winter's scarecrow

vitamin

e0158857_15432615.jpg


使いこまれたエスプレッソメーカーで淹れた一杯、Paul Bleyのpiano soloを聴きながら飲む。 
陽が射してきた、絶好の自転車日和である。 
今日は神宮外苑を走ってこよう、帰りに"SHIZEN"にも寄ってみよう。


e0158857_15545791.jpg


熊本で作陶されている原田真穂さんの練り上げのデミタスカップ&ソーサー。
春の日にぴったりの配色とデザインパターン。 
原田さんの緻密なパターンは織物を想わせる作品も多い。
眺めているだけでもこころのビタミン剤になる。


e0158857_1635474.jpg


井の頭通り、大山交差点近くにある"Le Pommier" <ル・ポミエ>のシャモニー。
「このモンブランをください」と言ったら、「はい、シャモニーですね」と返ってきた。
山ではなくモンブランの麓の町の名前で呼ぶんだ・・・。 「モランボン」と間違えなくてよかった。
 ◆頁topの写真のケーキは"キャラメル・サレ"

お店はフレデリック・マドレーヌさんというフランス人のパティシエが営んでいる。
パティシエになるべくしてなった美味しそうな名前である。
マドレーヌさんはノルマンディーのカン生まれ。 
ノルマンディーといえばNormanスカンジナビアの人々が移り住んだ地方。 ケルト文化も残っている。
マドレーヌさんもラテン系のフランス人とは少し違った雰囲気がある。 バイキングだった頃の名残を感じさせる。

ノルマンディーのドーヴィルという避暑地に滞在したことがある。
クロード・ルルーシュの出世作『男と女』のアヌーク・エーメとジャン・ルイ・トランティニャンの二人が歩く、どこまでもつづく砂浜のシーンがある。 フランシス・レイ作曲の有名なスキャットが映画では流れていた。
私が行ったのはバカンス客のいなくなった初秋。
映画と同じ長くつづく砂浜を歩いた。 吸い込まれるような空と海と砂浜の多次元の情景。
ドーバー海峡は厚い雲に覆われ時折、太陽の弱いビームが海原を射していた。
まさに映画のシチュエーションそのものだった。 新婚旅行はここにくると決めた。
緯度が高くてぶどうには適していない土地。 りんご畑が広がっている、そのりんごの殆どがシードルやカルヴァドスになる。
ぜひ、また訪ねてみたい初秋のノルマンディー。

原田真穂■ 1978年、東京生まれ
         2001年 武蔵野美術大学工芸工業デザイン科卒
     Cup: w.6.1cm h.5.3cm Saucer: w.9.6cm h.1.8cm
[PR]
by w-scarecrow | 2009-04-18 10:24 | うつわ | Comments(11)
Commented by oko1225 at 2009-04-19 07:08
おはようございます!!
朝からこのcupでしっかり煎れた珈琲を飲みたい。
ちょっとお疲れの朝にぴったりのvitamin剤。
ごちそうさま。
Commented by w-scarecrow at 2009-04-19 07:41 x
okoさん、おはようございます。
小さなデミタスカップ。 
一日の始まりが楽しくなります。
イタリアでお相撲さんみたいな人が小さなカップでエスプレッソを飲んでいる姿をよく見ました。マグカップにしてあげたかったです。
Commented by Kirara at 2009-04-19 08:04 x
ブルターニュ地方。。。 最も行ってみたい場所の一つです。
ノルマンディーって聞いただけで なんか懐かしい感じがするんです。ほぼ望郷の念って言うか。。。(笑)
ケルトの足跡をたどって 世界中を旅できたらいいな・・・と思います。

・・・で・・・新婚旅行・・・ここに行かれたんですか?^^
Commented by w-scarecrow at 2009-04-19 08:32 x
kiraraさん、懐かしく感じたのはノルマンディー上陸作戦ですね。
アイルランド、U.K.ブルターニュとケルト人の足跡を巡る旅、
すごく興味があります。
ブルターニュはケルト文化が強いのでウィスキー、ビールが主みたいですね。
同じフランス北西部でも様々な文化、風習が感じることができて楽しいですよね。
Commented by w-scarecrow at 2009-04-19 20:16 x
kiraraさん、忘れてました最後の質問、昔一緒になろうと思った人がいて「新婚旅行どこへ行きたい」と訊いたら
「津軽、恐山に行きたい!」と言われました。
同じ海でもドーバーではなく津軽海峡でした。
行っていないですよ恐山。
Commented by Kirara at 2009-04-20 06:30 x
恐山ですか~~~@@
ある人が フランス人と東北地方の人 気質が似ているって言っていたのを思い出しましたが そう思われますか?
言葉は何となく似ているような・・・(笑)

Commented by w-scarecrow at 2009-04-20 07:59 x
kiraraさん、喋っているのを聞いていると似てますよね。
東北の人は周りにいっぱいいるのですが殻を破るまで時間がかかります。
フランス人はどうなんだろう?結構、まじめな印象が強いんです。
Commented by スミエ at 2009-04-20 22:42 x
私の料理の先生のフランス人はとっつきにくいけど親しくなると
暖かい・・・って感じです。イギリス人も似ているけど・・・どこか
人に対して皮肉っぽさと冷めたところがあるような気がします。
とは言え・・人みな性格に個人差はありますから・・・国では
くくれないか・・・なーんてね。シャモニーから見えるモンブランは
遠くにしか見えないのに・・・・なんでシャモニーなんだろう。
私はまだ味覚は子供並なのかエスプレッソが飲めないんです。
いつかは大人になってみせます。

Commented by w-scarecrow at 2009-04-21 07:00 x
スミエさん、自分がyellowだとアメリカにいたときはいつも意識させられました。
イギリスでは悪く言えば相手にされてない、あまり係わりを持とうとされてないと感じました。 差別とは違うのかもしれませんが。
フランス人ってプライドが強いいというよりドメスティック、文化を守ろうという気概がありますね。 欧州の人はノルウェーとスイス人がプライドが高すぎて疲れてしまうらしいです。
スミエさん、イタリアやフランスでコーヒーを飲みたいときは困っちゃいますね。 北欧旅行のプランはざっくりとは出来てきたんですか。
いいな~。 
Commented by スミエ at 2009-04-21 09:28 x
イタリア・フランスでコーヒーを飲む時はお湯をもらっています。
イタリア人とフランス人の間ではバトルがあって「おいつら
フォークの使い方も知らない田舎者なんだよ」と言う言い方を
よく耳にしました。フランス人は「あいつらは怠け者だ」って
言うし・・。そういう時はあいまいな笑顔で聞くしかありません。
北欧の前に来月末から1ヶ月エクスアンプロバンスに行くことに
しました。貸しアパートで安いのを発見したので(何と!月450€)
そぞろの神が旅に出よ・・と私に命じたのです。
Commented by w-scarecrow at 2009-04-21 20:14 x
スミエさん、ミモザの咲く町、いいな~。
先週、TravelixというBSの番組でエクサンプロバンスをやっていました。旧市街の露天のマルシェで売っていたバゲットにぬる瓶詰のペーストが美味しそうでした。
日本では買えないフランス独特の茶缶が欲しいなーと見とれてました。蓋が電池の+極の形をしたやつです。でっかいやつもありましたよ。お店で使えますよ!フランスの(食)文化はイタリアからのものだから馬鹿にできなですよね。