winter's scarecrow

女医さん


e0158857_16394114.jpg



朝からご近所の皮膚科の医院へ、一番乗りだと思ったがすでにおばあさんが二人。
負けたっ。
一人のおばあさんは受付のお姉さんに、自分の病状を説明している。
それが終わり「貴の岩の傷はしんどいのかね?あとからいろんな症状が出てきたり・・」 受付のお姉さんは貴の岩の怪我も貴乃花部屋のことも解らないだろうがにこやかに対応している。

おばあさんたちの診療時間は長い、私は週刊誌の今年の流行語大賞、つまらない角界の一幕の記事に目を通している。

朝から病院に並ぶお年寄りは皆、元気だ。
喋り尽くしたのか涼しい顔でおばあさんが診療室から出てきた。

おばあさんには「インスタ映え」という流行語は、きっとまた新種のハエが日本に上陸したんだろう・・と理解しているのかな?

この医院の40代の院長さんの女医さんがとても素敵だ。
優しい口調で「前回と同じ薬を用意します」。私の診療時間は30秒。
好きなタイプの前では高倉健(「不器用ですから」)になってしまう癖がある。もっと話したいが言葉が出てこない。
月に一度ではなく、週に一度は通いたい安らぎの医院。

昼飯はたまにお赤飯を食べたくてなり、JAZZ 好きのお爺ちゃんがやっている和菓子屋の¥320の手作りお赤飯にした。


深煎りのコーヒーを飲みながら、録り溜めした職人さんたちの DVD を観た。 こんな時間が一番幸せだ。

奈良の宮大工さんや陶芸家、和紙の職人。
江戸指物師の初仕事での経験「言いつけ通り桑の木を用いた6枚組の手鏡を仕上げ、6枚分の賃金をもらったが、親方はつづけてこう言った。『 一番気に入った1枚はとっておけ 』」

精魂を込めた初仕事の品は手放すのがつらく手元に残しておきたくなるもの。得意先からの注文は実は5枚組で残りの1枚は職人の気持ちを知りぬいた親方の思いやりだったらしい。

50年以上も経った今、初仕事の手鏡は押し入れの奥に眠ったままなのであろうか。

今、私の使っている机は中学校へ上がったときに父が買ってくれたものだ。まだまだ現役。


夕飯は代々木上原の大田豆腐店で買ってきた木綿豆腐で湯豆腐にする。
簡単な一品をふーふーとしながら食べる。

渋谷道玄坂にすっぴんのお姉さんたちが接客してくれるバーがあり、おっさんたちで大盛況らしい。
化粧をしてない女子=武器を持っていない兵士に映るのかもしれない。

家に帰ればすっぴんの奥さんがいるのに・・・


[PR]
# by w-scarecrow | 2017-12-12 18:35 | そのほか | Comments(0)

17歳と49歳


FM で流れるラジオCMが面白い。

音楽づくしの中で、ふと入る安らかなショート・ストーリー。

単身赴任で東京にいる父と、長崎から東京見物に来た娘さんとの一編がこころ和む。


 
e0158857_01183847.jpg



” ここ 東京の真ん中 17歳と49歳 ”

単身赴任中の父に逢いに長崎から東京へ 17歳と49歳 
   
東京で行きたい場所は山ほどあるのに 父と行きたい場所は一つもない
たどり着いた六本木ヒルズ 長崎でもやっている映画を観た

早めの夕飯 天ぷら ビールで真っ赤な父の顔
東京を見せてやる

なぜか親子で展望台
52階から見る夜景は 
父が私にしてくれた 高い高い史上最高を記録した 
    

もし自分に17歳の娘がいたら、長崎のお父さんと同じことをしているんだろう。
ギャップを埋めようとすると 王道を行ってしまって・・・ 
もっともっと娘はちゃんと色んなアンテナで世界を見ている お父さんのAM放送的なものではなく

昨日は私の誕生日だった
心遣いに感謝の一日だった

振り返るとこついこの間は7歳、そして15歳だったのに20歳になったときから走馬灯のように時は進んだ

来年の誕生日は念願の瀬戸内の海を見ながら 木村多江みたいな宿屋の女将とママカリやガンスをつまみ青春を語っていたい
女将が未亡人だったら もっと話が弾む 

岡山弁、広島弁の語り口 「僕」というのが恥ずかしくしてきっと「わし」になっいるじゃけん きっと来年は行くけんのう 




   
    


