました。
        そしてドキッとしたのです。
        今日こそは確かに旅立ちの日でした。 
        みんなも前からそう思っていましたし、昨日の夕方やって来た二羽の鳥もそう云いました。
           ◆以上、序文◆
ある朝の情景から始まる物語。 いちょうの実(子供)たちの旅立ちの日、母親である銀杏の木のもとを一斉に
離れる日がやってきた。
いちょうの実の一つ一つが、それぞれ夢を抱いて旅立ちの時を待ちます。
ある者は冒険を夢見て、ある者は不安に押し潰されそうになり、ある者は慌てて準備を整え、
そしていよいよ朝日がその時を告げるのでした。

自然をモチーフに親子の情愛を描いた賢治のこころ温まる一作。

夕飯はたぶん、大根おろしにご飯。 
そうだ、お見舞いにKちゃんから大分のでっかいどんこを頂いたんだ。
高野豆腐があるから、椎茸と煮付けよう。

e0158857_15594218.jpg

可愛いシールが箱に貼ってあったので、ちゃんととってある。
以前、身体を壊したときは"ホンコンやきそば"というインスタント焼きそばを頂いた。
そんなありがたい気持ち頂きます。 ありがと。        
by w-scarecrow | 2009-11-15 19:00 | 散歩 | Comments(10)
Commented by oko1225 at 2009-11-15 21:57
いちょうの木(胃腸の気)が
そして落ち葉がいいですね。
↑立派な干し椎茸~♪
一晩しっかり水に戻しその戻し汁で吸いだしを作り
卵をおとして(潰さずに煮たまごに)
卵の吸い物にしたら香りも良く美味しいですよ...
鹿児島では卵が1個はいった吸い物は
特別な意味があるんですよ...(^^;)
Commented by hayatedani at 2009-11-16 07:34
モノトーンの8寸皿に赤いもみじと黄色い紅葉
鯵の塩焼きとの絶妙な色合いに
絵画のような趣がありますね

お体の調子はいかがですか?
Commented by w-scarecrow at 2009-11-16 11:25 x
okoさん、卵を一つおとしたお吸い物、いいですね。
鹿児島ではどんな意味があるんだろ?
卵は貴重品だったから、出産時の妊婦さん、西郷さんが最後の
戦で食べた?から、出征、出陣の時に食べるもの?
了解しました。おとし卵やってみます。
Commented by w-scarecrow at 2009-11-16 11:33 x
疾風谷さん、朝から病院で毎回の血液検査をして先程戻って
きました。 数値が徐々に下がってきています。
お酒を呑むのは来年になってからだと想います。
寒くなると好きな黄瀬戸や志野の皿が温かみがあって嬉しい
のですが、いいなと思ったものは高くて手が届きません。
疾風谷さんの作品のonline shopをやってくれませんか!
Commented by Kirara at 2009-11-16 18:57 x
あじの塩焼き!!なんて美味しそうなんでしょう!!!
どんこも立派ですね~~♪

いちょうの子どもたちのお話しつながり(?)で
ふと アンデルセンの「5粒のエンドウ豆」のお話しを思い出しました。
世の中に飛び出していくって覚悟が要りますよね・・・。
Commented by こたりん at 2009-11-16 21:12 x
体調、よくなってきてるみたいで安心しました。
わたしも、先日イチョウを見に行きました。
宮沢賢治の童話、いいですね。全部読んでみたくなりました。。。
Commented by w-scarecrow at 2009-11-16 22:33 x
kiraraさん、アンデルセンの豆(実)と銀杏の実の共通点がありますね。 検索してみます、エンドウ豆。
僕は小さい頃から童話とマンガは殆ど読んだことがなく、童話を
読み始めたのは大学生になってからなんです。マンガは全く。
小さい頃の感性で読みたかったなと後悔しました。
アジの塩焼き美味しかったですよ。 
民宿で出るような朝飯を心がけています。
Commented by w-scarecrow at 2009-11-16 22:41 x
こたりんさん、こんばんわ。
肝臓はものを言わない臓器なんで怖いです。もういつでもお酒を
呑めるような具合なんですけど、大晦日までは我慢です。
こたりんblogでのイチョウのupは次回ということで楽しみです。
賢治の童話は没後発表されたものが殆どで、賢治worldに
浸る秋の夜長もいいですよ。またデトックス教えてくださいね。
Commented by 花子 at 2009-11-16 22:41 x
美しい鯵、焦げ目も美しく料理の一部にしてしまうのは和食ならではですね。
鯵と紅葉と丸皿に漂う緊張感、頂くのがもったいないです。
賢治の童話は悲しいものばかりと思っていましたが、こんなに温かい作品もあったのですか。
読んでみますね。 このお食事なら元気になります! お大事に。
Commented by w-scarecrow at 2009-11-17 01:26 x
花子さん、ありがとうございます。
賢治の童話で「おきなぐさ」というのがあり、「いちょうの実」と同じような童謡なのですが、同じ岩手の遠野の民話と流れるものが近いのか悲しいものが多いかもしれません。
朝の東大散歩で枯葉はいっぱいあったのですが、モミジがなくて
掃除をされている方に訊いてやっと見つけました。誰もいなかった
ので先っぽのほうを10cmばかり・・。