winter's scarecrow

祭りのあとの淋しさは・・ 

e0158857_1828297.jpg
世田谷区にある北沢八幡宮の秋祭りへ。
近くに住むKさんとタコ焼きを食べ、ぬるい缶ビールを呑みながら
境内を往き交う人々を眺めていた。
陽が落ちるころになると、秋の風が心地よい。

秋祭りの頃になると想い出すことがある。
小田急線沿線のBarに一週間に一度、決まった時間に広いカウンターでひとりで呑んでいる子がいた。
30歳を少し過ぎた大きな目をした綺麗な女性。

昼間は事務の仕事をしていて、週に2度Jazzを歌っているらしい。
Live Houseではなく、どこかのお店で歌っていたみたいだ。
Nちゃんという名の子、沖縄民謡の一家に生まれたらしい。
彼女の歌う民謡を聴いたことがあるが見事だった。

沖縄返還後の幼い日、車の右側通行が夜の0時をもって左側通行に変わる日、歩道橋からその光景を眺めていたらしく、その話を昨日のことのように楽しく話していた。
米ドルから円に変わったときの戸惑いも。

それから話をする機会が多くなった。 
限られた時間を目一杯楽しんでいるようだった。
Nちゃんは友達を連れて私の部屋に、沖縄料理を作りにきた。
手際よく何品も料理がテーブルに並び、泡盛で会話も弾み、うちにある沖縄民謡のCDの『東崎』(あがりざち)をかけたら、急に時間が停まったかのように、Nちゃんの目から大粒の涙が流れだした。
沖縄の言葉で与那国島の情景を謳った曲である。

Nちゃんの住んでいるマンションは普通のOLの住める部屋ではなかった。
誰かの陰を感じたが、そんなことを話題にしても美味しい酒は呑めない。

それから、7,8ヵ月後、秋風が吹きはじめた日、
「もっと、みんなと早く知り合いたかった。私、生きてきたなかで、この一年間が一番楽しかった」
水泳の岩崎恭子ちゃんみたいなことを言いだした。
「沖縄に帰ることにしたんだ・・」と、また大粒の涙を流しはじめた。
「ちょっと待って、忘れられるのイヤだから」と、カウンター席の後ろに誰もいないのを確認して、
さっと、服を着たまま、していたブラジャーを取って誰にも見えないように私に渡した。
薄い水色のブラジャー。
身のまわりを整理できたのかは判らないが、彼女に陰は消えていたように感じた。

『東崎』、、歌詞の行間に彼女の生きてきた証しがいっぱい詰まっていたのかもしれない。
e0158857_19161615.jpg

宮古島出身の下地勇の"LIVE"のDVDを焼酎を呑みながら聴くことが多い。
オリジナル曲の殆どを宮古の言葉で歌うが、歌詞カードを見なくても泣けてくる。
歌う抑揚がBluesのそれに似ていて、いつの間にか南の島のゆるやかな時の流れに入り込んでいる。
[PR]
by w-scarecrow | 2009-09-08 19:54 | music | Comments(8)
Commented by スミエ at 2009-09-09 10:01 x
うちのお嫁さんは沖縄出身なんです。子供の頃おばあから聞いた戦争の話をしてくれたり、沖縄から本土に出てきた時の人々の心ない言動の数々を淡々と語る姿に沖縄の抱えてきた歴史や今日の有り様などが透けて見えるようでした。嫁さんの芯の強さや明るさ、そして優しさの根源はそこにあるんだろうな・・と私よりはるかに若い彼女に尊敬の念をもっています。故郷に帰ったNさん・・・今でもジャズを歌っているのかなぁ・・。
薄い水色のブラジャーを受けとった時のかかしさんのリアクションが目に浮かぶようです。ドギマギしたでしょうね。
Commented by w-scarecrow at 2009-09-09 20:25 x
sumieさん、武器を持たず貿易で栄えた琉球王国の人々の気風が残っているのでしょうね。
体内時計の時の刻みかたも違うような気がします。
sumieさん、冬は沖縄で一ヶ月くらい過ごしたいですね。
Nちゃんはおそらく歌っていると想います。2年くらいは便りをくれていたのですが・・。
ブラジャーを受け取り、バックを持っていなかったので仕舞うところがなくて四苦八苦、汗だくでした。
Commented by hayatedani at 2009-09-09 23:32
昔知り合った女性の思い出って
その場面場面が何だが妙にリアルに脳裏にこびりついていて
ある時ひょいって目の前に蘇ってくること
ありますよねぇ
また会うこともあるんだろうなって心のどこかで思っていても
きっともう二度と会えないっていう現実
こんなこと思ってしまう
秋なんですね
Commented by oko at 2009-09-10 07:00 x
おはようございます。
かつて巡り会った人の事を
この様に思い出し表現出来るwさん、
これって男性だからかなあ~。
もう少し歳を重ねたら私もこんな風に
文章にしてみたいです。
若いお姉さんのうなじのショットに手ぶれしている
ギャップがまたwさんらしくて
いいです。
Commented by w-scarecrow at 2009-09-10 20:55 x
疾風谷さん、故郷から東京へ出てきて肩肘を張った緊張感の中で自分らしさを押し込めていた子でした。
最後に初めて張りつめたものをとき放ったようで、ほっとしました。
背負ったものが全くない能天気な僕らが逆に、新鮮だったのかもしれません。 
今を目一杯、生きている。そんな人たちにかける言葉が見つかりませんでした。
Commented by w-scarecrow at 2009-09-10 21:07 x
okoさん、これって男だからかもしれません。
いくつか詩をupしているのですが、女性の詩人の詩の方が
"生"に対して迫ってくるものがあります。
男の場合は観念的で言葉遊びで、「だから、なんなんだ~」と
感じます。
ちょっとピンぼけが、いい具合に面白いときがあります。
Commented by 花子 at 2009-09-13 23:21 x
東崎、ネットで調べたら風車の回る、風の美しい岬だったのですね。
彼女に人魚姫がだぶってしまいました。人間界へ愛する人を追ってきたのに、切なさだけを拾って帰っていった・・・。
今ごろ、子沢山で笑顔の素敵なお母さんになっているといいですね。
水色のブラ、大事にしていますか?
Commented by w-scarecrow at 2009-09-13 23:53 x
花子さん、東崎そんな場所だったんですね。
愛するものを追っていたのに切なさだけが・・そうだったと想います。
なんか籠の鳥からどう脱してゆくんだろう、そればっかり想っていました。
水色のブラ、「大事にとってあります」「すぐに捨てました」とどっちとも答えられないっすよ。 薄い水色のブラって結構ドキッとします。