[PR]
# by w-scarecrow | 2017-12-08 03:30 | そのほか | Comments(3)

おつかい



e0158857_21050336.jpg


          ” 夜ご飯じいちゃん作る芋っ子を「け」と言われれて僕は「く」と言う ”


高校生が詠んだ短歌で津軽弁の単刀直入な言いまわしがユーモラス。 津軽弁で「け」とは食べなさい、「く」食べる=いただきます。
野菜や食べ物に「子」をつけるのも食物への愛情を感じる。

関西で芋にさんを付けて「お芋さん」というのと同じだ。


コンビニで半ズボン姿の小学校3,4年の男の子がおでんを買っていた。

注文を書いたメモをバングラデシュ人の店員に渡したのはいいが、店員は首を傾げてながら持ち帰り用の器に入れている。少年は「これ!」と指をさしながら確認していた。

大きな発泡スチロールの器が入った袋を少年は揺らさないように忍び足で店を出て行った。少しばかりのお遣いの緊張感。

家に帰ってお母さんが待っているのだろう?兄弟も帰りを待っているのかな。任務遂行まであと少し。


何か月か前に名古屋出身のNさんとわが家で二人で呑むことにした。
普段呑めないラガービールやミニ竹輪や乾き物などをいっぱい買ってきてくれた。 おでん鍋を囲んでのミニ酒宴。

羽根木の豆腐屋・寿屋さんの厚揚げにがんもどき、ちくわぶにコンニャク、白滝、さつま揚げ、玉子に大根、はんぺん etc。
昆布出汁に煮干しを少し加えクツクツと煮込んだ。
Nさんが帰った後、残ったちくわぶ、コンニャク、白滝をつまみながら「そうか苦手だったんだ~」
そうだNさんは名古屋の人だからカツオ出汁にすればよかったかもしれない。味噌味はキツイ。

おでん鍋は食べてお腹を満たすというより、つっつきながらボソボソと会話ができる。楽しい鍋談義。


♪ マンダム ♪ のチャールズ・ブロンソンやB級映画が大好きだという人と話したことがあった。一番好きな彼の映画は?と訊いたら 『 さらば友よ 』だと言っていた。

酔っていた私には 『 原田知世 』と聞こえてしまった。 最近ヤバイ。


[PR]
# by w-scarecrow | 2017-12-04 22:08 | そのほか | Comments(0)

大黒様

e0158857_23015889.jpg



久しぶりにカメラを持って夕暮れの下北沢へ。 再開発の進む街、そんな情景がないかと歩いてみた。

この街は10代~20代の若者たちが湧きだすバブルのようにうごめいている。

これも変わってゆく街の情景なのだが、シャッターを押せないでいる。

終電が終わったころ、街中でしゃがみながら一人大粒の涙を流し泣いている女学生を見かけたことがある。 誰かから逸れたかったのか、誰かを待っているのか。 どうしてそんなに涙が出るんだろう。


どうもピエロの姿が大黒様に見えてしまう。

いつも半泣きのピエロが、五穀豊穣の神様、食の神様に見えてくる。 口元だけが笑っているのピエロが・・。



e0158857_23242514.jpg


何年か前に仕事仲間のご夫婦の記念日に絵本を贈ったことがある。

              ” さいごの一葉 ” O・ヘンリー原作の 『 The Last Leaf 』

     ” 重い肺炎にかかった画家のジョアンナは窓から見えるツタの葉が全て散ったら自分は死ぬといいだします。 
     窓から見える散る葉を数える日々、心配した友人のスーが今まで一枚も売れたことのない老画家の
     ベアモントに相談してもバカバカしいと取り合ってくれません。
     いよいよ最後の一葉・・葉は嵐のなかでも揺らぎもしませんでした。
     その一葉に勇気づけられ快方に向かっていきます。
     ベアモントは一葉を見ることなく命を閉じてしまいます ”


e0158857_23430004.jpg

夫婦の記念日、二人には病弱の娘さんがおり、奥さんが外で食事をすることは滅多になかった。この O・ヘンリーの絵本が適切だったどうか。

嵐にも耐え、残った一葉。



e0158857_23524178.jpg

今日も下北沢の街は学生たちでごったがえしていた。 

大黒様は打ち出の小槌に大きな袋を抱えている。

あの大きな袋にはみんなの優し心がいっぱい詰まっている。 ピエロの涙は隠された、まだ見ぬ自分。


[PR]
# by w-scarecrow | 2017-11-28 00:02 | 散歩 | Comments(0)

