winter's scarecrow

冬に咲いた花なのに・・

e0158857_1757451.jpg
「これからシビヤに行くけど、一緒に行くか」
「・・行く!」
亡父はもちろん、「ひ」を「し」としか発音できなかった。
シビヤ=日比谷のときは皇居、 シヴィヤ=渋谷のときがデパートの食堂でオムライスが食べられた。

皇居から帰るときは有楽町のガード下で、ぬる燗をチビチビと呑みながら、
小さな末息子が焼鳥を頬ばって食べている姿を嬉しそうに眺めていた。

年をとってから授かった子供なので、兄弟のなかでも親といらる時間が少ない。
いつもスタスタと足速に歩く父の後姿を、小走りに追うのに子供ながら息を切らした。
手をつなぐことはしなかった。
おかげで駅で2度も迷子になり駅員室で待たされた。

8月15日、64度目の終戦記念日である。
あの戦争中、ずっと戦禍の中、軍服の胸に収めていたであろう軍隊手帳。

父は近衛騎兵隊に入隊した。 背が高かったのも騎兵隊に配属された理由の一つ。
天皇陛下、皇族を守る軍隊、中国大陸で落城した街に騎兵隊に先導され皇族が入城する。
馬に乗り長いサーベルをさした写真が何枚かある。

戦争の話は殆どしたことがない。
大陸へと出征するときに、どこで知ったのか芸者となり勘当された実姉が、万歳を三唱している品川駅の軍用列車のホームで、父に向かって大きく手を振っている姿を見つけ、最後だと覚悟をしたらしい。
召集がくる前に勤めていた小さな商社、そこで酒、醤油、味噌の仕入れの仕事をしていたらしく、そのときに汽車に乗って会津や宮城、新潟の酒造元を訪ねていく旅の話を楽しそうに話していた。

20代という人生の中でもっとも輝く時を奪われた。
父だけではなく多くの人の青春が奪われ、散った。

昭和天皇が崩御された2ヶ月後、父は逝った。
高校時代、戦争と天皇について何度か父に絡んだ。 答えはもらえなかった。
天皇を守る近衛の最後の使命をあの時、終えたのかもしれない。
 
「人を殴ったらいけないぞ、そいつにもいつも心配している親御さんがいるんだ、だから殴っちゃ駄目だ」といつも言っていた。
by w-scarecrow | 2009-08-14 19:39 | my back pages | Comments(4)
Commented by Kirara at 2009-08-14 22:46 x
お父様 Wさんにとってとても大きな存在なんですね。
戦争中に出征され悲惨な体験をされた方は心にきっと深い傷を負われたことと思います。
多くを語りたくないお気持 わかる気がします。







Commented by w-scarecrow at 2009-08-15 09:19 x
kiraraさん、おはようございます。
戦争体験者の方は亡くなっている方も高齢になられている方も、口を閉ざして自分の中で葛藤して生きてきたんでしょうね。
それが辛いですね。
Commented by hayatedani at 2009-08-15 10:58
亡くなった義理の父親は、戦時中 戦車に乗って
太平洋を転戦したそうです
あのブリキの玩具のような日本の戦車で
よく生き残ったものと思っていました
昭和18年9月の日付のある、父名義の戦時国債貯金通帳が
残っています。
真っ二つに破られていましたが、棄てられなかったのでしょう
セピアに変色したその通帳を見ていると
父の気持ちが少し解るような気がします
Commented by w-scarecrow at 2009-08-15 19:39 x
疾風谷さん、南方へ行かれた方々はほんと悲惨な
情景を目の当たりにして、ずっとその画から逃れられなかったのではないかと想像します。
戦時国債、お父さんからするとどこにこの虚しさを持っていってよいのか、ただの紙屑となってしまった国債を破っても気持ちは
晴れなかったのでしょうね。
戸栗美術館の「古伊万里・皿・向付展」涼しい日に行ってみます。