winter's scarecrow

今日まで、そして明日から

e0158857_16431167.jpg

京都・一善や 石臼挽き抹茶ロール
先週、西武池袋本店でやっていた京都名匠会で買いもとめた抹茶ロール。
渋みのある抹茶ロールもあるが、これはスポンジとクリームが抜群なバランスで甘さ加減もちょうどよかった。
物産展は初めての味や手工芸品に出会うことができるのでワクワクする。
人気の北海道展はこの時期、毎週どこかのデパートで開催されている。
e0158857_16532742.jpg

いただいた高知・針木産の新高梨。
幸水や豊水よりも酸味が少なく、果肉がきめ細かいように感じる。 旨かった。
砲丸投げの選手にプレゼントをしたら喜ばれそうな大きさ。 ハンマーの室伏選手の首の太さくらいはある。
e0158857_1712364.jpg

奈良県室生寺で作陶されている尾形アツシさんのダイナミックな片口に盛ってみた。
片口は作家さんの個性が強く出ているものが多く、つい買ってしまう。
部屋で日本酒を呑むことはないので、注器としては使わずそーめんやとろろを入れたりしている。 
これがなかなか風情があっていい。
e0158857_1893769.jpg

有名な加茂みたらし茶屋のみたらし団子。
下鴨神社前に天正11年(1583年)に創業。 戦国武将や幕末の志士や新撰組も食べていたかもしれない。
甘醤油だれは関東のみたらしより、濃くしっかりとした味のように感じた。 甘くない。
焼酎を呑みながら5本を食べつくしたら、夕飯が食べられなかった。 焼酎にピッタシのみたらし団子。

今朝、TVを見ていたら久しぶりに菅原文太さんが映っていた。
飛騨で農業をしている。 熱く今の農業について語っていた。
私が初めて映画用の脚本を書いたとき、どこから辿りついたかは判らないが菅原文太さんの手元にあった。
直接、文太さんから電話があった。
「wさん、電話だよ・・菅原って言ってたけど、暗~い感じの人、男ならはっきりと喋れ!」
当時の同居人が電話を取り次いだ。
文太さんの銀座にある事務所で脚本の感想、製作予算やこれからの映画製作の形など、あの語り口で聞かせてくれた。
2度目に書いた脚本のときも文太さんが動いてくれた。 仙台一高時代の仲間や新聞社の経営者、元東映の方々を紹介してくれ資金集めに協力をしていただいた。
充分な製作費は集まらず頓挫をしてしまったが、今でも感謝の気持ちは忘れない。
文太さんの息子さんが小田急線・下北沢の踏み切りで事故(自殺)で失くして以来、表舞台にはなかなか出てこなくなったが、TVで見た文太さんの渋みのある風貌は益々輝いているように感じた。
優しい語り口は強く詰まった年輪の厚みを感じた。
[PR]
by w-scarecrow | 2009-10-23 22:00 | 食 + うつわ | Comments(4)
Commented by Kirara at 2009-10-24 09:35 x
菅原文太さんは 渋い俳優さんの代名詞のような方ですね。
役柄の上でも 実生活でも人情を大切にされる温かい方なんですね。
抹茶ロールの渦巻き 完璧ですね!!
ロールケーキ。。。急に食べたくなりました^^
Commented by w-scarecrow at 2009-10-25 15:24 x
kiraraさん、風邪で2日間ずっと布団の中、今も。遅くなりました。。
文太さん、いつまでもラディカルなまま年を重ねているようなきがします。。
いつも前に進んでますも。
kiraraさんは京都へ行くことが多いので"一善や"是非、寄ってみてください。
Commented by 花子 at 2009-10-26 22:31 x
お風邪、大丈夫ですか? そろそろチャリンコ散歩も寒くなりますね、お大事に。
京都のお菓子はどれも繊細で見た目も味も上品、絵になりますね。
文太さん、最近CMでお見かけしたような・・、まだまだご活躍していただきたい方です。
Commented by w-scarecrow at 2009-10-26 23:02 x
花子さん、現在のところ4日間酒を呑んでないという20歳をすぎて
からの新記録を作っています。まだ記録が延びそうです。
水曜から京王で九州・沖縄物産展があります。
楽しいですね、新しい出会いが。
文太さんがProducerとして違う視点のものを作ってもらいたいです。