e0158857_03233975.jpg


昨日の朝に友が逝った。

15,6年来の呑み友達。 「飲んでるときはパーと楽しくいこうね」

美人さんで、キュートで粋で、小金持ちが呑んでいるときにやたら金がらみの無粋な話をするのを、いつも「最低」と一蹴していた。

いつも静かに皆を盛り上げる、そんな女性。

166cmある身長、かつての an an のモデルと言われても不思議ではない彼女。

私の姉と背丈も気質も重なって見えて、いつも少しだけの緊張感。「wくん、しっかり健康管理しなきゃだめ!」と怒られていた。
故郷山梨の野菜や米をいっぱいいただいた。

ひとり身の女性だったので、「ただ愉しく生きたいね」「それだけでいいんじゃない」と皆とバカ話をしているのが楽しかったみたい。

打算がなく粋だなと感じた人でした。

3週間前に会ったばかりなのに・・・。 

いっぱい思い出をありがとう・・Kさん。


[PR]
# by w-scarecrow | 2017-11-27 04:03 | そのほか | Comments(0)

「僕はレアーで焼いてください」


e0158857_01533416.jpg


今まで生きてきてずっと嘘をついてきたことがある。

「やはり、新鮮な刺身を肴に純米酒で一杯」

「ステーキはレアーでお願いします、いやミディアムレアーで」


握り寿司は大好きなこはだをはじめ、脂っこいカンパチやブリの出世魚系以外はなんでも好きだ。

ただ通の人間ではないんで、寿司屋へ入って極上の刺身をつまみ最後は軽く握りを頼む、そんな粋なことが本質にありません。

はなっから握りをしみじみっと頼みたいんです。
できれば、お店の手のかかっている煮穴子とか・・・。

刺身自体は板さんの腕とは関係なく仕入れた素材そのものですもんね。

本当は刺身より焼き魚、煮魚がこの上なく好きです。 のどぐろの大き目な干物を新米で食べたい! そんな贅沢をしたくなります。

街のチェーン店のステーキ屋さんへ女の子と入って、「僕は焼きはレアーで」なんて20代の頃は言ってました。
オージーやアメリカンビーフの冷凍を解凍した牛さん、本当はトランプと同じウェルダンと言いたいのが本音なんです。

A4,A5ランクの牛肉や熟成牛を出すお洒落な店も行ったことはなく、いつかそんな店に行った時は「レアーで」と言ってみたい。

すき焼きの名店は数々あるのですが、あのすき焼き鍋に砂糖をドボっと入れただけで食指が下がります。
砂糖が貴重だった時代はもう終わり、築地の玉子焼き専門店の「甘~い」のも大の苦手です。

明日は少し脂身の多い牛バラを買って、牛丼を作ろうっと! 砂糖なんか使わず酒と味醂で優しい甘味は摂れます。

刺身が大好きだ!と、ステーキはレアーで焼いてください!

それは嘘でした。

「よく焼きでお願いします~」

[PR]
# by w-scarecrow | 2017-11-26 02:56 | そのほか | Comments(0)

繋がる


e0158857_00121344.jpg



雑草は孤独を愛する。

街を歩くとよく見かけるアスファルトの隙間に力強く芽を出した雑草、「こんな所に?」と目を疑うが植物にしてみれば隙間は天国らしい。

競争相手は近寄れず、陽の光を独占できるから・・あんなに狭い所でも彼らにはパラダイス。


外を見渡せるカウンターの横には若いスーツ姿の青年が、ミラノサンドをスマホをいじりながら食べている。 食べているというよりただ口に運んでいる。

陽の光をさんさんと浴びたパラダイス。

私はレタスドッグ。

鮮やかな紅葉や黄葉、季節は錦繍。黄色の絨毯の上を散歩する戦中、団塊の世代の人たち。

美しい暖色の落ち葉は葉の老化に伴う機能の低下だそうだ。

一年間、ご苦労さんです!と落ち葉と路往く人たちに温かな声をかけたくなる。


e0158857_19233733.jpg


1964年の東京オリンピックの開催前後に生まれた少年は、高度成長期という産湯につかい、アポロと大阪万博に未来を教えてもらった。

ノストラダムスと宇宙戦艦ヤマトによって地球はやがて滅亡するんだと信じていた子供たち。

そんな彼らも50歳を過ぎた。 地球はまだ大丈夫みたいだ。 

団塊の世代も彼らも、もちろん携帯やパソコンのない時代、心細い夜はラジオの深夜放送が夜をともにしてくれた。
学校や友人関係の不安、見知らぬ若者たちのハガキに共感していた。

