winter's scarecrow

『 泣かないで 』

e0158857_1849084.jpg
母よ母よ
たうとうあなたは間違へてしまった
毎日みてゐる娘の顔を
<この子は早く母親に死に別れて
 わたしが子供のやうに育てたのよ・・・>
死んだ末の妹と間違へたのか
嫁に行った孫と間違へたのか
 
それから台所のすみにうづくまって
オイオイ泣いた
<何もわからなくなっちゃった
 何もわからなくなっちゃった>

わたしよ
鏡ののなかに 一本づつふえてゆくシラガを
そんなにもやすやすと じぶんにゆるすのなら
(まして)
老いてゆく母をゆるさねばならない
母が老いてゆくこと を―

あなたにはじめて腕相撲で勝ったむかし
わたしは笑ひながら
たくさん泣いた
けふはあなたが泣いたので
わたしは笑はうと必死だったのだ
<まあ奥さま 冗談ばかりおっしゃって・・・>

追ひこされることは ちっともつらくない
甥っ子と 海で 石投げをすると
はじめはわたしのほうがとんだ
それからだんだん
キャッチボールのとき わたしの手がいたくなって
ある日 彼のボールがとれなくなった
丁度あのころ
わたしはあなたを追ひこしたのだ
腕相撲に勝ったのは ほんとにつらかった

けれど今
あなたはわたしを もう一度追ひこして
ずっと先の方へ 行ってしまった
あなたが三分で忘れることを
わたしだって三日で忘れるのだから
永遠のなかでは たいしてちがいはない

母よ
時間が夢のやうに流れて
いとしいものがごちゃまぜになって
うらやましいわ

泣かないで

ほら わたしのシラガを ぬいてください
いつものやうに

吉原幸子詩集<花のもとにて 春>より

酒屋の遷都くんみたいなオヤジの向こうでキリンの発泡酒を持った内田恭子のポスターが見えた。
キリンは辞めた。
アサヒは"めざましテレビ"のお天気キャスターの愛ちゃんがCMをやっているのでアサヒも辞めた。
今、サッポロの発泡酒を呑みながらPCに向かっている。
滝川クリステルが最近、90度左を向いて喋らなくなったな~と思って寝たら、寝違えて首が回らなくなってしまった。
夕飯を作るのがシンドイので今日はDominoの辛いハラピニオの入ったスパイシーデラックスにしよう。
回らない、首が・・、頭が。
先日、老母が「お前はいつからそんな髭をはやしているんだい?」と訊いてきた。
「18からだよ、剃ったのは22歳のときの一年間だけだったよ」
「・・・・」
[PR]
by w-scarecrow | 2009-09-29 19:39 | | Comments(4)
Commented by Kirara at 2009-09-30 09:49 x
母でいる時間・子でいる時間 地球の長い歴史の中では
ほんの一瞬の出来事なんでしょうね。
私は以前 初めてローカルTVに取り上げていただいたとき
TV画面の中の自分が子どもの頃良く面倒をみてくれた
親戚の叔母さんそっくりで 倒れそうになりました(笑)
Commented by 花子 at 2009-09-30 16:26 x
「永遠のなかでは たいしてちがいはない」、この言葉、響きますね。
老いゆく父は今何を考えているのだろう、と思うことがあります。
死への不安なのか、母の元へ帰る安らぎなのか、確かなことは誰もがいつか自然に帰るということ。
最近母に似てきたと言われ、やはり同じ道を歩いているのかと思いました。
落ち着いた品のいい明るい帯締めですね、背筋の伸びたお母様のですか? 
Commented by w-scarecrow at 2009-09-30 20:28 x
kiraraさん、兄たちを見ていると風貌だけでなく仕草が亡父に
そっくり。 なんでなんですかね。
従兄もやたらと男が多いですがやはり似ています。
確かに一瞬の間かもしれませんね。
いつまでもずっとその影を追っています。
Commented by w-scarecrow at 2009-09-30 20:46 x
花子さん、帯と帯締めはお袋の好きなやつを使わせてと頼んだのですが、着物と合わなくて・・踊りをやっているので着物数だけは多いんです。ただ一枚一枚出すのが労力がいりますね。
お袋は姉だけには死への不安を口にするみたいです。80を超える頃が一番不安だったみたいです。
花子さんのお父さん、不安や弱音は子供たちには言えないでしょうね。
特に弟さんには。
実家に帰ったときは「あの時代はどうだったの?」と色々なことを
想い起こさせるように質問ばっかしています。