winter's scarecrow

記憶のなかの風景

e0158857_19292392.jpg

         記憶のなかから決まって現れる風景がある。
         坂のある路地の風景である。
         坂道は途中から少し右に曲がり、その先に何があるか判らない。
         子供の(今の)私はその坂の上に立っている。
         坂を見下ろすように立っている。
         しかし坂が曲がっていて先に何があるのか判らないので、不安になって
         どうしてもその坂を降りてゆくことができない。

         夢によく出てくる坂道。
         東京の坂のある道を歩いていてデジャヴュのように現れる。
         その坂は本当に子供の私が見た風景なのであろうか
         それとも子供のころの記憶として成長してゆくなかで人工的に
         作ってしまった記憶なのか。
         それを確かめたかった。

         長い坂の上にあった女子修道院の幼稚園。
         坂の下で私がちゃんと門をくぐるまで見送ってくれていた自転車に乗った父の姿。
         でも、あの坂は真っすぐにのびていた。
         小さいころ、父によく連れていかれた町をあらためて歩いたことがある。
         下町で手焼き煎餅屋を営んでいた伯母の家、前に堤防はあるが坂道はなかった。

         母にその話をしたことがある。
         ある日、母から電話がかかってきた。
         もしかしたらお婆ちゃんの住んでいた国分寺から電車に乗って行った町かもしれないと。
         その町はお婆ちゃんのお葬式にしか行ったことのない町。
         まだ開発されていない造成地が多かった町。 幼稚園生の私は父に連れられて行った。
         スタスタと自分の歩幅で歩く父を坂道で見失ったのかもしれない。
         お婆ちゃんのお葬式、もしかしたら夢にみる坂道は黄昏どきのその坂道だったのかもしれない。

東京は昼間でも12℃の気温、鍋の材料を買ってきた。
きのことハマグリをいっぱい入れた。 Queen's 伊勢丹で鴨の皮だけをパックに入れて売っている。
これが、いい具合の出汁になってくれる。 雑炊が楽しみだ。
[PR]
by w-scarecrow | 2009-11-03 19:35 | my back pages | Comments(9)
Commented by 花子 at 2009-11-03 21:19 x
今夜、我が家は牡蠣鍋でした。 お鍋が恋しい寒さでしたね。
お加減はいかがですか? 
人間は記憶=思い出があるから生きていかれる、っていいますよね。
おばあ様のこと、お好きだったのですね。
大好きな人に係わることはいろいろな形で覚えているのかもしれませんね。
Commented by w-scarecrow at 2009-11-03 23:32 x
花子さん、いいな~牡蠣鍋。
鍋をやるときにいつも思うのですがマイタケを入れると
鍋全部がマイタケの香りになってしまいます。
前に出過ぎですよね。
弓道大会、肩は大丈夫でしたか?
今日は久しぶりに15分の距離を自転車で行ったのですが駄目でした。
フラフラ状態。
優しかったお婆ちゃんのことが、ずっと残っているのかもしれません。
Commented by hayatedani at 2009-11-03 23:39
私が小さい時に夢で見た記憶は「階段」です
建物の中のながい階段を、私が登っているのか下っているのかは
解りません
この記憶は本当に自分で見た記憶なのか今でも解りません

我家も今日は鍋でした
寒い日は皆さん 鍋なんですね
Commented by w-scarecrow at 2009-11-03 23:56 x
疾風谷さん、廃墟の中の階段。 何か怖いですね。
ツッペリンの♪天国への階段♪ マイルス・デイビスの♪天国への
7つの階段♪、階段のつく曲は名曲が多いですが。
幼児体験の中にきっとあるんでしょうね。
疾風谷さんは自分で作陶した鍋ととんすいで食べられて羨ましいです。
絶対、旨いですよね。
Commented by Kirara at 2009-11-04 06:40 x
坂道の風景ですか。。。東京に行くと坂道が多いな・・・と思います。タモリじゃありませんが坂道ってなにかしら深い物がありますよね。
私もデジャブ経験あります。
ちょうど今ぐらいの時期に みなとみらいで見た富士山なんですけど 夢で見たとおり設定で赤富士を見たんですよ~!!
Commented by w-scarecrow at 2009-11-04 20:43 x
kiraraさん、真っ赤に染まる富士山、ずっと心のどこかに潜んで
いたきっかけは何なんでしょうね。
デジャヴュ経験って結構ありますよね。
初めての町に行って以前来たことがあるって感じるときって。
東京の山手線内は坂道が多いですよ。
今度、来られたときは是非坂道散歩をしてくださいね。
旧××藩、上(下)屋敷跡周辺とか風情が残っていますよ。
Commented at 2009-11-05 17:43
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by こたりん at 2009-11-07 14:17 x
わたしも記憶の中にだけある風景があります。wさんのように具体的ではないですが。。。
思い出せそうで思い出せないってなんだかもどかしいです。
冬はやっぱり鍋ですね。美味しいもので栄養をつけてくださいね。
Commented by w-scarecrow at 2009-11-07 18:49 x
こたりんさん、夢の中だけの「また此処の場所だっ」と想うときって
結構ありますよね。
でも、どこかで一度は見ている風景のような感じがして・・。
色々な画がmixしているのかもしれませんが、確かめたくなるときが
あります。
栄養つけるけんね。