きっと僕らも繋がっているんだろう・・同じ時、同じ放送を聴いていると考えたら孤独感も薄らぐような気がした。


スマホを片手にミラノサンドを口に運んでいる青年、よくスマホを間違えて口に入れないなと感心する。 そんな一瞬のヘマを見たいのに。
手にしたスマホは誰と繋がっているんだろう? 未来?


Queen's Isetan で売っている¥480の冷凍ではないマルゲリータのピザを買ってきた。20cmくらいの大きさでつまみにはちょうどいい。生地もナポリ風でなかなか美味い。

とろけるチーズを増量してハラペーニョを散りばめて焼いた。
TVの佐藤栞里ちゃんの笑顔を観ながら、晩飯はこれで十分かも。 口なおしに永谷園の松茸のお吸いものを飲めばいい。


[PR]
# by w-scarecrow | 2017-11-20 20:27 | 散歩 | Comments(2)

たったひとつの小さな夢がありました ♪



              夢で会うふるさとの人はみな若く  風天(渥美清)



e0158857_03341497.jpg



夢で会う友はみな若い。

今のすっきりとした髪型ではなく、ジーンズにロン毛だ。 皆、細身で格好いい。
ベルボトム、ロンドンブーツで登場するやつもいる。

カメラ目線で未来に向かって満面の笑みを浮かべている。
明日のことなんてどうでもいい、今を生きている。 500円玉を握りしめ飲み屋へゆく。

怖いことなんてなにもない、そんなのは嘘で皆といるときだけは笑顔でいたい。

夢で会う友は皆、幸せそうだ。

そんな幸せな友と夢で会えるのが嬉しい。

友たちは私の夢をみるのであろうか? どんな私なんだろう・・。







" 空に星があるように 小さな夢がありました・・ "



[PR]
# by w-scarecrow | 2017-11-18 05:25 | そのほか | Comments(4)

花ある君と思いけり


 " まだあげ初めし前髪の 林檎のもとに見えしとき 前に挿したる花櫛の 花ある君と思いけり "


明治29年に発表された島崎藤村の 『初戀 』の一節。
今までおかっぱにしていた少女が髪を上げ日本髪にする時、少女から娘になってゆく明治の風情。

私の中学生、昭和のころの秋祭りで、浴衣姿に髪を上げそそと境内を歩く同級生の女子にドキッとさせられた。

吹奏楽部でフルートを吹く学校一の美人、その長い髪をアップした姿ではなく、クラリネット担当のどちらかといえば目立たなかった子のアップにした髪型とうなじに、やっつけられた。



e0158857_19590992.jpg



中高校で " 髪が肩にかかったら結ぶ " " 髪を染めるのは禁止 " など女子の校則があるのは解るが、ポニーテール禁止の学校も多々あるらしい。

「うなじに刺激的なものを受ける男子生徒がいるから」
色柄物の下着禁止も
「透けると犯罪に巻き込まれる恐れがある」
そんな笑ってしまう教育者側の定義?

男子たちは、ふとそよいだ風に女子の髪が揺れるだけでも、昨晩お風呂で使った " 牛乳石鹸 " の残り香をほんのり感じるだけでも、もう妄想の世界に入ってしまっている。

ポニーテール、うなじを見せるの禁止?!

