winter's scarecrow

日幡光顕 備前宝瓶

e0158857_13482464.jpg


備前焼の研究家でもあった日幡光顕氏の宝瓶。
日幡光顕は1920年(大正9年)に伊部天津神社の宮司の家で生まれ、ご自身も元神主さんであった。
備前の特徴である胡麻、桟切、窯変した素地の渋い味わいが楽しめる。
2002年に逝去されるまで茶器や花器などを中心に作陶されていた。


e0158857_142322.jpg

宝瓶の銅の部分全体に謡曲『高砂』の歌詞が書き込まれている。
今は殆ど結婚式などで聞くことはないが、長寿や夫婦愛を謡っている。
どちらも縁はないが、かぶせ茶を淹れながらうつわを眺めているのも楽しい。


e0158857_1495531.jpg

日幡光顕『丹波湯呑』
黒飴釉の上に灰釉が施され、幽玄な景色が配された湯呑である。
秋空の遠い雲を追いかけながらの至福の一服。

一昨日から老母は私の姪っ子の家に泊りに行っている。 今日は曾孫たちの幼稚園の運動会。
何日も前から楽しみにしていた。
姪っ子が母(祖母)を連れて北海道や京都、箱根などへと旅をしてくれる。
息子としては本当にありがたく、頭が上がらない。
4,5年前に箱根に連れていってもらったときは温泉卓球で母は姪っ子を破ったらしい。
また卓球台のある所へ行きたがっている。 目指せクルム伊達。
昨日、姪から写メールが送られてきた。 奥高尾の鶏料理で有名お店で食べているらしい。
どんな料理なのかと興味深々で開いたら、満面の笑みをした母の顔写真だけだった。
ありがとう。
[PR]
by w-scarecrow | 2009-10-10 20:41 | うつわ | Comments(6)
Commented by hayatedani at 2009-10-10 21:58
この宝瓶はすばらしいですね
備前なんでしょうが、いわゆる備前焼きらしくない
作為があるようで 人間が考えた作為なんて火と窯が焼き飛ばした
そんな作為の無さもある
窯変も見事です
こんな宝瓶で入れたお茶
美味しくないわけが ありませんね
Commented by w-scarecrow at 2009-10-11 11:56 x
疾風谷さん、作為が窯のなかで焼き飛ばしたとの表現、
陶芸をやったことのない私でも、納得してしまいます。
作陶される人も、使う人も窯変という炎のいたずらが
楽しいっですよね。
使えば使うほど表情が変わってゆく備前、美味しいお茶が
飲めます。
Commented by 花子 at 2009-10-11 21:30 x
赤く熟れたほうずきは備前と並ぶと優しく、流れる雲のような景色の湯呑と並ぶとハッとするような美しさです。
器の紹介だったのに目がいってしまったのはほうずき、自然の色はいいですね。
姪っ子さん、いい方ですね。うちの姪にも聞かせたい話です。
Commented by hayatedani at 2009-10-11 23:20
w-scarecrow さんの問いかけに一日考えていました
ご返事遅くなって申し訳ありません。

今のお気に入りは、作陶中ということもありやっぱり鼠志野なんですが、だからと言って一番好きかというと そうでもないんです。
下手なりにながく陶芸をかじっていると、同じ焼きものばかりだと飽きがくるもので、そのときその時でお気に入りが変わります。
それでも一つといえば、やはり唐津なんだと思います。
福岡に単身赴任中に始めた陶芸も、初めて買った焼きものも
唐津焼きだったもので、唐津焼きには思い入れがあります。
唐津焼きの古窯もいくつもバイクでまわったり、陶片を拾って一喜一憂してみたり…。
私の焼きもの狂いの根っこはいつも九州にあるようです。

私の作品など とてもw-scarecrow さんのような目利きの方のお眼鏡にかなうものではありません。
見た目はちょっといけてても、轆轤がへたで とっても重いんですよ。
いつか九州の窯元めぐりにでも、ご一緒したいですね。
Commented by w-scarecrow at 2009-10-12 09:51 x
花子さん、姪っ子にはほんと感謝しています。
普段も「お婆ちゃん、元気?」と電話をかけてくれているみたいです。
花子さんちの甥っ子だって柿の収穫をちゃんと手伝ってくれたじゃないですか・・。
自然の色と土物、調和がとれていいですよね。
Commented by w-scarecrow at 2009-10-12 10:09 x
疾風谷さん、おはようございます。
いつも、呑んで帰ってきたときはblogの返信を書かないようにしているのですが、たまに書いてしまいます。
次の日に読み返すと、意味不明な内容でこれは失礼だと想い、
書き直してしまうことが多々あります。
私は陶芸を一度もやったことがないので、blogにupした作品に
説明書きをするのは辞めた方がいいのかな?と後ろめたい気持ちになります。
感じたことだけを書けばいいのですが・・。
疾風谷さんのblogを眺めていて、やわらかさと鋭い感性を感じて
見ていて楽しい気持ちにさせてもらっています。
いいですね、唐津の旅。 古唐津の味わい好きです。
失礼な言いまわしがあったら、ご容赦ください。
疾風谷が蓋物を作ったらすごく楽しい作品ができるのではと
いつも想っています。