どんどん女子力をアピールすればいいじゃないか、そういう年頃なんだも。

ヤンキーたちの子供(男子)はもう保育園の頃から、後ろ髪をやたら伸ばしている。それも禁止なんだろうか?
ご両親が元ヤンキーだったって判りやすいじゃないか。息子の名前はやたら画数も多いがそれも個性。


大阪府立の高校で生来、髪の色素が黒髪でない女子高生が散々、髪を黒く染めるよう強要され頭皮はボロボロになり、精神的苦痛のため不登校になったという。

黒じゃないといけないという「ルール」。中学生らしさ高校生らしさってなんだろ。
校則なんて壊してやろうというエネルギー、10代の計りしれない自己の確立へ向かう熱さ。

『 らしさ 』インスタ映えしないつまみをつっつきながら、「例の・・あれ」「逆に言うとさ・・」「ぶっちゃけ、俺は・・」とオジサンの定番を聞いていると学生時代は校則を守ってきた人たちなんだな~と思うときがある。

「逆に言うとさ・・」全然、逆じゃないんだこれが。

外は冷たい雨。買ってきたミートソースのレトルトはあるが、パスタが見当たらない。" たけのこの里 " も買い忘れた。
ちょいと寂しい。


[PR]
# by w-scarecrow | 2017-11-14 21:07 | そのほか | Comments(0)

10年目



e0158857_03063304.jpg
             
 

                    あの鳥
                    あの鳥がはばたけば
                    鳥より先に
                    空が飛び
                    あの鳥がくちばしを開けば
                    鳥より先に
                    世界が歌い出す
                    あの鳥  

                                                                       



ブログを始めて10年目に入りました。

ほうじ茶を飲みながら窓越しに真っ青な秋の空を眺める時間が長くなりました。
朝の目覚めがよくなりました。
9年間で進歩したのはこれくらい。

TVドラマで機内放送「お客様のなかにお医者様はいらっしゃいますか?」のCAの声。
『 お客様のなかにパイロットの方はいらっしゃいますか?』のアナウンスが聞こえたらどうなるんだろう? そんなつまらないことばかり考えている日々。

進歩がありません。



e0158857_01381379.jpg



そんなブログにまたお付き合いください。

   写真は " 白鬚のシュークリーム工房 " のトトロのシュー。

   川崎洋詩集より「鳥」


[PR]
# by w-scarecrow | 2017-11-11 14:02 | そのほか | Comments(8)

明日へ ♪


e0158857_22370523.jpg



「なんて素晴らしい一年だったんだろう・・若さゆえの勢い、若さゆえのミス。決して負けたのではない・・」とラミレス監督は試合後、語っていた。

レギュラーシーズン3位の横浜 DeNA ベイスターズ はCS(クライマックスシリーズ)では2位の阪神とは甲子園での雨中での激闘、王者広島とは崖っぷちと毎試合ごとにいわれながらの勝利。
日本シリーズは敵地・福岡で連敗、横浜へ戻り初戦を落とすが、そのあと何かが乗りうつったのか、神が降りてきたのか奇跡の連勝。

そして11月4日、23:56 戦いは終わった。

2位とは、
2位にはすべてがある、2位にはすべてが詰まっている。頂点を争った栄誉や達成感。
あと一歩届かなかったゆえの勝利への飢餓感。

このステージで得たすべてを無駄にせず、もう一度ステップアップをしてほしい。
そうすれば必ずあの場所に戻ってくることができるはず。

長いシーズンでした。
ここまで熱狂をさせてくれた、夢をみさせてくれた選手たちに感謝しています。



e0158857_23035378.jpg


崖っぷち、崖っぷちと自分が言われているようで「よしゃ、鳥になって飛んでやれ」と想う日々だった。

ラミレス監督がいつも口にする言葉「Tomorrow is another day」。
この言葉は " 風と共に去りぬ " でスカレーット・オハラが言っていた台詞。 ラミちゃん、ペッ!とイコールにはならず。



今日は立冬というのに穏やかな秋晴れの一日だった。

公園では数人の若者がダンスの練習をしている。カッコいい! 
手前のベンチでは手作り弁当を膝の上に乗せ、寄ってくるハトたちを足で追い払いながら玉子焼きを口に運んでいるOL。
公園にはハト出禁の札を立ててほしい。

秋の陽をさんさんと浴びながら、もし生まれ変わったときに女性だったら何になろう・・とふと想った。

歌やダンスを特訓して宝塚音楽学校を受験するのもいいかもしれない。
いや理系の女子になって科捜研で難事件を解決していくのもいいかも・・と、ぼんやり考えていた。


あのドナルド・トランプの夕食になぜ松茸の茶碗蒸しや、五目ご飯を夕食のメニューに入れたのかが解らない、ウェルダンのステーキに市販のケチャップをかけて食べる男に松茸の風味は判るはずがない。
もし出すのだったら京都産の高級なものでなく、アメリカ産のちっとも香りのしないパフパフ食感の松茸にすればよかったのに。



[PR]
# by w-scarecrow | 2017-11-07 20:47 | baseball | Comments(4)

e0158857_13075915.jpg


                      時は流れていますか?
                      時は重ねるものですか?
                      時は色褪せていますか?




目には見えないものを問いかけながら
鏡を見ながら髭を剃り
ざらざらとした手の甲にクリームを塗る
としつきの流れを甲は語っているみたいだ


食器棚の奥から粉末の青汁が出てきた 何年か前に母に持たされたもの
「苦っ」と言いながら一日分だけ健康になれたよう
アップデートから再起動されて 自分も少しだけ新しくなったように感じる時とおんなじ

Yahoo ニュースの重たい記事の中に " スザンヌの妹 マーガリンが出産 " の見出し
体中の力が抜けてゆく

TVで女子高生が 『徹子の部屋 』を 『 徹子の部室(ぶしつ)』と呼んでいた

「色褪せる」
そんな見えないものがいつも気になる


[PR]
# by w-scarecrow | 2017-11-04 13:46 | そのほか | Comments(0)

ミニマリスト


e0158857_17435372.jpg



東京では木枯らし1号が吹いたとお天気キャスターが言っていた。 パーマン2号でも号がつくと愛らしく感じてしまう。
「酒と女は二号まで」身に沁みる。


天然きのこが食べたい! 天然きのこの味噌汁、炊き込みご飯の画が何度も浮かぶ。

東京で天然舞茸を買おうとすれば 500g で¥4000 の高値らしい。
きのこが大好きだ。もし娘がいたら " きの子 " と名付けてもよかった。バナナよりは可愛い名前かもしれない。

カゴに雪国マイタケを入れ、風味のなさそうなきのこたちから別嬪さんを選んでゆく。

あとご飯の友を何品か買わなきゃ。

「すみません、さゆりは置いてないんでしょうか?」店員さんが首を傾げている。「あの、おにぎりにしたりフリカケみたいな・・」
「あっ、ゆかりですね」

ゆかりは品切れだった。
さゆりは?


e0158857_17524510.jpg



IT関係の仕事をしているSくんの部屋を何人かで訪ねたことがあった。 Sくんは30代後半で独身、いつもきしっとした身なりをしている好青年。

リビングの広さに驚いた。壁の白さが眩しい。
リビングに5,6人は座れるソファーと大きなテレビがあるだけ。ほかには何もない、観葉植物も家電話も机も現代アートの絵も飾られていない。
キッチンもケトルがあるだけでピカピカだった。

世間では必要最低限のものしか持たない人をミニマリストと呼ぶらしい。
断捨離をしたにも拘わらず必要のないものたちや植物に囲まれ「極楽、極楽」と、くつろいでいる私みたいな人間は何て呼ぶんだろう?

もし、Sくんが結婚して同居をすることになったらどんなことになるんだろう?

花柄のかわいらしいカーテンの前には彼女の大事にしていた縫いぐるみがポツンと座り、ハワイで買ってきたクリスチャン・ラッセンの絵が壁に掛けられ、キッチンには柄違いのマリメッコのマグカップ。
床には通販で購入したダイエット器具の数々、バランスボールがコロコロと転がっている。

休日には2人でニトリには行かないだろうが、無印良品でラグやクッションを見て廻らければならない。
ミニマリストには同居、結婚は難しいかもしれない。

Sくんは涼しい顔でハイボールを飲んでいた。「元気?彼女はできた?」「・・毎回訊かないでください。wさんは?」「おい、年上にそんな失礼な質問はしないだろっ、普通」


東京は台風一過、これぞ青!と威張っているような空が広がっている。
日本シリーズ、横浜ベイスターズの2連敗、青がうるさい!


[PR]
# by w-scarecrow | 2017-10-30 18:47 | そのほか | Comments(0)

あれから19年・・


e0158857_22133498.jpg

2017.10.24 セリーグ・クライマックスシリーズ・ファイナル


この日がやってきました。

言葉になりません。

彼らはついにやってくれました。


1998年以来、19年ぶりの日本シリーズ進出。 あれから19年・・・・145.png

最強軍団広島カープのリーグ優勝、そんな素晴らしきチームから14.5ゲームを離されたリーグ3位のまだ発展途上の横浜ベイスターズがカープを負かっしゃいました。

「ズッコイぞ!」という非難が飛び交ってますが、なんのその。その負い目をエネルギーにしてあの巨大勢力ソフトバンクに立ち向かえばいいのです。

Soft Bank のスマホを持っているベイスターズの選手は明日にも他社へ乗り換えましょう!
Yahoo Shopping のポイントはすぐに使い切りましょう。

白い北海道犬に立ち向かう柴犬のようにズッコイ戦術で臨んでいきましょう。
あの !st .ステージの対阪神戦、甲子園球場での泥だらけの試合で勢いがつきました。


昨夜はもし!?ベイスターズが勝ったときのためにキリンの 500ml のラガービールを2本用意しました。 発泡酒以外のほんまもんのビールは買っていません。 
勝利が決まり選手たちのビールかけが始まったときに一緒に祝杯 167.png をあげるために。

地上波、BS放送ともに放送がないので(なんでだ!!) PC の一球一打のサイトを見ながらの応援。

リッツをつまみながら黒霧島をチャプチャプ。

そして9回の裏、夢のような瞬間がやってきました。

想えば 1998 年の横浜ベイスターズの38年ぶりのリーグ優勝の瞬間。 佐々木大魔神 vs 新庄・・。

それからのことはあまり憶えていません。「おめでとう!」メールが勝利の瞬間にあっちから、こっちの飲み屋のカウンターから同時にピコピコと着信。嬉しいことです。

今、昨夜のキリンラガービールを呑みながら記事を書いています。 昨夜のビールかけのときはうとうとと座椅子で眠ってしまいました。

無念!


e0158857_20183726.jpg

19年前の夢をもう一度!

第7戦までつづくと私の躰がボロボロになるので、できれば早めに・・お願いします。 ラミちゃん!



[PR]
# by w-scarecrow | 2017-10-25 20:32 | baseball | Comments(2)

結ぶもの


e0158857_19024997.jpg


       
     ” 生ビール買い求めている君の手を ふと見るそしてつくづく見る ”   俵万智



台風一過、赤坂から渋谷へ。
渋谷駅周辺は2020年までの再開発でクレーンが高い所にいっぱい乗っかっている。 この強風大丈夫なんだろうか?

この2年くらい、私の一番の悩みは〖目〗なんです。
10代の視力は2.0、サンコンの半分くらいの視力、それが30代後半になると、お手洗いで新聞が読めなくなってきた。老眼の始まりだった。

今、メガネをかけるのはPCの前だけ、PC用のメガネ(乱視と老眼含)。

今までも普段はメガネをかけたことがない。

家の中でも街を歩いているときでも視点がボケていて、どこにも焦点が合わずそれがただキツイ。
平衡感覚が狂っているのか真っすぐ歩けなく、風景がゆらゆらとして日々集中力が欠けてしまっている。 これがシンドイ。

眼鏡屋さんで検視してメガネをかければ解決するのか。眼科か脳の問題なんだろうか?



e0158857_18582543.jpg



私たちの時代、名盤に素晴らしきジャケットあり、2000円いくらかのお金を握りしめLP盤を手にする。

今の若者たちはLPもCDもジャケットやケースなんて形に残るものには興味がないみたいだ。 ダウンロード。

それもいいかもしれない。



e0158857_19000402.jpg


平成若者女子、昭和生まれの年上の男とばかり付き合っている子は 『 昭和専 』というらしい。

1999年に生まれた男子と付き合った子は「え~! 1000年代の相手なんだ!」とからかわれるという。

私も源頼朝も大石内蔵助も坂本龍馬も蛭子さんも、1000年代の男子、まだ通信手段は飛脚、その後は電電公社のダイアル電話が通信の手段、電報も。

君たち、そんな不便な通信手段にはいっぱいドラマがあったんだよ。 サヨナラも一緒になるにも。

 

[PR]
# by w-scarecrow | 2017-10-23 23:09 | 散歩 | Comments(2)

笹の葉


あの無垢な裸の姿を見て目尻を下げない人はいないだろう。
カラーテレビで見てもモノクロに映る健気な彼女の姿。
香香(シャンシャン)のコロコロと転がり遊んでいる姿が愛らしい。

ただ飼育員がシャンシャンの身長を測るときに鼻あたりからお尻あたりまでを測っている。「おい、おい、いくら脚が短くても身長のうちなんだから・・」

疲れて家に帰ってきたとき、あの初々しい姿で出迎えてくれたらと妄想する。部屋の中ではコロコロ、コロコロっ。
でも飼ったとしても問題なのは餌だ!ローソンでもスーパーでもデパ地下でも笹は売ってないし、七夕の時期に少し出廻るだけだ。

これからの忘年会シーズン、上司であるオッサンたちは「さて、残念ですがそろそろ御披楽喜としますので最後に皆さんとパンダの手打ちで締めたいと思います、よ~っ、シャンシャン」そんな光景が目に浮かぶ。



e0158857_19444069.jpg


以前、素敵な長い髪の女子に「髪、ほんと綺麗だよね、手入れが大変なんじゃない?シャンプーはエメロン?」と言ったら、その後口をきいてもらえなくなったことがあった。


美容院を営んでいる兄に「髪が以前にも増して細くなったような気がするんだけど・・」と訊いてみた。男兄弟4人と亡父も含めて髪質は皆似ている。
市販のシャンプーは高価なものも髪にはいいとは思わない、使うなら自然の素材、ホホバオイルがいいかもと言っていた。
それ以来10年近く、ホホバのシャンプーを使っている。

洗面所・風呂場は殺風景だ。からだにやさしいボディーソープとシュミテクト、ニベアのチューブと匂いのしないヘアークリームがあるだけ、ホホバのシャンプーだけがピカッと輝いている。(たまにニベアとシュミテクトを間違えて、ニベアで歯を磨いている)

今日は寒い雨の一日だった。 赤い傘をさしてヒョコヒョコと歩いていた私に「寒い中、お疲れ様です」と選挙カーから、" ミスター年金 " が笑顔で手を振っていた。

有名人に弱い私は薄っすらと笑みを返してしまった。


[PR]
# by w-scarecrow | 2017-10-19 20:16 | そのほか | Comments(2)

香水

e0158857_20523282.jpg


「わたし大好きなんだ・・池上さん」「誰?不動産屋の社長?」
「なんか一緒にいるだけで、1と2だらけだった通信簿が3と4になれる気がしない?」「あの、蕎麦屋のオヤジ?!」
「・・池上彰さん」

キャバクラでは年がいき過ぎている、しょぼくれたスナック勤めではない30代の疲れた女子が片手にメンソールの煙草、ハイボールの氷をくゆらせながら飲んでいる。


e0158857_21093320.jpg


尾崎豊の ♪15の夜 ♪ と同じような揺らいだ時期があった。 悶々とした精神状態から抜け出そうと高校受験を前にした中3の春から秋まで新聞配達をした。

朝4時に専売所に着き、自転車の大きなカゴに扇型にした新聞を山のように積み、出発。
今はお洒落な町に変貌した恵比寿の町、当時は木造やモルタル造りのアパート、専売公社や官庁の住宅が多く建ち並んでいた。

新聞配達をして数ヶ月もすると各家の生活パターンが解ってくる、古びたアパートの住人たちは早起きだ。
台所では調理が始まり、ラジオの音が響いている。

同級生の M くんちは最も古びたアパート、内廊下を歩くたびにキシキシと音がする。 彼の家は父子家庭、弟2人と6畳一間に住んでいる。
早朝からお父さんの元気な声がする。
M くんは運動神経抜群で勉強もクラスで1,2番。
彼は同級生の私が毎朝、新聞を扉の前に置いているとは最後まで知らなかった。

別のアパートでは嬉しいやら照れくさいやら、そのアパートに入っただけでその女性が帰宅しているかどうかが判った。
強い香水の匂いで判った。
その女性は浅田真央ちゃんのお姉ちゃんみたいな別嬪さんで、部屋の前でかち合ったこともあった。
かなり酔っていたのか「ありがと新聞少年」と抱きつかれたことがあった。
「いつか大きくなったら店においでね」みたいなことをもぞもぞと言いながら「チップ」と私の手に500円札を握らせた。
その当時の500円、大金だった。
いつか、お金が貯まったらすぐにお姉さんのいる店に行こう! と15の朝。


池上彰さんみたいなオジサン、目指さなきゃ!
長雨がつづいています。 気分が滅入らないように古今亭志ん朝の落語を聴いています。



[PR]
# by w-scarecrow | 2017-10-16 22:10 | そのほか | Comments(0)